ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 小説掲載でたけし独立問題を報道しない「週刊文春」に林真理子が苦言!「忖度か。財務省を非難できない」

小説掲載でたけし独立問題を報道しない「週刊文春」に林真理子が苦言!「忖度か。財務省を非難できない」

2

2018年04月23日 16:41  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真「週刊文春」2018年4月26日号
「週刊文春」2018年4月26日号

 たけし軍団とオフィス北野・森昌行社長の手打ちで、まるで一件落着した感があるビートたけし独立問題。そもそも今回の独立劇の背景には、たけしが異様に入れ込む愛人の存在があったはずだが、それさえもすっかりなかったことにされてしまっている。



 しかしそんな状況のなか、たけし独立騒動に対する報道のありように苦言を呈した人物がいる。作家の林真理子氏だ。



 林氏は「週刊文春」(文藝春秋)4月26日号連載コラム「夜ふけのなわとび」で〈週刊新潮は、このところ毎週のように、この問題について特集を組んでいる〉とライバル誌のたけし報道に触れたのち、こんなことを指摘しているのだ。



〈こういう時、週刊文春の見解を聞きたいところであるが、なんかおとなしい。先週もグラビアだけでお茶を濁していた。殿の小説をいただいたので深くは書けないらしい〉



 林氏の指摘は正しい。本サイトでもすでに記事しているが、3年半前、新愛人の存在をセンセーショナルにスクープ、独立劇の端緒をつくったといえる「週刊文春」は、今回のたけしの独立、愛人騒動に関しては"文春砲"を炸裂させないばかりか、ほぼ沈黙を守ったままになっている。そして、その代わりに大々的に掲載されたのがたけしの書き下ろし小説「ゴンちゃん、またね。」だった。



 愛人をスクープされたたけしが「週刊文春」と手打ちするために、バーターで小説を進呈したといわれる。しかし天下の「文春」が、たけしの姑息な手打ちに簡単に乗り、露骨なまでに騒動をタブー化してしまうとは、恥ずかしくないのだろうか。林氏も同コラムで皮肉たっぷりにこう批判している。



〈今回の騒動について、週刊文春ならどう書くか、みんな固唾を飲んで見守っていたはず。それなのに、またまた忖度か、もう財務省のことを非難出来ない、と考えるのは私だけであろうか〉



 林氏は「またまた忖度」と書いているが、実は、この大物作家はこれまでも「週刊文春」のタブー問題について、度々「夜ふけのなわとび」で苦言を呈してきた。たとえば2014年に勃発した百田尚樹の『殉愛』騒動では、「週刊文春」をはじめとする多くのメディアが騒動をスルーし沈黙するなか、林氏は「週刊文春」も含めた週刊誌を「これで朝日新聞のことを叩く資格があるのか」と徹底批判している。また昨年、明らかになった元TBS記者で御用ジャーナリスト山口敬之氏のレイプもみ消し事件についても、山口氏と密接な関係にある「週刊文春」がまったく報じないなか、林氏は〈胸がムカムカするような事件〉と山口氏のレイプ事件を紹介、詩織さんへのセカンドレイプに憤っている。



 そういう意味では、今回のコラムも林氏の真骨頂と言えるが、しかし、たけし独立報道で沈黙しているのは小説を掲載した「週刊文春」だけではない。当初、さかんにたけし独立と愛人の存在を絡めて報じていたマスコミだったが、現在ではすっかり愛人問題はタブーになってしまったからだ。



 そこにははたけしの狡猾な作戦があった。騒動当初、たけしは独立問題に沈黙していたが、その後、たけし軍団を使って声明文を出させ、愛人問題を軍団VS森社長の"喧嘩"へ矮小化、森社長の責任論にすり替えた。これは裏を返せば、いかにたけしが愛人の存在を隠しておきたいかの証左でもあるが、しかしこの戦略にマスコミもまんまとはまり、特にワイドショーは連日のように軍団と森社長の対立を報じていった。その結果、現在、テレビではたけしの愛人問題に触れることはタブーとなり、また触れるとしても愛人のことを "ビジネスパートナー"と言い換える配慮を見せるまでになっている。



 さらに独立問題の詳細な内幕や、森社長の反論を掲載してきた「週刊新潮」(新潮社)にしても、森社長がたけしサイドと手打ちをしたことで、今後の追撃記事はおそらく期待できない。そう考えると今回のたけしの愛人問題、独立騒動はこのまま"なかった"ことになってしまう恐れさえある。



 だが一方で、たけしの"家庭内"から"老いらくの恋"に対し、動きがあるのも事実だ。長男がツイッターで〈どんどんダサくなってく人を見るのはきつい〉とたけしのことを示唆するような意味深な投稿をしたことが話題になったが、「女性自身」(光文社)4月24日号でもたけしの実娘で元タレントの北野井子についてのこんな動向が紹介されている。



「A子さん(愛人)にのめりこんでいくたけしさんを、井子さんは『気持ち悪い』『顔も見たくない』と拒絶するようになりました。

 たけしさんの長男が再婚したときも、結婚式にたけしさんは呼ばれなかったと聞いています。

 井子さんは最終的に"絶縁状"を父親に手渡したそうです。幹子夫人と井子さんは一枚岩ですから、2人の思いは同じでしょう」(たけしの知人)



 肉親、家族の逆襲。それは絶縁状だけでなく、近くマスコミを使った告発があるのではないかとの情報もあるが、何年かのち、あの『殉愛』騒動を上回るような骨肉の騒動が勃発することも考えられる。



 林氏はたけし問題を記したコラムのなかで、作家・井上ひさしの死後、妻だった西舘好子氏が井上の陰険な性格やDVを暴露する著書を出したことを紹介しているが、これはたけしに対するある種の忠告、または予言か!?

(本田コッペ)


このニュースに関するつぶやき

  • 詩織さんのことまで持ち出さなくても。とにかくたけしは愛人に色ボケで奥さんや息子や娘に嫌われているのですね。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定