ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 下品と上品の境目はどこ?大人の肌見せテク

下品と上品の境目はどこ?大人の肌見せテク

0

2018年04月29日 19:02  ごきげん手帖

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

だんだんと薄着の季節へ移行する中、大人の女性の悩みどころはやっぱり“肌見せ”。最近ではデコルテラインを大胆に見せるファッションが増えていますが、下品に見えるのだけは避けたいもの。


そこで今回はスタイリストの筆者が、下品にならない上品な肌見せテクニックをご紹介します。




オフショルは腕の付け根が見えない程度


肌見せの定番アイテムといえば、オフショルダー。今年も流行アイテムとして店頭にたくさん並んでいますね。


そんなオフショルダートップスはアイテム選びに少し慎重になりたいところ! と、言いますのもアイテムの中には、かなり肩落ちしているデザインもあって、普通に着るだけでただただエロくなってしまうものも多いです。



オフショルがエロくなるか、ならないかの境目は“腕の付け根、脇のラインが出ているかいないか”で大きく変わります。


腕の付け根があるところは、いわば胸の膨らみが始まる部分。ここを露出してしまうことで一気にエロさ・下品さが強調されてしまいます。


外資系のデザイントップスはサイズの規格違いもあって、腕の付け根部分もグッと露出したものが多いので気をつけてくださいね。


肩のトップが出ている程度であれば上品にまとまりますのでそうしたオフショルならGETして!


スカートスリットはロング丈のみ


スカートに深い切れ込みが入っているアイテムは、色っぽさの象徴的ともいえるデザイン。しかし、スリットスカートは丈の長さに気をつけないと、上品な色っぽさから下品なエロさに変化してしまうので要注意です。



スリット入りのスカートを購入する場合、スカートの丈はふくらはぎ丈よりも長いロング丈のものを選んでください。


スカート丈が膝丈で、そこにスリットが入ることで、太ももがチラ見えしてしまいます。切れ込みからのぞく足のラインは、膝より下がチラリと見えるのが上品な色気を出す大きなポイント。


やり過ぎないためにもスカート丈は徹底して意識しておくと良いでしょう。


肌見せは、計算されてこそ品が良くなる


ただオシャレだから、色っぽいから……というだけで安易にトレンドの肌見せアイテムを取り入れると、一気に品の良さがなくなって、エロさが強調されるだけになってしまいます。


肌見せは、裸を連想させるような生っぽさを出さない程度に控えめにしてください。



芸能人の方が大胆なドレスアップや衣装を身につけていますが、ああいった服装は一種のパフォーマンス程度に参考にすると良いでしょう。やり過ぎないことを意識して肌見せをすれば、誰がみても褒められるコーディネートになるはず♡


【画像出典元:DHOLIC(LADIES)/DHOLIC(LADIES+)】


ライタープロフィール


ファッションコラムニスト・角 侑子


ファッションスタイリスト/webライター。現代の大人の女性に似合うファッションコーディネートを提案するスタイリスト兼ライター。トレンドに捉われず美しく見える本当の着こなし方を紹介しています。



【あわせて読みたい】▽ファッションに関する情報をもっとチェック!・男性には理解できない…!? 彼ウケが悪いトレンドコーデ・PCサイズ別にご紹介!おしゃれな通勤バッグ5選・透け素材でトレンド顔に。この春、旬なアイテム3つ・夏まで楽しめる!大人のギンガムチェックスタイル3つ


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】・スカンツ・スカーチョに続くトレンドとは?プロが解説!・プロが伝授!脚長に見える、スタイルアップコーデの法則3つ・太って見える!?大人が避けたい「プチプラアイテム」3つ・縁起が良い!お金持ちの「財布選びの特徴」3つ



【参考】
※ソリッドオフショルブラウス – DHOLIC
※スリットロングスカート – DHOLIC
※フリルドットオフショルブラウス – DHOLIC
※Vカットレースディテールブラウス – DHOLIC


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定