ホーム > mixiニュース > コラム > 実用的?ただの下ネタ?かゆい所に手が届く絶妙英語表現

実用的?ただの下ネタ?かゆい所に手が届く絶妙英語表現

1

2018年05月21日 20:02  新刊JP

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

新刊JP

写真『英会話 ウケる例文練習帳』(デイビッド・セイン、近藤祐次著、アスコム刊)
『英会話 ウケる例文練習帳』(デイビッド・セイン、近藤祐次著、アスコム刊)
日本人にとっても必須の技能になりつつある英語。

仕事上の必要や、就職対策、そしてレジャーのためにと、様々な理由で英語に取り組む人は多いはずですが、通り一遍の勉強だけでは仕事や生活の一場面ピタッとはまる「こなれた表現」はなかなか出てこないものです。

たとえば「こんなことを言うのもアレなんだけど…」という微妙な表現、英語では何といえばいいのでしょうか。

■「こんなことを言うのもあれですけど」は「need」を使って表現できる

アメリカ人は物事をはっきり言うというイメージがありますが、それでも言いにくいことはあります。

そんな時は

I need to say something.(こんなことを言うのもあれですけど…)

と前置きしてから本題に入ります。
ちなみに「こんなことを言うのもあれですけど、鼻毛が出ていますよ」は、

I need to say something. Check your nose hair.

となります。

■「○○のせいで〜が手につかない!」は「make it impossible to」が最適

何か気になることがあって、やらなきゃいけないことに集中できないことってありますよね。

そんな時に使えるのが「…make it impossible to〜(…のせいで〜が手につかない)」という表現。

営業に行った先の担当者が巨乳の女性だった場合、

The way her breasts stand out in her sweater makes it impossible to work.(セーターの膨らみが気になって、仕事が手につかない。)

となるのはありえることです。

■「今にも〜しそうだ!」は中学英語で大丈夫!

緊急事態発生!一刻の猶予もないことを伝えたい時は、「…is about to〜(…が今にも〜しそうだ)」が最適です。

たとえばセクシーな女性を目にした時、スラング的に

My thingy is about to go wild.(俺の“息子”が暴走しそうだ。)

と言ったりします。

こう言うと使う場面がなさそうな表現に思えますが、

My train is about to go!(もう電車が出てしまう!)

など、案外使いどころの多い英語表現です。



『英会話 ウケる例文練習帳』(デイビッド・セイン、近藤祐次著、アスコム刊)は、英語例文集ではあまり見かけないものの使いどころの多い表現を、ユニークな例文を使って解説してくれます。

勉強に行き詰っている人、かけた時間の割に成果が出ていない人は、遊び心満載の本書から英語上達のヒントを得てみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • skinてハンドソープでしょうway https://mixi.at/a8puE5J
    • イイネ!0
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定