ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > その疲れやむくみは「かくれ脱水」かも?夏の正しい水分補給

その疲れやむくみは「かくれ脱水」かも?夏の正しい水分補給

2

2018年06月18日 21:02  ごきげん手帖

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

湿度と気温の高い季節がやってきましたね。夏にたくさん汗をかいているのに、なぜかむくんでしまうという方や、夏バテが辛いという方。それは、かくれ脱水かもしれません。


身体の約60%は水分です。夏は、知らず知らずのうちに体内の水分を消費しています。夏の水分補給についておさらいしてみましょう。



夏のむくみと疲れはかくれ脱水かも!?


夏は、外気温が高く汗をかきやすい季節ですね。野外にいた場合など、目に見えて汗がたくさん出たときには、水分補給を忘れないと思いますが、日常的にはどうでしょうか。

ちょっと外出した時など、汗をかいていても、冷房の効いた快適な室内にもどると、水分補給を忘れてしまいませんか?


一度に大量に水分が失われると脱水症状を起こしますが、少しずつ水分が不足すると、身体は、かくれ脱水と呼ばれる状態になります。


ミネラル不足でむくみやすい状態に


汗をかくことで身体から失われるのは、単純に水だけではなく、身体の水分バランスを保つミネラルも同時に失われてしまいます。

そのため、体内の水分が少なくなると、水分バランスをたもつミネラルも少なくなり、おのずとむくみやすい状態になってしまうのです。


水分不足で疲れやすい身体に


また、体内の水分は、酸素と栄養を細胞に運んだり、老廃物を回収したりと、身体がスムーズに働くために、常に流れています。

そのため、水分が不足することで身体の働きが滞り、疲れやすい身体になってしまいます。



夏のむくみ・疲れ対策になる水の飲み方・選び方


飲み方


水は、一度にたくさん飲んでも、身体に吸収できる量が限られています。


寝起きにコップ1杯、出社後にコップ1杯、外出から帰ってきたらコップ1杯など、こまめに水を飲む習慣をつけましょう。


選び方


水分といっても、お茶やコーヒーには利尿作用があります。かくれ脱水対策のためには、必ず水を飲みましょう。


スポーツドリンクは、ミネラルバランスが調整されていていいのですが、人工甘味料などが使われている場合があります。


日常の水分補給であれば、ミネラルウォーターがおすすめです。ミネラルのなかでも、ナトリウムが大切な役割を果たしていますから、ナトリウムが多いミネラルウォーターを選ぶとよいですね。


夏バテやむくみにお悩みの方、今年の夏は水分補給に気をつけてみてはいかがでしょうか。


ライタープロフィール


美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ


料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。


【保有資格】


・Ecole Ritz Escoffier Diploma ・中医薬膳師 ・健康リズムカウンセラー ・味覚カウンセラー(スタンダード)



【あわせて読みたい】
1週間で6588人が緊急搬送!?知っておきたい熱中症対策
・アレの飲み過ぎが原因に!? 夏に多い「かくれ脱水」にご用心!
・水だけじゃダメ!熱中症対策には塩分+糖分がいい!?
・冷えを防ぎながら熱中症対策!ミネラル麦茶が良い理由


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
・今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
・カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
・「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ


【参考】
※「かくれ脱水」にご注意! – 教えて!「かくれ脱水」委員会
※日常の水分・電解質のとり方について – 教えて!「かくれ脱水」委員会
※身体と水分 – 大塚製薬


    あなたにおすすめ

    ニュース設定