ホーム > mixiニュース > 海外 > 米国土安全保障省に動物の死骸──移民親子引き離しで市民から反感、脅迫相次ぐ

米国土安全保障省に動物の死骸──移民親子引き離しで市民から反感、脅迫相次ぐ

5

2018年06月27日 17:21  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<トランプの非人道的な移民の子供の扱いが明らかになって政府職員にも脅迫が。外では政府のバッジを外して、SNSへの投稿には注意するよう警告も>


ドナルド・トランプ米政権の掲げる「ゼロ寛容」の移民政策と、それによってメキシコ国境で多くの移民の親子が引き離されてきた事態に対する反発が広がるなか、移民対策を管轄する米国土安全保障省(DHS)の職員に対する暴力的な脅迫行為が増えていることが明らかになった。


最近のある事例では、DHSの正面玄関に、頭部を切断して焼かれた動物の死骸が置かれているのを同省職員が発見したという。同省関係者が本誌に対して事実と認めた。


米政治専門メディア「ザ・ヒル」によれば、DHSのクレア・グレイディ副長官は、職員に宛てた6月23日付けの回覧メールのなかで、DHS職員の安全を脅かす脅迫行為が増えているので気をつけるよう警告したという。


ガバメント・エグゼクティブ誌が入手したメールでグレイディは次のように書いていた。「残念なことに、我々の仕事を悪意に誤解する人間や、我々の仕事を妨害することで自分たちの目的を果たそうとする人間がいる。そのために当省の職員が脅迫に直面する場合もある」


「とくに最近は、政府の移民政策に関連した脅威が一段と高まっている」とも述べた。


グレイディは職員に対し、危険を感じたら法執行機関に相談するよう指示。また、外にいるときはDHSのバッジを外し、ソーシャルメディアに投稿する場合は内容に注意するよう忠告した。


「安心して食事をする権利はない」


トランプ政権は、容赦のない移民取り締まり、とくに親から幼い子供たちを引き離して隔離した残酷さに対する激しい怒りに直面している。抗議デモや国際社会からの非難を受けてトランプは6月20日、親子は一緒に収容すると政策を転換したが、それでもアメリカ社会の怒りは収まっていない。


親子引き離し政策に終止符が打たれるわずか2日前には、キルステン・ニールセンDHS長官が、ワシントンのメキシコ料理店での食事中に数人の活動家が入ってきて罵声を浴びせた。彼らはニールセンに対して「(親子を引き離して)夜眠れるのか?」「子供たちが安心して食事できないのなら、おまえも呑気に食事をするな」などと叫んだ。


ニールセンはレストランから立ち去り、のちにツイッターにこう書き込んだ。「欠陥のある移民システムを修正し、アメリカ国境の安全を確保し、家族が一緒にいられるようになるまで、たゆまず職務に勤しむつもりだ」


DHSだけでなく、トランプ政権高官も市民の怒りに遭っている。サラ・サンダース大統領報道官は22日夜、バージニア州レキシントンのレストラン「レッド・ヘン」で食事中、店のオーナーシェフに、店にふさわしくないので退店してほしいと言われた。


スティーブン・ミラー大統領補佐官は、ワシントンのメキシコ料理店で食事中、客の1人から「ファシスト」と怒鳴りつけられた。


(翻訳:ガリレオ)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!


気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを


ウイークデーの朝にお届けします。


ご登録(無料)はこちらから=>>




シャンタル・ダ・シルバ


このニュースに関するつぶやき

  • 個人的な考えかも知れないが親子の絆を引き離す法律は虐待のケース以外に存在してはいけないと思ってる。 https://mixi.at/aa79TmR
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • この種の事件が連発するのも、米国を仕切る悪徳不動産王=ドナルド・トランプの、一連の「反イスラム・反中朝・反共論等に基づく」ヘイトや差別の擁護の大悪政のお陰!
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ニュース設定