ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > リップメイクの幅が広がる!リップティントの使い方

リップメイクの幅が広がる!リップティントの使い方

1

2018年06月22日 19:02  ごきげん手帖

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

数年前から人気沸騰中で、今や国内の多くのブランドから発売されているリップティント。根強い人気のあるオルチャンメイクにも欠かせないアイテムですよね。ですが普通のリップとどう違うのか、どうやって使えばいいのか、ご存知でしょうか?



発色が良く、キレイに可愛く仕上がるリップティントも、正しい使い方を知らないままなんとなく使うことで、その魅力を半減させてしまっているかもしれません。


今回はリップティントがどういうものなのかを知り、正しい使い方をマスターして、今までよりもさらにリップメイクを楽しめるようになりましょう!


リップティントって?


リップティントは、元々は韓国発祥のコスメ。「染める」という意味の「tint(ティント)」という英語が由来で、口紅のように上から“塗る”だけではなく、しっかりと“染める”ような仕組みになっています。そのため色持ちが良く、食事をしたり時間が経っても落ちにくいのです。


リップティントの色持ちの良さのヒミツは、配合されている着色剤にあります。リップティントは、「染料」と呼ばれるとても粒子の細かい着色剤を使用しているものが多いため、唇に色が定着しやすく、唇を染めたように色づくのです。唇のpHや水分量の影響で発色するものもあり、内側からじゅわっとにじむような発色がかないます。



ただ、唇に色がしっかり残る分、乾燥や色素沈着が起こりやすくなったり、しっかりとしたクレンジングが必要となったりするため、普通の口紅よりも唇には負担がかかりやすいともいえるでしょう。


唇というのは実は粘膜で、皮膚がとても薄く、大切に扱わないとすぐに荒れてしまう部分。唇を守りつつリップティントでおしゃれを楽しむためには、少し工夫が必要です。


もちろん、今すでに唇が荒れてしまっているという人は、それが治ってから使うようにしてくださいね。


リップティントの基本的な使い方


まずは、リップティントの基本的な使い方を知り、グラデーションリップをつくりましょう。


今回は、口紅のような形の「スティックタイプ」、リップグロスのような形の「リキッドタイプ」、2種類の使い方をご紹介しますね。


スティックタイプの場合


(1)唇の油分をティッシュでオフする



リップティントは、唇に油分があると本来の色持ちの良さを発揮できません。そのため塗る前には一度、ティッシュでそっと油分をオフしておきましょう。


(2)リップティントを唇に塗る



唇の中央に色をのせます。薄づきで物足りないと思っても、徐々にしっかりと色が出てくるので、少しずつ塗るのがポイント。最初からリップブラシで塗っても良いですが、直塗りすることでさらに発色が良くなります。



リップブラシを使って、中央の色を端へ伸ばすようにしていきます。



ふんわりとした印象にしたいときは、指で伸ばすのもおすすめです。


(3)こすったりせず、5分ほど放置する



リップティントが唇になじんで本来の色が現れるまでに、少し時間がかかります。その間は飲食や上下の唇を合わせてこする動作を避け、色が定着するのを待ちましょう。この時間をしっかりと取ることで、ムラなくキレイに仕上がります。


上からグロスを重ねたい場合も、しっかりと色が定着してから塗りましょう。


リキッドタイプの場合


リキッドタイプの場合も、スティックタイプと同じように使うことができます。今回はせっかくなので、リキッドの特性を生かした使い方をご紹介します!


(1)唇の油分をティッシュでオフする



スティックタイプと同様、まずはティッシュで唇の油分をオフしましょう。


(2)唇の中央に少量を点々とのせる



唇の中央部分に、少しずつ色をのせましょう。塗り広げるのではなく、ポンポンと置くようなイメージでのせてみてください。


(3)指で少しずつ外側に伸ばす



唇にのせたリップティントを、指先で少しずつ外側へと伸ばしていきます。自然にぼかすように意識してみましょう。


(4)こすったりせず、5分ほど放置する



こうすると、内側からじゅわっとにじみ出るようなグラデーションになります。上からグロスなどを重ねると、より自然でキレイに仕上がりますよ。


リップティントをキレイに塗るコツ



ここでは、リップティントをキレイに塗るためのコツをお伝えします。


きちんと保湿をする


リップティントを使ったメイクはとても可愛く仕上がりますが、唇に負担もかかります。そのため、リップティントを塗る前に、リップクリームや唇用美容液などで保湿をしておきましょう。


ただし、保湿をするということは、それだけ油分をのせるということ。リップティントは油分の上からでは十分な発色が期待できないので、保湿をした後はティッシュで油分をオフしたり、パウダーファンデーションを重ねたりして、リップティントを塗りやすい状態に整えてあげることも大切です。


少し手間はかかりますが、唇への負担を減らしつつも、キレイな発色を長時間楽しめるようになりますよ。


必ず少しずつ塗る


リップティントは、塗った直後は薄づきでなめらかさも感じられます。しかし本来の特性を発揮するのは、塗ってから5分ほど経って、しっかりと唇に色が定着してから。時間が経つに連れて赤みが強くなっていき、予想以上に明るい色になることもあります。


「少し薄いな」と思ってもすぐに重ね塗りせずに、定着してから色味を確認するようにしましょう。


スクラブなどで丁寧なケアを


リップティントを塗る際の保湿も大切ですが、メイクを楽しむためにはやっぱり土台が大切。日頃から保湿を心がけ、ときどきスクラブやリップパックなどで丁寧なケアをしておきましょう。


理想の唇が保たれ、よりキレイなリップメイクを楽しめるはず!


理想の唇に仕上げる使い方



先にご紹介したグラデーションリップ以外にも、ティントを使えば、さまざまなアレンジが可能です。ぜひ参考にして、理想の唇を目指してみてください。


ふっくらとしたボリュームリップ


ふっくらぷるんとした唇はとても魅力的で、可愛らしさと同時に色気も演出できます。そんなボリュームのある唇に仕上げるには、まず輪郭をしっかりと取ることが大切。リップペンシルなどで輪郭を描き、唇と肌の境目をつくりましょう。その後、リップティントで色をつけます。


リップティントが定着したら、唇の中央部分にだけ色を重ねたり、グロスを塗ったりすると、よりふっくらとした印象になります。



全体的に濃く色を重ねてしまうとのっぺりとしてしまうので、中央にだけ重ねて、立体感を出すのがコツです。


シアーに仕上げたいのなら、オイルタイプが正解◎


リップティントにもさまざまなタイプがあります。よりシアーな唇に仕上げたいのなら、色の定着度は少し劣りますが、オイルタイプを選ぶと良いでしょう。保湿効果もあり、グロスを重ねなくてもうるんとした唇に仕上がります。



他にもグロスタイプやウォータータイプ、バームタイプ、貼って剥がすと色づいているパックタイプなどもあります。


唇にしっかり色が定着するのは同じですが、種類によって仕上がりは異なるため、あなたの理想のイメージに合ったアイテムを使いましょう。


リップティントをベースにするのもアリ!


リップティントはリップメイクの主役として楽しむこともできますが、ベースに仕込んでおくことで、その上にのせたリップメイクが落ちるのを防ぐこともできます。食事をするときやたくさんおしゃべりをするときに重宝しそうですね。



ベースとして仕込むときには、リップティントはなるべく薄く塗ることを心がけてください。メインにしたいリップメイクの邪魔をしないようにナチュラルなカラーを選ぶのもありですが、ティントとリップメイクのカラーのミックスを楽しむのも良いでしょう。


食事やおしゃべりによって重ねたリップメイクが落ちてしまっても、唇にはティントの色が残ります。塗り直しがなかなかできなくても、パッと明るい印象の顔を保つことができますよ。


まとめ


とても人気のリップティント、すでに持っている方も多いと思います。使い方をあらためて知るだけで、メイクの幅が何倍にも広がりますし、リップケアも意識してできるようになりますよね。


ぜひさまざまな種類のリップティントや塗り方を試して、リップメイクを楽しんでください。発祥である韓国ブランドのリップティントを使ってみるのもおすすめです。また新しい気付きや楽しみがあるかもしれませんよ!



ライター紹介


須田夏美


美容ライター/コスメコンシェルジュ・美肌エキスパート®美容を中心に、発信することを楽しみながら勉強に励み、女性の幸せの追及やサポートを目指す。




【あわせて読みたい】▽ティントについて知りたい方はこちらもチェック!・粉が液体に変わる!? 韓国で話題の「パウダーティント」・発色長持ちでしっかり潤う。ディオールの新作オイルティント・【実証】ティントリップをキレイに長持ちさせるコツ・私の眉毛は消えません!眉ティントのやり方とおすすめアイテム3選


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】・発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選・斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ・メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番・美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選


    あなたにおすすめ

    ニュース設定