ホーム > mixiニュース > コラム > NEWS小山慶一郎と加藤シゲアキに未成年飲酒強要発覚も...二人を出演させている「news every.」「ビビット」、御用マスコミの信じがたい対応

NEWS小山慶一郎と加藤シゲアキに未成年飲酒強要発覚も...二人を出演させている「news every.」「ビビット」、御用マスコミの信じがたい対応

3

2018年06月07日 16:11  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真今回の騒動もジャニーズタブーにより「なかったこと」にされてしまうのだろうか。マスコミの姿勢が問われている
今回の騒動もジャニーズタブーにより「なかったこと」にされてしまうのだろうか。マスコミの姿勢が問われている

 またジャニーズのとんでもない不祥事が発覚した。NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキが、未成年の女性に飲酒を強要したというもの。きょう発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。小山といえば、『news every.』という日本テレビの夕方ニュースのキャスターを務めており、加藤は小説を書いていることも有名だが、TBSの情報番組『ビビット』で金曜日のレギュラーコメンテーターを務めている。そんな報道にも関わるタレントが、未成年への飲酒強要をしていたというのである。



 事件発覚のきっかけは、5月下旬にネット上にある音声データが流出したことだった。音声では、「●●(女性の実名)ターゲット! ●●ターゲット!」などと女性にイッキ飲みを強要しており、さらに「せえの! 小山も! あ、それ!」「シゲちゃん、いただきましたか?」と、小山と加藤を思わせる名前も出てくる。



 実際、音声も小山の声に似ていることから、ファンの間で騒然となっていた。しかも、その「イッキ飲みを強要されている女性は19歳の未成年」と疑う声もネットで広まっていた。



 そんななか、きょう発売の「週刊文春」が、小山、加藤と同席していた未成年女性を突き止め直撃した。「週刊文春」の直撃に対し女性は「未成年飲酒で記事になるんですか? 困ります。何より、彼らに迷惑がかかるのは嫌です」と詳細は語らなかったが、音声データの飲み会は今年の冬ごろ、六本木の店でのものだと言い、小山、加藤らと飲み会をしたこと、音声が彼らの声であることは否定しなかった。



 そして、ジャニーズ事務所は、「週刊文春」の取材に対し、相手が未成年であることは認識していなかったとしながらも、音声が事実であることは認めている。



 去年の冬ということは、ふたりの先輩にあたる同じジャニーズの山口達也の強制わいせつ事件報道よりも前のことだが、小山は泣きながら山口の事件を報じ、加藤は「先輩、何やってるんですか!」と憤っていた。それが、じつは自分たちも未成年に飲酒を強要していたとは、いったいどういう神経をしているのか。



 しかし、唖然としたのは、この問題に対するテレビ局や御用マスコミの反応だ。きのう6日の夕方には、「文春オンライン」がこの記事の予告編を配信しネット上では大騒ぎになっていたが、小山はふつうに『news every. 』に出演していた。加藤がコメンテーターを務める『ビビット』では、今朝、同じ「週刊文春」から紀州のドンファンの記事を紹介し引用していたが、同じ号に載っている飲酒強要記事はスルーした。



 例によって、ジャニーズタブーを丸出しにして、犯罪性を問われる可能性もあるこの不祥事をなかったことにしようとしているのだ。



 しかも、同じく本日発売の「女性セブン」(小学館)には「NEWS小山慶一郎・加藤シゲアキ未成年飲酒騒動 あの夜の会話をネットで流出させた「女子の正体」」と題して、飲酒を強要された女性を誹謗するような記事が掲載されていた。



「女性セブン」は、飲酒を強要された女性が六本木のガールズバー『X』でバイトしているとしたうえで、こう書く。



〈一方、そこで働く女子大生の中には、芸能人と"お近づき"になることを目的としている子もいるという。

「A子さんもそうです。かつて、芸能人と知り合いだということをSNSで自慢していたことがありました。今回、20才と嘘をついたのも、未成年を理由に飲み会の場から追い返されたくなかったからでしょう。結果として、小山くんと加藤くんが未成年に"飲酒"をすすめたという行為になりましたが......」(芸能関係者)〉



 さらに音声の流出経緯についても、「飲食店関係者」の証言として、こんなコメントを掲載していた。



「その女子大生も、『X』と同じような接客のお店で働いている子だそうです。A子さんが小山くんや加藤くんと仲よくしているのに嫉妬し、その女子大生が音声を録ってA子さんの名前がわかるように録音を流出させ、貶めようとしたのではないかという噂もあります」



 要するに、女性に飲酒をすすめたのは「(女性が)20歳と嘘をついた」からで、さらにその女性はガールズバーに務めているような女性で、芸能人との交遊をSNSで自慢するような、信用ならない人物だと印象付けたのだ。まるでセクハラ問題での財務省や福田淳一事務次官そっくりの主張ではないか。



 しかも、信じられないのは、わざわざ弁護士に「(録音データの)公開によって著しく悪影響を受けた場合には、プライバシーの侵害や名誉毀損の損害賠償を請求することは可能です」とコメントさせて、告発した側を恫喝していたことだ。芸能人、しかも報道に携わっている準公人の法律に触れる可能性がある問題を報道することがどうして「プライバシーの侵害や名誉毀損の損害賠償」になるのか。そんなことがまかり通っていたら、「女性セブン」なんて真っ先に廃刊しなくてはいけなくなるだろう。



 あまりにひどい記事に言葉を失うが、どうもこれ、「週刊文春」に直撃を受けたジャニーズ事務所があわてて、御用雑誌である「女性セブン」にカウンターとして書かせたもののようだ。



「文春に対してもそうコメントしていましたが、とにかくジャニーズは相手が未成年であることを隠していたということで押し切るつもりのようです。テレビ局に対しても、小山と加藤はむしろ、悪質な女性に騙された被害者だなどと説明して、押さえ込んでいる」(芸能レポーター)



 しかし、こんな言い分はゴマカシでしかない。というのも、「週刊文春」によれば「小山は過去にも複数回彼女と会っている」からだ。それで、未成年と知らなかったというのは考えづらいし、少なくとも相手が女子大生というのは認識していたのなら、狩野英孝や小出恵介の事件のことを考えれば、慎重すぎるほど慎重になるのが当然だろう。



 ところが、彼らは逆に「●●(女性の実名)ターゲット! ●●ターゲット!」などと、この女性にイッキ飲みを強要していたのだ。未成年でなくても、近年イッキ飲みは、アルコールハラスメントとして社会問題化しているのに、女子大生相手にこんな行為をしていたら、弁解の余地はない。



 しかも、今回の飲み会は女性側が誘ったものでなく、小山の知人が女好きの小山のために女性たちをかき集めて主催したものなのだ。「週刊文春」でも「小山と親しい現役の女子大生」が小山と頻繁に飲み会をやっていることや「小山君の友達が、彼が気に入りそうな女性を集めるのがお決まりで、男性数人に女の子が十人以上集まることもザラ」と証言したり、「知人女性」が小山について「根っからの女好き(笑)。テキーラを入れたピッチャーを皆で回し飲みしたりして、気づいたら小山君の家で寝てたってこともありました。ただ、飽きると一方的に連絡を断ったりするから、恨みを買うこともあると思う」などと証言している。



 そういう意味では、ジャニーズサイドの言い分や反論は本来、通用するはずもないし、今回のケースはむしろ、TOKIO山口や狩野英孝、小出恵介の事件同様、大々的に報道されるべきものだ。



 ところが、実際には、テレビや御用マスコミの間ではこの未成年飲酒強要問題はまったくなかったことになっている。



 山口事件で綻びが出てきたようにも見えたジャニーズタブーだが、こういう状況をみていると、マスコミへの支配力が未だに健在ということだろう。



 しかし、今回の小山と加藤の未成年飲酒強要は芸能報道レベルでジャニーズタブーを嘆いて済む問題ではない。それは、小山と加藤がたんなる芸能人ではなく、報道番組に携わっているからだ。報道に携わる芸能人は普通の芸能人以上に、高い倫理性や公正性が求められる。芸能人の報道番組進出によって崩れつつあるが、ひと昔前は報道番組のキャスターはCM出演NGという慣例もあった。



 それが、今回はその報道番組の出演者がジャニーズタブーによって、犯罪性のある行為を犯してもなんの咎めも受けず、事実がなかったことにされようとしているのだ。そんなことがまかり通ったら、それこそ、マスコミのことを誰も信用しなくなるだろう。

(編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • 音声の中で名指しされた女性が文春の取材にあまり応じなかったのは、録音してネットに流した人物が別にいるという事?
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 30過ぎてるのに二十歳前後の遊んでる女を相手にするからこういうことになるんですよ。まぬけです。
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定