ホーム > mixiニュース > 海外 > 監視か献身か? 中国の母親、息子の授業に3年間同席で波紋

監視か献身か? 中国の母親、息子の授業に3年間同席で波紋

7

2018年07月02日 18:42  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<受けた授業は計3000コマ。わが子への可愛さ余っての行動は、正常なものと言えるのか>


中国のある学校で「献身的すぎる母親」が問題になっている。息子の通う中学校で3年間、寄り添って授業を受けたこの母親の名前はダイ・ジュア。孟母三遷の教えとは言うものの、行き過ぎた孟母行為は「献身」という美徳では済まされなかった。この母親の真似をしないようにと教育専門家は子を持つ親たちに注意喚起した。


湖北省武漢市に住むダイ・ジュアの息子のシャオ・ファは小学校では優秀だったが、中学校に上がると勉強の変化にうまく付いていけていずに成績が落ち始めた。


「新しい環境になったからだと最初は思っていたけれど、のちに先生が息子の授業中の様子を見学しに来るよう、アドバイスを下さったのです」とダイ・ジュアは言う。かくして彼女は息子と一緒に登校するようになったという。


授業を受けているのは子でなく母親


授業に参加して早速、母親は我が子の異変に気付く。息子は授業中に気が散りやすく、他の生徒に比べ集中力に欠けていた。「悪い癖を直すのは簡単ではないし、先生も始終息子に注意を払っているわけにもいきません。だから私が見守ろうと決めました」と話した。


ダイ・ジュアは息子の隣に座って、ひたすら各科目のノートを取り続けた。過去3年間で約3000コマの授業を受けたという。


一方で学校側は、授業での生徒の様子や、学校の運営状況を理解してもらうために授業に同席することを親に勧めていたそうだが、教育評論家はこの対応は推奨すべきではないと言う。


香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは、「(この行為は)生徒に必要以上にプレッシャーを与えかねない」という四川省の教師ワン・ヤオの指摘を掲載。ダイ・ジュア親子の例を真似しないよう子を持つ親に呼びかけている。


今回の一件では、母親の愛が一線を超えた、と湖南省のポータルサイトRednet.cnは報じている。そして子供への過剰な干渉は子供にとって幸せな学校生活を送る権利を奪いかねない、と警鐘を鳴らした。


金が無ければ命を差しだす


中国では、子供のより良い教育ために過度の犠牲を払う家族が大勢いる。サウスチャイナ・モーニングポストによると、2013年には山東省のある父親が、娘のために約1000万元(1億7000万円)で幼稚園を買収したというニュースが大々的に報じられた。


裕福な家庭は、潤沢な資金を教育に費やすことで片付けようとするが、貧しい家庭が選ぶ手段は痛ましいものだ。BBCによると、2013年に東部安徽省の田舎町で事件が起こった。ジャン・ヤン(18)は学業優秀で地元の医大に合格したが、この一家の父親は2年前に脳卒中を患い、治療のための薬代を親族から借金するなど家計は火の車だった。息子の授業料の支払いに苦心した父親は、息子の合格祝いの日に殺虫剤を飲んで自殺した。


貧富の差が拡大する中国では、教育への熱が上がる裏で、格差に苦しむ家族がいる。モンスター・ペアレンツの行いは様々な形で露になっているが、教育のためにという大義のもと、当の子供に起こる悲劇があることを忘れてはならない。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!


毎日配信のHTMLメールとしてリニューアルしました。


リニューアル記念として、メルマガ限定のオリジナルコンテンツを


毎日平日アップ(〜5/19)


ご登録(無料)はこちらから=>>




ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


このニュースに関するつぶやき

  • 反日糞青宦官FINISHED君のご両親は毎日泣いとるんやろうなあw
    • イイネ!9
    • コメント 0件
  • 反日糞青宦官FINISHED君のご両親は毎日泣いとるんやろうなあw
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定