ホーム > mixiニュース > 海外 > 離婚で「早死にリスク50%アップ」 夫や妻の小言もあるうちが花

離婚で「早死にリスク50%アップ」 夫や妻の小言もあるうちが花

0

2018年06月01日 16:02  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<煩わしくもある「タバコ辞めてよ」「運動しようよ」の文句もあるだけマシ。パートナーの言葉がないと生活満足度が低くなり...>


アリゾナ州ツーソンのアリゾナ大学の心理学部に所属するカイル・ブーラサ教授が発表した「配偶者から離れると早期に死亡する可能性が高まる」説が注目されている。


行動医学専門誌「ジャーナル・アヌルズ・オブ・ビヘイビオラル・メディシン」に掲載されたレポートで、ブーラサ教授の研究チームは「配偶者の小言」がカギを握っていると結論付けた。一緒に生活していた者同士が離婚して住まいを別にすると、それまで当たり前だった夫や妻からの言葉はなくなる。そのせいで寿命が縮まる可能性は、47%も高まるそうだ(英デイリー・メール)。


調査では、イギリスに住む50歳以上の5786人を対象に10年に渡って、生活満足度、運動レベル、喫煙状況、肺機能を観察。このうち926人は離婚か別居をし、再婚もしなかった。その他の人は結婚しており、この2つの集団を比較して「早死にリスク」の数値を導き出した。


うるさい文句もあるだけマシ?


結婚といっても赤の他人が生活を一緒にするのだから、合わない部分は当然ある。そうは分かっていても、パートナーの一挙一動や考え方を発端にイライラを募らせ、その結果うっかり(意図的に言う人もいる)小言を発してしまった経験のある人は少なくないだろう。


心当たりのある方は是非とも知ってほしい。ブーラサは、配偶者の小言と早死にリスクの関係をこう説明している。


「離婚して関係が終わると、私たちはいろんな意味で健康行動(健康に良い行動)をはじめ、重要な社会的コントロールを失う」。夫や妻が喫煙する場合は、健康を想ってタバコを辞めさせようとするかもしれない。結果、これは配偶者の行動に影響を与え、健康を促すことに繋がる。つまり、パートナーがいることが、健康的な生活習慣を根付かせるポイントという。


【参考記事】家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇


アメリカでは最大50%(USAトゥデー)、英国では42%(英デイリー・メール)が離婚するという。英テレグラフによると、同性の、特に女性同士のカップルではもっと多い。2014年、イギリスの同性カップルの婚姻件数は4850件で、56%が女性同士だった。しかし離婚となると比率は大きく跳ね上がる。2016年に報告された同性カップルの離婚112件のうち、女性同士のカップルが約8割を占めていた。


研究者らは、今後の研究では、離婚や離別時に食事やアルコール消費がどのように変化するかを調べる必要があると考えている。また、再婚した場合の経過も観察すべきだとしている。


離婚した人にはこう尋ねよ


いまや離婚も当たり前に受け入れられる時代。きっと周りにも経験者がいるだろう。ブーラサは、離婚して独り身になった人に「タバコを吸い過ぎじゃない? ちゃんと運動している?」などと、周囲が声掛けする環境が大切だと話す。


パートナーを思いやって発する小言が健康行動を促し、生活の満足度を上げ、最終的には早死にを防ぐ。離婚と身体活動を結びつける傾向が示されたということは、結局、人と人との関わりが川下からの健康の改善につながる可能性を示唆している。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>




ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


    あなたにおすすめ

    ニュース設定