ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 楽天則本 今季も奪三振ショー

今年も順調!楽天・則本昂大が挑む大記録

24

2018年06月25日 12:11  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真今季通算1000投球回を達成した楽天・則本(C)KYODO NEWS IMAGES
今季通算1000投球回を達成した楽天・則本(C)KYODO NEWS IMAGES
◆ 5年連続タイトルへ視界良好

 楽天の則本昂大が今季も奪三振ショーを繰り広げている。

 低調なチーム状況もあって4勝7敗と負け越してはいるものの、ここまで12試合・88回2/3を投げて奪った三振はちょうど100個。両リーグで唯一3ケタに乗せ、最多奪三振のタイトルに向けて快走している。

 則本と言えば、プロ2年目の2014年から昨季まで4年連続で最多奪三振のタイトルを獲得している“奪三振マシーン”。それも毎年奪三振の数を増やしており、昨季はプロ野球新記録となる8試合連続2ケタ奪三振という偉業を成し遂げるなど、キャリア最多を更新する222奪三振を記録。その進化はとどまるところを知らない。

【則本昂大・4年連続最多奪三振】
2014年:204奪三振(2位:金子千尋/オリックス・199個)
2015年:215奪三振(2位:大谷翔平/日本ハム・196個)
2016年:216奪三振(2位:千賀滉大/ソフトバンク・181個)
2017年:222奪三振(2位:菊池雄星/西武・217個)


◆ 大投手たちへの挑戦

 もし今年もタイトル獲得となれば、記録は1年伸びて「5年連続」に。これはプロ野球史上3人目で、歴代単独3位にあたる記録になる。となれば、1位が気になるところだろう。

【最多奪三振の連続記録】
1位 6年連続 江夏 豊(阪神/1967〜1972)
1位 6年連続 鈴木啓示(近鉄/1967〜1972)
3位 4年連続 野茂英雄(近鉄/1990〜1993)
3位 4年連続 則本昂大(楽天/2014〜2017)


 トップは「6年連続」で2名。伝説の大投手である江夏豊と鈴木啓示が、奇しくも同じ期間に達成した。

 それも江夏はルーキーイヤーからの記録。1年目にいきなり225奪三振を記録すると、2年目にはシーズン401奪三振という不滅の大記録を樹立。4年目にも340奪三振を記録するなど、プロ入りから6年で1728もの三振を積み上げている。

 鈴木はプロ2年目から6年連続のタイトル奪取。プロ3年目の1968年には305奪三振を記録するなど、20年のキャリアでプロ野球歴代4位となる通算3061奪三振をマークした。

 日米で伝説を残した野茂英雄も含め、大投手に囲まれて大記録に挑んでいる則本。この記録をどこまで伸ばすことができるか。そして、最終的にどんな成績を残してユニフォームを脱ぐのか。チームは監督の解任など苦しい状況が続いているが、その中で奮闘するエースの投球から目が離せない。

このニュースに関するつぶやき

  • チームに勝ちをもたらさない投手をエースと呼びたくない。 https://mixi.at/aa5aYnt
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • �������å����������Ф��͡����å����������Ф��͡�》今年も順調exclamation「樂天則本」挑戰大記録
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定