ホーム > mixiニュース > 海外 > エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘の反応明かす

エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘の反応明かす

0

2018年06月20日 17:31  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<史上初となる同性ロイヤルカップルがこの夏誕生する。女王の従弟が結婚への道のりを語った>


先月行われたハリー王子とメーガン妃のロイヤルウエディングに続き、先週16日にはダイアナ妃の姪にあたるセリア・マッコーコーデール(ダイアナ妃も着用したスペンサー家に伝わるティアラを披露!)の挙式が行われたりと、英国王室の周辺はおめでたいニュースが相次いでいるが、この夏にはもうひとつ、史上初となるロイヤルカップルが誕生する。


バイセクシャルを公表したのも英国史上初


今回の主役である55歳のアイバー・マウントバッテン卿は、ビクトリア女王の直系で玄孫にあたり、エリザベス女王の従弟という由緒正しい家柄の生まれである。母は、ロシアの国民的詩人アレクサンドル・プーシキンの孫であることから、プーシキンの子孫であることでも知られている。


1994年にペニー・マウントバッテンと結婚。3人の娘にも恵まれていたが、2011年に破局。2016年にはバイセクシャルであることをカミングアウトし、スイスのスキーリゾート地ヴェルピエで出会った、航空会社の客室サービスのディレクターを務めるジェームズ・コイル氏と交際中であることを公表していた。


そんな中、この程2人は結婚を決意したことを英デイリーメールのインタビューで明言。今夏、イングランド南西部のデヴォン州にある田園に囲まれた小さな教会で式を挙げることを明らかにしたが、マウントバッテン卿は、同性愛者でありながらも異性と結婚したことの苦悩や、娘たちへの父としての思いについても率直に語っている。


「(最初の)結婚をしたとき、ペニーを愛していましたし、今でも大好きです。家族を愛していましたし、こんな風に世界が変わるとは、夢にも思いませんでした。男性と結婚することになるなんて」


「長女のエラにこのことを話したら、『あら、パパ、大したことじゃないわ。今じゃ普通のことよ』と言っていました。こういう概念に関して、彼らは冷静でいられる世代です。自分たちの父親が当事者だと、そんなに冷静ではいられないものですが、完全に理解してくれました」


「私はこれまでのほとんどの人生を異性愛者として生きてきました。だから、仲間を持つのは普通のことではないです。素晴らしいことなのですが、いつも標準であろうとしていたので、理想の世界では妻を持つことを良しと考えていたのです」


興味深いことに、結婚を推し進めたのは、マウントバッテン卿の方だという。


「私は結婚を経験していて、素晴らしい子どもにも恵まれたから(結婚を)する必要はないのだけれど、彼にとっては大事なことだから、私は結婚をプッシュしました。彼は、私のような安定した人生を持っていない。だから、(結婚によって)それを与えたいのです」


インタビューの場には、先妻のペニーも立ち会っていた。彼女は2人を全面的にサポートしており、結婚式に参列するのはもちろん、バージンロードではマウントバッテン卿に付き添うという。ちなみにペニーは、自身がマウントバッテン卿と結婚する前に、卿からセクシャリティを打ち明けられていたという。大きな秘密を抱えたまま、16年間も夫婦生活をともにしたペニーの苦悩もはかり知れない。


同性のロイヤルウエディングを、王族も祝福


そんな2人の結婚に対し、エリザベス女王の三男ウェセックス公爵エドワード王子らマウントバッテン卿の幼馴染も祝福しており、英国民からも概ね支持を受けているようだ。


歴史を遡ると、イギリスの歴代王である、ウィリアム2世、リチャード1世、ジェームズ1世、ウィリアム3世らはバイセクシャルだったと伝えられているので、同性愛は今に始まったことではないし、それ自体が伝統でもある。マウントバッテン卿は、多様化した現代に合わせて全てをさらけ出し、自分らしい生き方をするべく第一歩を踏み出したのだ。


アメリカ人であるメーガン妃が英国王室のメンバーになったのも史上初だったが、王族の同性婚ももはやタブーではなくなった。英国王室は、急速に新しい時代へと歩み始めている。




有元えり


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定