ホーム > mixiニュース > 海外 > 「エホバの証人」を執拗に狩るロシア

「エホバの証人」を執拗に狩るロシア

32

2018年05月30日 19:12  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<強い信仰で結ばれた信者たちが集会を開くことはおろか、自宅で祈りを捧げることも許さないロシアのやり方は明らかな人権侵害だ>


ロシアの厳しい「反過激派法」に違反したとして、宗教団体「エホバの証人」の信者26人以上が摘発を受けた。同団体によれば、うち7人は、公判前勾留により身柄を拘束されているという。


ロシア政府は2017年4月、エホバの証人を過激派組織に指定。以来、ロシアに住む信者推定17万5000人が、取り締まりの対象になっている。信者の礼拝所は強制捜査を受けて閉鎖され、自宅でひっそりと礼拝するようになっている。にもかかわらずロシア政府は、多数の信者を逮捕している。根拠となる刑法282条は過激派の活動を禁止する法律で、違反すると10年前後の実刑判決を受ける可能性がある。信者の逮捕は、ウクライナとの国境に近いベルゴロドから、中国や北朝鮮との国境に近いウラジオストクまで、ロシア全土に及んでいる。


エホバの証人の国際広報担当者デービッド・セモニアンは本誌にこう語った。「ロシア当局はエホバの証人を非合法化するだけでは満足できないということが、ここ数カ月ではっきりしてきた。当局は、ロシア憲法で保障されている信教の自由を否定するつもりだ」


5月中旬には9人が逮捕され、うち2人が、公判前勾留によりオレンブルグで身柄を拘束されている。直近では、5月27日にも逮捕者が出ている。複数の信者の話によれば、この日はFSB(ロシア連邦保安局)が、ロシア・タタールスタン共和国の北東部に位置するナーベレジヌイェ・チェルヌイ市で強制捜査を実施したという。


エホバの証人の代理人を務めるジャロッド・ロペスは本誌に対して、「ロシア・タタールスタン共和国のナーベレジヌイェ・チェルヌイ市にある住宅10軒で、5月27日に捜査が行われた。捜査を行ったのはFSBの捜査官で、電子機器、携帯電話、パスポートが押収された。捜査は夜に始まり、早朝まで続いた。イルハム・カリモフとウラジーミル・ミャクーシンが、FSBに身柄を拘束されたままになっている」と語った。


国際的な人権専門家によれば、ロシアによるエホバの証人の扱いは、明らかな人権条約違反だという。


ヒューマン・ライツ・ウォッチは声明のなかで、以下のように述べた。「ロシアは、欧州評議会(人権等に関する活動を行う欧州組織)の一員であり、ヨーロッパ人権条約の締約国でもあるため、信教と結社の自由の権利を守る義務がある。エホバの証人のコミュニティ解体を目的としてロシア政府が起こした訴訟も同条約違反だ」


逮捕されたエホバの証人の信者のほとんどはロシア国民だが、デンマーク人が一人、1年近く勾留されている。


(翻訳:ガリレオ)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!


気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを


ウイークデーの朝にお届けします。


ご登録(無料)はこちらから=>>




クリスティナ・マザ


このニュースに関するつぶやき

  • あのパレスチさんが情勢についていってたらやるべきことはアメリカと同じで内部改革それも意識改革、何回同じ失敗するきじゃ、。自分らの仲だけでぬくぬくが組織の欠陥。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 「輸血を拒否する」という一点だけで充分キチガイカルトだ。日本も反セクト法の早期制定を! あ、その前に与党内のカルト狂団を一掃しないとね。
    • イイネ!31
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(26件)

あなたにおすすめ

ニュース設定