ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『かぐや姫の物語』は#Me Too運動を先取りしていた? 小林麻耶と宇垣美里アナの心に刺さった高畑勲監督のフェミ的視点

『かぐや姫の物語』は#Me Too運動を先取りしていた? 小林麻耶と宇垣美里アナの心に刺さった高畑勲監督のフェミ的視点

5

2018年05月19日 00:01  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真2017年4月、東京で行われた三上智恵監督とのトークイベントでの高畑勲監督(撮影=編集部)
2017年4月、東京で行われた三上智恵監督とのトークイベントでの高畑勲監督(撮影=編集部)

 4月5日に亡くなった高畑勲監督の遺作『かぐや姫の物語』が、放送されている。



『かぐや姫の物語』は、アカデミー賞長編アニメーション賞にもノミネートされ、惜しくも受賞は逃したが、ピクサーのジョン・ラセターをはじめ、世界でも絶賛された。



 とくに昔話の「竹取物語」をベースにしながら、実験的なアニメーションの手法を駆使した映像表現が高く評価されていることはもとより、いま世界的に盛り上がっている#Me Too運動にも通じ得る普遍的なジェンダーの問題を描いているという意味で、高畑監督の鋭敏な批評性や弱者への視点が存分に発揮された作品でもある。



 本サイトでは、この『かぐや姫の物語』が描いたフェミニズム的な視点について、元TBSの小林麻耶とTBSの宇垣美里という2人の女性アナウンサーの感想を紹介しながら、考察したことがある。



 以下に再録するのでぜひご一読いただき、高畑監督の慧眼をあらためて感じてほしい。

(編集部)



********************



 財務省の福田事務次官によるセクハラ事件は、この国の権力の座に座っている男たちの下劣さを暴露しただけでなく、メディアで働く女性たちが受けている抑圧もあらためて浮き彫りにしたといえるだろう。取材をすれば、おぞましい性的な口説きや行為を受け、そのセクハラを告発すれば、"ハニートラップ""セクハラが嫌なら、女に取材をさせるな"などと理不尽な攻撃を受ける。女性がいくら必死で仕事をしても、真っ当なことを主張しても、結局、性的な存在としか扱われない。性別に関係なく自由に能力が発揮できるように受け取られているメディアの世界だが、実際はきわめて根深い女性差別の意識に支配されている。



 この事件からそういった問題を考え始めたときに、思い出したのが4月5日に亡くなった高畑勲監督の遺作『かぐや姫の物語』のことだった。



『かぐや姫の物語』は昔話の「竹取物語」をベースにしながら、実験的なアニメーションの手法を駆使し、現代の社会にも通じる普遍的なジェンダーの問題を描いていることから、非常に高い評価を受けている作品だが、2人の女性アナウンサーがこの作品をまるで自分の物語のように受け止め、心に突き刺さったと告白しているのだ。



 たとえば、そのひとりがTBSの宇垣美里アナウンサーだ。ライムスター宇多丸がパーソナリティーを務めるTBSラジオの新番組『アフター6ジャンクション』が4月17日放送で高畑監督の追悼特集を放送していたのだが、そのなかで宇垣アナは、自身の心に残る高畑監督作品として『かぐや姫の物語』を挙げ、こう語った。



「日本最古の物語といわれている『竹取物語』が、こんなに現代を生きる女の人の話だったとはってことが非常に刺さって。なんでこのことを、オジさんの高畑監督が知ってるんだろうってことが、私も本当に不思議で。たとえば、『コレしちゃダメ、アレしちゃダメ』って教育係の人に言われるなかで、『高貴な姫は人ではないので』っていう言葉に、『あぁ、女って人ではないんだ』って思う瞬間がたくさんあったりとか。『女性はこういうふうにしなさい。こんな言葉使いはダメ。足を広げてはダメ』(と言われて)『好きにさせてくれ!』みたいな。人目を気にしなきゃいけないっていう部分が『そうだなぁ』って思ったりとか」

「見たこともない人たちに、『きっとブスだろう』『化物みたいかもしれない』『いや、すごく美人らしいぞ』。なんで見たこともない人にそんなことを言われなきゃいけないんだろうって。もう本当に見覚えがありすぎて、私そこで涙が止まらなくて。そこでかぐや姫が疾走するんですよね。あのシーンの、あの絵のエネルギーに圧倒されるし、その気持ちがものすごくわかるし」



 もうひとり、小林麻耶アナウンサーもこの『かぐや姫の物語』への深い思い入れを語っていた。



 本サイトで当時も報じたが、2016年1月に放送されたラジオ番組『春日太一のフカボリ映画談義』(JFN系)にて、映画史・時代劇研究家の春日太一氏とともに『かぐや姫の物語』について、涙を流しながら、こう共感を語っていた。



「つらかった。苦しくて、苦しくて。心臓が痛いし、感情を揺さぶられちゃったし、おとと様、お父様に対しても、もう怒りがすごかったし、そこに出てくる男たちに対してもそうだったし、商品として見たりとか、アクセサリーとして見たりとか、もう何なのよみたいな。もう本当に世の中に対しての鬱憤がもう本当にわき上がっちゃって」



 宇垣アナと小林アナ、二人の女性アナウンサーが、『かぐや姫の物語』に激しく心を揺さぶられたのは偶然ではないだろう。「女子アナ」というのは、かぐや姫と同じように、まさにこの社会の女性に対する固定観念の具現化が求められている存在だからだ。容姿端麗でありながら目立ちすぎない服装と外見、「女らしい」とされる立ち居振る舞い、一歩下がって、メインの出演者をたてる控えめな態度......。そこから少しでも外れた行動や言動を行えば、社内からはもちろん、メディアや視聴者からもリンチのように叩かれる。



 しかも、いくら真剣に仕事に向き合おうとしても、番組を担当しても社会は「女子アナ」というアクセサリー、お飾りとしての優劣しか評価しない。先日NHKを退職した有働由美子アナのような存在も出てきたが、いまだに30歳を過ぎるとテレビ画面から姿が消えていく女性アナウンサーは少なくない。



 宇垣アナは『かぐや姫の物語』を見ていて、「『あぁ、女って人ではないんだ』って思う瞬間がたくさんあった」と語っていたが、まさにそれは自分の体験でもあったのではないか。



 さらに、宇垣アナは、同作品のラストの描きかた、翁のすすめる高貴な男に嫁がず、月に帰ってしまうくだりについても、こんな問題を突きつけられたと語っている。



「最終的に月に帰ってしまうなかで、じゃあ彼女はなぜこんなにも我が儘と言われなきゃいけなかったんだろう? それはきっと彼女が、人から思われる幸せを幸せだと思えなかったせいなんだなって。それを我が儘と言われてしまうのが現代の女性であり、それを突き詰めて伝えてくるような。世間は、若い女性・美しい女性には、きっとつらいことなんてないと思っていて、『豊かで素敵な結婚相手がいたら、それで幸せじゃない?』って思ってる。でも、それが本当にその人にとっての幸せなかな?っていうのを、なんで監督は知ってるんだろうって」



 女性アナたちが悩みを吐露すると、必ず「男たちにちやほやされているくせに」「女子アナになったら、プロ野球選手や実業家と結婚できてしあわせになれるくせに」などという反応がかえってくるが、高畑監督はこうした考え方じたいが、女性への偏見、差別感情の裏返しだということをよくわかっていた。容姿でしか女性を見ようとしない男たち、「トロフィーワイフ」となることが幸せであるという偏見が、女性たちを苦しめている、と。



 そういう意味では、『かぐや姫の物語』は、まさにいまを生きている女性たちが受けている抑圧を描いていたのだ。だからこそ、宇垣アナも小林アナもここまで心を揺さぶられたのだろう。



 そう考えると、あらためて感心するのは、高畑監督の炯眼だ。宇垣アナは「なんでこのことを、オジさんの高畑監督が知ってるんだろう」とコメントしていたが、公開当時、78歳になっていた高畑監督が若い女性の置かれた状況や苦悩を理解していたということは驚きだ。



 自分のセクハラ行為や女性への偏見を世代のせいにする男性が多いが、問題は年齢ではなく、他者への想像力がどれだけあるか、弱者への視点があるかどうか、ということなのだろう。

(酒井まど)


このニュースに関するつぶやき

  • これ卑怯なのが、高畑監督が亡くなられてからこういった記事を出すところ。監督ご本人が何も言えなくなってからでないと書けない自覚があるのね。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • セクハラとこじつけていますね。
    • イイネ!20
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定