ホーム > mixiニュース > 海外 > インドで「野犬集団」にかみ殺された子供が12人に 屋外にトイレに出て襲われた子も

インドで「野犬集団」にかみ殺された子供が12人に 屋外にトイレに出て襲われた子も

4

2018年05月09日 17:21  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<野良犬に慣れたはずのインドで騒がれるほど残虐な事件。「野犬集団」はなぜ子供を襲うのか、その原因は...>


海外に行くと、たとえ繁華街だとしても野犬が当然のように歩く姿に遭遇することがある。


外務省は公式サイトを通じて、海外渡航者に注意を呼びかけているが、安全な日本での生活に慣れきった人にとって野犬の恐ろしさを実感するのは、なかなか難しいかもしれない。


インドでは最近、野犬の襲撃事件が相次いで起こり、問題となっている。野犬が人を襲うことは珍しいことではない。しかし、今回問題となっている地域で死者が出るケースはまれで、事件のあった村は恐怖に包まれている。


AP通信によると、インド北部ウッタル・プラデーシュ州のシータープルで凶悪な野犬の集団が出現。地元警察のアナン・クルカニーによると、2017年11月から12人の子供が犠牲になっていて、先週だけで5〜12歳の子供6人が殺された。


野犬に殺された子供たちは、当時マンゴーを集めたり、用を足すために外に出ていたところを襲われた。シータープルの家庭の多くは屋内にトイレを設置できていない。


【参考記事】トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄する人たち


野犬集団はどこから発生した?


では、野犬集団はどのように発生したのか――シータープルの村人からは、近隣で違法操業していた屠殺場の閉鎖が原因なのでは、という声が上がっている。この屠殺場が閉じたことで、当てにしていた食糧がなくなり、野犬の攻撃性が増したと考えられている。


シータープルでは、野犬の襲撃を恐れて登校を控える生徒が続出する事態になっており、学校側は登下校時に保護者の付き添いを求めている。また、子供に屋外で排泄をさせないよう行政が呼びかけている。


それでも、5月1日には3人が殺され、次いで4日に2人が死亡するなど被害は拡大する一方だ。


5月4日に犠牲になった7歳の少女ギタは、他の2人の子と一緒に果樹園でマンゴーを採っているときに野犬の集団に襲われた。2人は運良く逃げおおせたが、ギタは野犬に囲まれてしまった。村人たちはすぐに果樹園へと助けに走ったが、遅かった。ギタは変わり果てた姿ですでに息絶えていたという。


一連の襲撃事件を受けてシータープルの行政長官は声明を出し、襲撃する野犬をすべて捕獲するまで、子供たちを外で遊ばせないよう勧めた。


行政は、平和を取り戻すために野犬の捕獲員を配置してこれまでに24匹を捕獲したそうだ。それでも脅威は払拭できていない。村人たちは野犬を見つけるなり、射殺したり首を絞めて駆除している。もう、それ以外に方法はないと考えているようだ。


【参考記事】インドの性犯罪者が野放しになる訳


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>




ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


このニュースに関するつぶやき

  • インドでは何処の物真似原人みたいに犬を食べないから増えたんやねぇ…
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 助かっても、狂犬病もありますからね…。日本にも狂った野犬みたいな集団がいて困っていますが。
    • イイネ!25
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定