ホーム > mixiニュース > コラム > 家庭菜園のトマトの病気、原因と対処法

家庭菜園のトマトの病気、原因と対処法

0

2018年06月19日 08:12  教えて!goo ウォッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

教えて!goo ウォッチ

写真家庭菜園のトマトの病気、原因と対処法
家庭菜園のトマトの病気、原因と対処法
農園を借りて家庭菜園を楽しむ人もいれば、自宅のベランダのプランターで栽培を楽しんでいる人もいると思う。家庭菜園といえば、トマトは人気だと思うが、栽培の過程で病気に悩まされる人が多いようだ。「トマトの病気?」など、多数のトマトの病気に関する質問が「教えて!goo」に寄せられていたからだ。そこで、家庭菜園のトマトが病気になる原因、病気の種類と対策、そして予防策について、タキイ種苗の広報担当に解説してもらった。

■トマトで起こりやすい病気の原因

トマトの病気の原因として考えられるものは3つあるという。

「病気の原因は大きく3つに分けられます。糸状菌(カビ)。害虫などから媒介するウイルス。加湿などにより土から繁殖する細菌。この3つの原因でトマトは病気になります。トマトの病気についてですが、栽培する地域や土壌環境などにより、トマトがかかりやすい病気は変わってきます」(タキイ種苗)

環境によりかかる病気は変わるが、原因により発症する病気は明確だ。

「カビが原因の灰色かび病は、病斑上に灰褐色のカビを生じ、実に円形の斑点ができます。炭疽病は実に水浸状の小斑点が生じ、拡大すると腐敗し落下します」(タキイ種苗)

続けてウイルスが原因の病気について聞いた。

「ウイルスが原因の病気は、害虫が関係しています。モザイク病はアブラムシの媒介で、茎葉や実にモザイク状の濃淡やえそ斑点が現れます。黄化葉巻病はタバココナジラミの媒介で、葉脈感が黄化して葉が縮れていきます」(タキイ種苗)

えそ斑点とは、局部的な腐敗が斑点状に現れる状態のことだ。最後に細菌が原因の病気について聞いた。

「細菌が原因の病気は、茎の内部が腐敗したり、空洞化して枯れる傾向があります」(タキイ種苗)

それぞれの病気の原因により、茎、葉、実など、症状が出る場所にも違いがあることが分かった。

■トマトの病気の予防策と対処法

それぞれの病気の予防法と対処法について聞いた。

「カビによる病気は、湿度が高いと発症しやすい傾向があります。日当たりや風通しのよい、雨の当たらない場所で栽培しましょう。発病した場合、実や葉、茎は取り除き、土を日光に当てて消毒して対処します」(タキイ種苗)

ウイルスが原因の病気は慎重な対処が必要だ。

「ウイルスによる病気は、虫などによって運ばれることが多いので、天然農薬の散布で害虫をつけないように予防します。発病後は回復する見込みがないため、株ごとに撤去して被害の拡大を防ぎましょう」(タキイ種苗)

最後に細菌が原因の病気の予防と対策について聞いた。

「細菌による病気は、加湿などで土に繁殖した菌が、茎や葉の傷口から入り込んで発症します。殺菌作用のある銅剤を薄めて葉に噴霧すると、菌の繁殖を防ぐことができます」(タキイ種苗)

注意点として、生で食べるトマトの病気には、発症後に農薬を使うことはあまりおすすめできないとのこと。そういった観点からも予防が重要なのだ。

トマトを家庭菜園で楽しんでいる方は上記を参考に予防につとめ、万が一にも病気が発症しても慌てず対処し、実りの瞬間を迎えてほしいと思う。

●専門家プロフィール:タキイ種苗 広報担当
一歩進んだガーデニングや家庭菜園を技術と知識でサポートし、生産者からも頼られる種苗のエキスパート。「桃太郎トマト」の種苗で、その名を広く知られる。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)



動画が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定