ホーム > mixiニュース > コラム > これさえわかれば人生は幸福?「ライフワーク」を見つけるための考え方

これさえわかれば人生は幸福?「ライフワーク」を見つけるための考え方

1

2018年06月18日 20:02  新刊JP

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

新刊JP

写真『魂の目的を知れば、人生はうまくいく』(ヒカルランド刊)の著者、礒一明さん
『魂の目的を知れば、人生はうまくいく』(ヒカルランド刊)の著者、礒一明さん
「人生でこれだけは達成したい」
「死ぬまでにこれはやりたい」
と心から思えるものはありますか?

答えが「イエス」なら、その人は幸せな人。でも「ノー」なら、この先の人生の充実のために「自分の人生の目的とは」という問いと向き合ってみるといいかもしれません。

「人は誰でも“魂レベルの目的”がある」と語るのは『魂の目的を知れば、人生はうまくいく』(ヒカルランド刊)の著者で、スピリチュアルライフコーチとしてアメリカを拠点に活動している礒一明さん。

今回はその礒さんにお話を伺い、「魂レベルの目的」をどう見つけていくかについて、日本ではあまりなじみのない「スピリチュアル」とはどのようなものかをお話しいただきました。

■元ソニー米国法人のエリートが行き着いたスピリチュアルの世界

――『魂の目的を知れば、人生はうまくいく』について、まずは本書をどんな人のために書かれたのかをお聞きしたいです。

礒:広い答えになってしまいますが「すべての人」です。というのも、私はどんな人も生まれてくる時に「魂レベル」の目的を持って生まれてきていて、その目的を知っている人の方が、そうでない人よりも有意義な人生を送れると考えています。

中でも、人生の生き甲斐や、打ち込むべきもの、ライフワークと呼べるものを探している人にとっては特に参考になるはずです。

――礒さんは日本とアメリカを行き来しながらスピリチュアルライフコーチとして活動されています。今おっしゃった「魂」ですとか「人生の目的」といったことについて、受け止められ方の違いはありますか?

礒:アメリカでは、人生のゴール設定を魂の目的に沿ったものにしようという表現はよく使われるので、「魂レベルの目的」という話をしても、みなさん当たり前のように理解してくれます。

「人生の目的」をそのまま英語にすると「Life purpose」となりますが、アメリカの人はこの「Life purpose」を自覚的に追い求めている人が大勢いますし、これに沿わないことをいくらがんばっても成功しないということも理解している人が多いです。

日本だと、スピリチュアル自体に馴染みがない方がほとんどですので、少し遡って「人生の目的とは何か」「魂の目的とはどんなものか」というところから説明しています。

――日本では一部で、スピリチュアルと聞くと「あやしい」「胡散臭い」というイメージを持つ人がいます。礒さんがスピリチュアルに触れた時、どんな印象を持ちましたか?

礒:前提としていえるのは、何を信じて何を信じないかというのは、結局のところ過去の経験もベースにしたその人の直感だということです。

その上でのお話ですが、スピリチュアルの世界も含め、どんな分野でも怪しい人はいます。ただ、全部が全部偽物というわけではなくて、本物と偽物がいる。私にしても、昔からスピリチュアルに惹かれてはいたのですが、決して物事を信じやすい性質ではなく、どちらかというと疑り深いところがありました。

しかし、アメリカでは日本の数倍あるスピリチュアル本、スピリチュアルイベントに触れていくうちに、そこに共通の真実、があるなと感じ始めました。

また、そうしたイベントなどで出会う、僕のことを何も知らないサイキックリーダーと話すと、個人的なことをぴたりと言い当てられたり、あるいは複数のチャネラーにまったく同じ事を言われることもあり、だんだん、見えない世界で起きていることを信じない方が不自然だと思い始めるようになりました。

――たとえば、どんなことを言い当てられるんですか?

礒:過去に自分が悩んだことや、その時に迷っていたことです。生活だとか心の中を全部覗き見られているんじゃないかというくらい、見事に言い当てられました。

本でも少し書いたのですが、私は以前ソニーのアメリカ法人に勤めていて、その最後の一年くらいは、自分の進めていたプロジェクトに何となく逆風が吹いているのを感じていたんですね。自分ではどうしようもない、環境的なところで。

そんな時に、あるサイキックリーダーと話したら、その状況を全部言い当てられたんです。そのうえで、こんなことを言われました。

あなたの人生のシナリオは、大企業にいつまでも残るのではなくて、そこで学んだことを持って別の道に進むようになっている。あなたはもう企業で学ぶべきことは全て学んで卒業する時期に来ているのに、それに抵抗しているから会社の環境が茨のように感じるのだ、と。

もちろんこういう状況を事前に相談していたわけではありません。初めて会った人にいきなり自分のことを言い当てられて驚いてしまって、それを機に人生を考え直しました。そうした出来事はスピリチュアルの世界に更に引き込まれるきっかけとなりました。
(後編に続く)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定