ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 夏に間に合う?痩せるまでにかかる期間と仕組み

夏に間に合う?痩せるまでにかかる期間と仕組み

2

2018年05月14日 21:01  ごきげん手帖

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

だんだんと暑くなってくるこの季節。薄着でもステキにみせる「夏ボディ」の準備はできていますか? 


巷では筋トレがしばらく流行っていますが、3日坊主ではダメですし、1週間毎日連続してやったらいいってものでもありません。


みなさんはトレーニングを始めて、どのくらいで身体が変わってくるのかをご存知でしょうか? 今回は筋トレの成果が出るおよその期間についてご紹介しようと思います。




見た目が変わってくるのは2〜3ヶ月から



目に見えて筋トレの成果が現れるのは、最低でも2〜3ヶ月はかかるといわれています。


それよりも短い期間で結果を出そうとすると、身体に大きな負担をかけてしまい危険です。


でも「そんなにかかるのか……」とがっかりするのは早いです! 2〜3ヶ月かかるのは「目に見える身体つきの変化」ですが、筋トレをスタートしたその日から、あなたの身体の内部の変化はスタートします。


筋肉が大きくなるメカニズム



「筋トレ」=「筋肉に負荷をかけてダメージを加える」行為になります。筋トレをすることにより、筋肉に傷(ダメージ)がつき、そこに栄養や休養を与えることにより、その傷が治っていく過程で負荷に耐えられるようになり強くなる。ということが私たちの身体の内部で起こるのです。


とにかく最初の2ヶ月ぐらいは、筋トレの負荷に慣れていない状態。身体は回復することで精一杯なので、筋肉が大きくなる以前に負荷に耐える・回復することに集中すると考えておくといいでしょう。


筋トレをしているけれど効果が思うように出ない!



筋トレをすでに3ヶ月、もしくはそれ以上続けているのに全然変わらないし、いまいち効果が感じられない。そんな人はいませんか? しかし、ただやればいいというものでもありません。


効果的な筋トレには原理・原則があります。筆者が以前紹介しました、トレーニングの原則をご参考になさってみて下さい。(あわせて読みたい記事をチェック!)そしてご自分の筋トレの方法を見直してみましょう!


いかがでしたか? 今から始めれば、ギリギリ夏までにほっそりボディが叶えられるかも!? 筋トレを継続的に続けて、極上のbodyを作り上げましょう! 


ライタープロフィール


健康美&乳がん啓発運動指導士・MIKA


女性の心とカラダの「健康美」を応援する「健康美運動指導士」。 フィットネス指導歴28年。大手スポーツクラブの正社員を経てフリーランスに転向。 ハワイや日本でも流行中のサップヨガやビーチヨガ、ピラティスの指導をはじめ、各種イベント講師、健康美コラムニスト、乳がん啓発運動指導士として幅広く活動中。


【保有資格】


乳がん啓発運動指導士/健康福祉運動指導者/JAFA / ADI(日本フィットネス協会認定インストラクター)/日本フィットネス協会 認定インストラクター&エグザミナー/日本サップヨガ教会認定 SUPヨガインストラクター/全米ヨガアライアンス(yoga Alliance RYT-200)(National Yoga Teacher’s Registry)/グラヴィティヨガ認定インストラクター/FTPマットピラティス インストラクター認定/STATE OF HAWAII MASSAGE THERAPIST/CPR&AED



【あわせて読みたい】 ▽効率良く鍛える!トレーニングの原則を見る・「トレーニングの大原則「ルーの法則」とは?・効率的に体づくりができる!トレーニングの5原則
▽今から始めたい!夏bodyを作るエクササイズ・太ももすっきり&代謝アップ!壁を使った下半身エクササイズ・肩こり解消やお腹ヤセを叶える!骨盤ツイストストレッチ


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】 ・足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ ・猫背でポッコリお腹に!?今すぐやめたい「NG姿勢」5つ ・ぽっこりお腹を解消!寝たまま「お腹痩せヨガポーズ」 ・たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」


    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定