ホーム > mixiニュース > 海外 > 多言語を話す子供は2倍速く学習することが判明! 「成長を遅延させる説」は覆る

多言語を話す子供は2倍速く学習することが判明! 「成長を遅延させる説」は覆る

9

2018年06月19日 17:02  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<脳科学の研究においても、複数言語を操る人は習得のアドバンテージを身につけ学力向上に役立てていることが分かっている。多言語を話す子どもは勉強で成果を出しにくいという考えは誤解>


複数の言語を話す中学生は成績が伸び、テストの得点も改善されていることが新しい研究で判明した。ニューヨーク大学のマイケル・キーファー准教授とオレゴン州立大学のカレン・トムソン准教授が発表した研究によると、英語のみを話す生徒に比べ、多言語を話す生徒の方が読書や数学の分野で2〜3倍の速さで学力向上の成果を出していることが分かった。


アメリカの学校は言語教育において、ここしばらく他国に遅れをとっている状況で、これまでも多言語習得の有効性を示す研究は多数発表されているものの、多言語を話す子どもは勉強で成果を出しにくい、という誤った考え方も根強い。しかし今回の研究で、その通説は覆されることになった。


不十分な教育環境でもマルチリンガルの学力は伸びる


現在アメリカには約500万人のELL(English Language Learner::英語を勉強中の人)の生徒がいる。これは全国の公立校に通う生徒の約10%に当たり、今後更に増える見通しだ。その一方で、自身をバイリンガルだと認識しているアメリカ人は約15〜20%にとどまる。これは英語以外の言語で授業ができる教員の不足、そして複数言語で授業ができる教員の数はさらに少ないことを意味するという。


ところがこういった不利な学習環境にも関わらず、アメリカの生徒、特にマルチリンガルの生徒たちは2003〜2015年まで、学習能力を伸ばし続けていた。2008年の金融危機により教育機関への助成が削減され、多くの教員が困窮状態を目前にしていたにも関わらず、である。


特筆すべきはマルチリンガルの生徒の成長率。小学4年生は、英語のみを話すモノリンガルの生徒と比べ読書の点数を25ポイント、算数においては27ポイント上回った。中学3年生の結果はより顕著で、それぞれ37ポイントと39ポイントの差をつけた。


この結果についてトムソンは、「(マルチリンガルの生徒の)情報に注目する、または遮断する、ある兆候の任意性を理解する能力は、読書をする際に有利になる」との見方を示す。


Wavebreakmedia-iStock


多言語の知識を持つ生徒は脳機能も発達


今回の研究でトムソンらは、マルチリンガルの生徒たちをELLのサブグループとして区分けして調査を進めた。マルチリンガルの生徒のすみ分けを確立させたことで、細分化されたデータが明らかになり、彼らが十分に英語を使いこなせるのにELLと同じグループに分類されていたという問題が浮き彫りになった。


一口にELL と言っても、第一言語と同程度に英語を操れる人と、英語は勉強中で、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングにおいて十分に習得できていない人たちのグループがいっしょくたにされていた。


トムソンらは現在英語を学んでいる者と、以前そのカテゴリーに属していたが今は十分に英語を習得した者との差を「埋まることのないギャップ」と呼ぶ。つまり、彼らが上達していく際に身につける学力は認知されていないのだ。


実は脳科学の研究においても、複数言語を操る人は、習得のアドバンテージを身につけ学力向上に役立てていることが分かっている。これまで主流であった、相反する2つの言語は子供の成長を遅延させるという極端な理論は、どうやら真逆であるようだ。


【参考記事】音楽家やバイリンガルは脳を効率よく使うことが明らかに


英デイリーメールによると、マルチリンガルの人は脳の下頭頂小葉にある灰白質密度が多いそうで、これが、可塑性や精神的な柔軟性を生み出しているとのこと。認知的可塑性は学びや記憶、そして脳の機能性において大変重要な鍵である。つまり、多言語の知識を持つ生徒は脳機能も発達しており、学術において秀でているのは偶然ではないのだ。


また、別の研究では多言語使用と認知症やアルツハイマー病発症の遅延との関係性が発見された。ニューヨークにあるフランス大使館職員で教育官を務めるファブリス・ジョモンは情報サイト「フレンチリー」に対し、「マルチリンガルかどうかは、最終的に人々の健康に関わってくるのです。我々はその点に充分注目、投資していくべき」と述べている。


マルチリンガルの生徒の多くは貧しい有色人種


多言語教育における調査はまだ黎明期ではあるものの、見通しは明るい。脳に関する調査結果はELと英語のネイティブ双方にとって有用な情報となるのだ。


しかし、課題も無視できない。「忘れてはならないのは、モノリンガルの生徒よりも成績の低いマルチリンガルの生徒の多くは有色人種であり、経済的に恵まれていないなど、不利な状況とリソース不足に直面している」とトムソンは指摘する。「それを踏まえても成長が見えることは、有効な政策の結果とマルチリンガルの生徒たちがより高いレベルを目指す能力があるということだ」


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>




このニュースに関するつぶやき

  • 外国人嫌い�פä��ä��ʴ���な日本人は、だからといって自分たちがマルチリンガルになろうとは言わないのですね�㤭���㤭��
    • イイネ!3
    • コメント 3件
  • 意図した意味にはならない英語のハンドル名を掲げて、意図しない恥ずかしいことを臆面も無く書く奴おる(笑う)私の日記に解説あるから最初から読んでみろよ(笑う)
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定