ホーム > mixiニュース > コラム > 新潟県知事選"女性差別発言"問題で花角候補を直撃! 隣にいたのに「よく覚えていない」と"柳瀬元首相秘書官"状態

新潟県知事選"女性差別発言"問題で花角候補を直撃! 隣にいたのに「よく覚えていない」と"柳瀬元首相秘書官"状態

48

2018年06月09日 14:41  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真6月2日、街頭演説をする花角氏(撮影・横田一)
6月2日、街頭演説をする花角氏(撮影・横田一)

 世界最大級の原発・東京電力「柏崎刈羽原発」再稼動が大きな争点になっている新潟県知事選で、女性差別問題がクローズアップされている。5月31日、魚沼市で開かれた自公が推す花角英世候補(前海上保安庁次長)の街頭演説。地元の商工会長が花角氏の隣でこう訴えたのだ。



「花角さん、経験もの凄く豊かです。副知事時代から商工会をすごく応援をしてくれています。新潟県には女性の知事は必要がない。経験豊かな花角さん、一つ、よろしくお願いしまして応援にさせていただきます」



 しかし6月2日、新潟市内での街宣を終えた花角氏を直撃し問題発言について聞くと「よく覚えていない」という驚くべき回答が返ってきた。隣で聞いていたはずなのに、加計問題の官邸訪問の記憶をなくした柳瀬唯夫・元首相秘書官と同様の記憶喪失状態と言っていい。



 そこで「父親の出馬を知ってベトナムから駆けつけた」という花角氏の娘にも同日の新潟市内の街宣で声をかけると、簡潔明瞭な答えが返ってきた。



----「女性知事は新潟にいらない」という発言が出ましたが。



娘さん そうですね。発言は知っています。本人からではなく、商工会の方からですが、よくなかったと思います。



----謝罪、訂正した方がいいのではないか。



娘さん そうですね。ちょっと方法は考えさせていただきます。ありがとうございます。

 

 その場にいた"味方"であるはずの娘ですら、この差別発言を聞いたと認めているのだ。にもかかわらず元高級官僚の父親はその事実さえ認めなかった。



●「能力がある人こそ大切だと仰った」と応援演説の内容を改ざんした花角候補



 この女性差別発言は6月3日に朝日新聞新潟版が「魚沼の商工会長『女性知事は必要ない』 花角氏の応援演説で発言」で取り上げたこともあり、その朝日報道の当日「さすがに記憶が蘇ったのではないか」と思って、長岡市内での演説会を終えた花角氏を再度直撃した。



----「女性知事いらない」発言はどう思いますか。



花角氏 誰の発言ですか。私、知らないのですよ。



----魚沼市の商工会長が31日に隣で話していましたよね。朝日新聞が報道しています。



花角氏 報道を見せて下さい。



----隣で聞かれて何も思わなかったのですか。「問題だ」と思わなかったのですか。



花角氏 「女性とか男性とか関係がない。能力がある人こそ大切だ」とおっしゃったのではないですか。



 ここで新潟県連常任顧問の星野伊佐夫県議が間に入って質疑応答は終了したが、驚くべき対応だ。2日と3日連続で直撃をしても花角氏の記憶は戻ることはないどころか、応援演説内容の改ざんまで始めたのだ。しかし、女性差別発言をいち早くツイッターで紹介したフリーライターの畠山理仁氏がブログで公開した動画を確認しても、商工会長の発言は決して「男女の性別ではなく能力で知事を選ぶべき」などというものではなく女性蔑視が明らかなものだ。



 さらに5日、燕市で三回目の直撃をすると、今度は取材拒否に転じた。個人演説会を終えて車の助手席に乗り込んだ花角氏に「朝日新聞の記事は読んだのか」と聞くと、「読みました」と回答はしたが、女性差別発言についてコメントを求めた途端、車の窓を閉めて質疑応答を一方的に打ち切ったのだ。



 そして翌6日は問題発言が飛び出した魚沼市で個人演説会が開かれたので、何らかの釈明があるかも知れないと思ったが、ここでも一言も触れることはなく、応援演説をした商工会長が謝罪する場面もなかった。終了後、4回目の直撃で朝日新聞の記事を読んだ感想などを聞いたが、無言のまま車に乗り込み、すぐに窓を閉め切った。翌7日も新潟市内での個人演説会終了後、囲み取材で五度目の質問をしたが、女性差別発言の改竄を改めようともせず、女性蔑視には当たらないと考えを明らかにした。



----朝日新聞の記事を読んで女性知事いらない発言を思い出されましたか。



花角氏 私が記憶しているのは、男性とか女性とかではなくて、まさになって欲しい知事というご主旨だったと思います。



----そんなことは全然言っていないですよ。



花角氏 大勢、いろいろな場面でその種の話を伺っているので、混同しているかも知れませんけれども。



----(女性の前魚沼市長の政策への不満や嫌悪感があったという商工会長のコメント内容が紹介された)朝日の記事を読まれたのですよね。



花角氏 女性蔑視とかそういうことではなかったと思います。そんな丁寧に(朝日の記事は)読んでいないので、申し訳ありません。



●対応は加計問題の官邸訪問の記憶をなくした柳瀬元首相秘書官と瓜二つ



 朝日新聞の記事を精読して問題発言の主旨さえきちんと理解しないようでは、「女性差別発言を問題視していない」と言われても仕方がないだろう。



 直撃を繰り返している間、花角氏の選挙プランナーをしていた三浦博史氏にも女性差別発言について訊いてみたが、「有権者とのコミュニュケーションを妨害しないで下さい」と抗議されただけで、「本人が謝罪声明を出す」といった具体的対応を聞くことはなかった。地元で選挙を仕切る役の自民党新潟県連の柄沢正三幹事長も3日、「朝日の記事は読んでいない」と答え、2回目の直撃取材を打ち切った星野県議も同じような回答だった。



 女性差別発言がまるで問題がなかったかのような対応をする花角陣営に対して、池田千賀子候補の陣営は敏感に反応した。選対本部長の菊田まきこ衆院議員は朝日新聞が報じた3日午前の街宣で、すぐさまこう訴えた。



「どこが(安倍首相がよく言う)『女性が輝く社会』なのですか。結局、経済界のリーダーはこんな感覚。『女なんか、いらない』という発想」



 同日に新潟市内で街宣をした立憲民主党の蓮舫元民進党代表も、安倍政権と二重写しにしながらこう呼びかけた。



「セクハラ被害者の訴えより加害者と疑われた部下を守る(麻生)財務大臣。『女性知事は必要ない』と与党候補を支援する演説で公言した商工会長。『男性の育児は子どもに迷惑』と明言したり、『3人産んだほうがいい』と公言する自民党議員たち。もう、たくさんだ。変えましょう、社会を」



 女性差別発言に対して内容改ざんや取材拒否で取り繕うとする花角氏は、まるで加計問題の官邸訪問の記憶をなくした柳瀬唯夫・元首相秘書官と瓜二つではないか。柳瀬氏同様、安倍政権下で出世してきた元官僚・花角氏だが、今回の女性差別発言とそれをあくまで隠蔽、しらを切り通そうとする体質は、新潟県知事選の結果を左右する一つのポイントになりそうだ。

(横田 一)


このニュースに関するつぶやき

  • 結論が出た後でも必死に与党推薦候補を叩きたいリテラの偏向報道か。負けた方がさらに惨めになるだけだぜ。 https://mixi.at/a9Py9FI
    • イイネ!10
    • コメント 0件
  • 【へぇ】で、花角候補になにか問題発言があったの?
    • イイネ!58
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(45件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定