ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ほっしゃん。、村本大輔、水道橋博士が西村博之ら冷笑系の「デモは意味がない」に真っ向反論!

ほっしゃん。、村本大輔、水道橋博士が西村博之ら冷笑系の「デモは意味がない」に真っ向反論!

23

2018年05月13日 07:11  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真4月30日放送『AbemaPrime』(AbemaTV)より
4月30日放送『AbemaPrime』(AbemaTV)より

〈よし、満開の民主主義を見てこよう〉

〈"サクラ"ではなく、自分個人の心で集まった、想像を遥かに超える数の憤った一般市民が咲き誇ってました。民主主義は決して散らない〉



 3月30日、お笑い芸人の星田英利(旧芸名:ほっしゃん。)は、首相官邸前での抗議デモに参加し、その感想をこのようにツイートした。



 その結果、安倍応援団からはバッシングの嵐。また、星田のデモ参加には、ネトウヨ層からの攻撃のみならず、冷笑的な人々からの「デモなんか行ったってなんの意味もないよ」というお決まりの発言まで呼び起こした。



 しかし、「デモなんか行ったってなんの意味もないよ」というのは、果たして本当にそうなのか。



 4月30日放送『AbemaPrime』(AbemaTV)では、星田英利、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、水道橋博士(浅草キッド)、西村博之(「2ちゃんねる」開設者)、五野井郁夫(政治学者)、原田曜平(マーケティングアナリスト)といったメンバーをパネラーに「デモで社会は変わるのか?」と題して討論が行われた。



 そのなかで、まず星田は、実際にデモに参加してみた感想を述べた。これまではシュプレヒコールをあげるデモ参加者に対してなんとなく怖いイメージがあったが、実際に参加してみたら、デモに参加している人は多種多様で、その参加の仕方も多岐にわたっていたというのだ。



「僕も怖いイメージがあったんですね、デモに対して。だから、見てみたいというのもあり。(中略)憤って僕も声をあげに行こうっていうか。でも、『声出せるかなぁ?』って思って行ったら、サイレントエリアとか、声を出すのは恥ずかしい人は(行けるエリアがあって)。だから、可視化ですよね。"これだけの人が憤ってるんだよ"という。"声は出さなくてもそこに参加している数なんだよ"という。みんながみんなワーワー言ってるわけじゃないんですよ。それぞれの表現方法で、自分に合った(かたちを選べる)。でも、そこに足を運ぶということの意味みたいな」



●浅薄なデモ批判をただしデモの意味を語った水道橋博士とウーマン村本



 これに対し、西村博之は案の定、「騒ぎたい人たちが集まって騒いでいるので、それはそれで楽しいんだろうなって思うんですけど、それで社会が変わるとはまったく思えないので。単にみんなで集まって騒いでます、ああ楽しそうですねってだけで、それでなにかが変わると思ってやってるんだったら、ちょっと違うんじゃないかな」と、冷笑的な言葉を浴びせかけた。



 これに対し、水道橋博士は激怒。「大きく言えばですよ、公民権運動・黒人差別運動もそう、デモンストレーションありきじゃないですか。そういうことがあって、この人類史が進んでいるところで、そのデモ自体の意味がないということは、まったくそんなことない。そんなわけないじゃないですか」と、実際にデモ行動が社会を変えた歴史的事実をあげて、その浅薄な考えをただした。



 西村博之のような冷笑系は、よく「政治を変えるのは選挙であって、デモではない。政治を変えたいんだったら国会前で騒いでないで、選挙で勝つことを考えるべき」と言うが(実際にこの番組内でもそのような発言を繰り返していた)、しかし、こうした意見は民主主義をまったく理解していない。



 多数決や選挙で決まった以上、権力はなにをやってもいいとなったら、それはいとも簡単にファシズムに転化してしまう。デモにはその権力の暴走を止め、「国民」に危険性を広く知らしめるという大きな役割を持っているのだ。



 このことを指摘したのが村本大輔だった。村本は「ただただニュース見てたら、これが良いことか悪いことかってわかんないですもんね。大きく国民がデモしたりして動いたときに『ああ、これってこんなにもおかしいことなんだ』って(わかる)」と、「デモ」という表現が国民にもたらす効果を語ったうえ、こんな真っ当な指摘した。



「森友、モリカケ、ああいうことがあって、イラク日報とか、色々なことが最近あったじゃないですか。ああいうことで、もしも誰もいっさい一人もデモに行かなくて、ツイッターに文句誰も書かなかったら、たぶん、この国やべえって言い出すと思うんですよ、逆に」



●星田英利は、リスク承知で声を上げざるをえないほど現状がひどい、と



 しかし、星田の例が象徴的なように、この国では、ただデモに参加しただけでバッシングにさらされる実情がある。



 星田のデモ参加以前にもそういうことはあった。2015年の安保法制に対する国会前の抗議デモに参加し、「戦争は文化ではない」と印象的な演説を行った石田純一の例は記憶に新しい。



 周知の通り、そのデモ参加の後に石田は、事務所から厳重注意を受け、それのみならず、テレビ番組の出演予定をキャンセルされたり、CMからの降板を余儀なくされたりといった圧力を受けた。



 もちろん、星田の脳裏にもその騒動の記憶はあった。彼は演説をしたわけではなく、ただ市民のひとりとしてデモに参加しただけなので、わざわざツイッターにデモ参加を書き込まなければバッシングも受けずに済んだ。番組では「俺だってツイッターに書く必要ないもの。すごい考えたよ。リスクのほうがデカ過ぎますからね」と語り、その選択肢も考えていたことを明かしつつ、それでもリスクを承知でデモへの参加をツイッターに書き込んだ決意をこのように語っている。



「俺みたいなリスク大抱えしている奴もやっぱり足を運んでしまうのがいまの現状なんですよっていうのを、やっぱりわかってほしいというのがあったよね」



 本サイトでもお伝えしてきたように(http://lite-ra.com/2018/03/post-3917.html)、星田はこれまでもツイッターの投稿などを通じて、安倍政権への異議申し立てを続けてきた。



 しかし、そのような安倍政権批判をしたところで、それは芸人・星田英利としてはビジネス上、何の旨味もなかっただろう。むしろ、安倍応援団からの理不尽な炎上にさらされて、損なことしかなかったはずだ。では、なぜ彼はそのような行動を続けているのか。それは、人として、「大人」としての矜持だった。



「僕らに何ができるかというと、大人として思っていることをちゃんと言う姿を子どもたちに見せんとあかんと思うんです」(大阪民主新報2017年10月22日号)



 この日の『AbemaPrime』に出演した、星田英利、村本大輔、水道橋博士といった面々は、炎上リスクを恐れて多くの芸能人が口を閉ざすなか、果敢に政権批判を口にして、言うべきことを言ってきた人たちだ。権力におもねる芸能人ばかりが跋扈するなか、彼らのような勇気ある真っ当な「芸人」がもっと増えることを切に願う。

(編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • 中国の侵略は水面下での内政干渉が軸。工作員を送り込み、反政府市民団体を支援、煽動し日本中でデモ、集会を決行。中共の息のかかったマスゴミの偏向報道で世論誘導。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 【そうかなぁ】反政府デモだけが勇気ある活動なのかな。
    • イイネ!50
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(18件)

あなたにおすすめ

ニュース設定