ホーム > mixiニュース > 海外 > 「インスタグラマーにはもううんざり!得するのはビキニ会社だけ」 豪華リゾートで進むSNS離れ

「インスタグラマーにはもううんざり!得するのはビキニ会社だけ」 豪華リゾートで進むSNS離れ

2

2018年06月28日 17:41  ニューズウィーク日本版

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<インスタに溢れる、リゾートでくつろぐビキニの女性たち。自分のアカウントで載せている写真は作り込めたとしても、ホテル側の呆れの声は偽れない...>


澄き通った海、白い砂浜、ラグジュアリーホテル――モルディブは、世界で1番インスタ映えする場所。このインド洋に浮かぶ楽園は、人気の新婚旅行先であり、AリストのVIPやインスタ・エリートとでもいうべきインフルエンサーから愛されるディスティネーションだ。


ところで、インフルエンサーと呼ばれる人たちがその費用をどう工面しているのか、疑問に思ったことはないだろうか?彼らのほとんどは、自分で負担しているわけではない。SNSで紹介する見返りとして、高級ホテルにタダで滞在しているのだ。


しかし、インフルエンサーをひたすら厚遇するという風潮にも、変化が訪れているようだ。


バリのリゾート olegbreslavtsev-iStock


インフルエンサーだから無料で泊めて!


オーストラリアのニュースサイト「news.com.au」によると、モルディブの5つ星リゾートで働くケイト・ジョーンズの元には、こんな問い合わせがくるらしい。「インスタに2投稿するから、10泊させて。それで『2000いいね』がつくはずよ」。さらに最近では、フェイスブックを利用しているだけで自分がインフルエンサーだと名乗る人もいるらしい。「私はフェイスブックで友達が600人いる。インフルエンサーだから、7泊させてほしい」と言うそうだ。


こういった類いのリクエストを、少なくとも1日に6回は受けると言う。「彼らは平均して5〜7泊分の宿泊費と食事代や施設利用費、アクティビティ料金などオールインクルーシブで負担してもらえると期待している。モルディブは安いディスティネーションではないのに、信じられないくらい多くの人がパラダイスへのフリーパスがもらえると思っている」と、アトランティック誌に語る。


トラベルブロガーは、こうした交渉は当然だと思っている。ラグジュアリーホテルの多くが、彼らのオンライン上での批評がおよぼす影響を恐れているのだ。


【参考記事】4.3億回、中国人に再生された日本人クリエイター


美しいヴィラが自慢のモルディブのフラワリ アイランド リゾートのウェブサイトには、インフルエンサーを対象としたセクションがあり、「デジタルマーケット戦略の一環として、インフルエンサーと積極的にコラボレートしていく」と、明記している。「オーディエンスへの影響力が強く、忠実なフォロワーを持ち、量よりも質にこだわったコンテンツを作る人。かつ自身のブランド力が、ホテルがターゲットとするオーディエンス、価値観、マーケティングゴールとマッチするインフルエンサーを歓迎する」。


応募のフォームには、フォロワー数や平均エンゲージメント率のほか、予定している切り口やストーリーについて記入する項目がある。


多くの人々がインスピレーション源としてSNSを活用することになったことで、インフルエンサーへのサービスが激化するのは理にかなうとも言えるが、この状況がただただエスカレートしたせいで、少々勘違いしたインフルエンサーが現れているのも事実だ。


タダでやってくれて当然と言わんばかりの強気


動画共有サイト「ユーチューブ」で13万3000人、インスタグラムで11万2000人のフォロワーを持つエル・ダービー(@elledarby_)は、アイルランドのダブリンで人気のスポット「ザ・ホワイト・ムース」に、コラボレーションしたいと企画を持ちかけた。


「2月8〜12日、パートナーと一緒にダブリンを旅行する予定です」とメールで伝え「あなたのホテルが気に入ったから、是非フィーチャーしたい。私のユーチューブの動画、インスタグラムのストーリー/ポストで紹介すれば、ホテルのファンが増えるわ」と提案した。


オーナーのポール・ステンソンは「宣伝する代わりに無料で宿泊したいとのご連絡、ありがとうございます。そのようなメールを送るのは、とても勇気のいることです。もしそうでなければ、とても自信とプライドがおありなのでしょう」とホテルの公式フェイスブックページに書き込んだ。


【参考記事】北朝鮮エリートはSNS大好き 毎日チェックを欠かさない


「ビデオでフィーチャーするお礼として無料の宿泊を受け入れたならば、あなたの滞在をサポートするスタッフの賃金は誰が支払うのですか?あなたの部屋をきれいにするハウスキーパーの賃金は?あなたの朝食をサーブするウエイターは?チェックイン時のレセプションは?滞在中にあなたが使う光熱費は一体誰が負担するのですか? 」


そしてこう締めくくった。「P.S. 答えはノーです」。


これに対しエルは、17分におよぶビデオを制作し「私は間違ったことをしたとは思わない」と主張した。今までこの方法でトラブルになったことはなかったのだろう。彼女のインスタグラムは、世界中のラグジュアリーリゾートで撮ったセルフィーだらけだ。


Infinity pools with jungle views / a little slice of heaven - It's our last day in Bali + I'm really looking forward to moving on to Thailand tomorrow. Bali definitely wasn't what I expected it to be.. although it was certainly beautiful in it's own way! If anyone has any questions about Bali leave them below and we'll be sure to answer them in our next videowe have 2 Bali vlogs due to upload and I can't wait to show you guys what we've been up to@wapadiume x @theasia.collective ELLEさん(@elledarby_)がシェアした投稿 - 2018年 5月月31日午前12時23分PDT


(エル・ダービーのインスタグラムアカウントより)


冒頭で紹介したモルディブで働くジョーンズの勤めるリゾートも「ビーチで1日に10種類のビキニ写真を撮ったところで、メリットがあるのはビキニ会社だけ。ファッション・インフルエンサーにもう特別な便宜は図らない」とアトランティック誌に今後の方針を伝えている。


【参考記事】自称インフルエンサー?の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」




ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


    あなたにおすすめ

    ニュース設定