ホーム > mixiニュース > 海外 > 金持ち中国の代表チームは、なぜW杯に出られない?

金持ち中国の代表チームは、なぜW杯に出られない?

30

2018年07月05日 17:42  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<ロシアW杯の会場は中国企業の広告だらけだが......「サッカー大国」中国の現実>


アイスランドや日本といった「サッカー中進国」の健闘で盛り上がるロシアW杯だが、出場国以上にヒートアップしている国がある。中国だ。


中国は卓球やバドミントンの強豪国だが、観戦で人気があるのはサッカーとバスケットボール。特にサッカーは90年代からテレビで欧州サッカーが無料で見られたこともあり、目の肥えたファンが多い。


この人気に目を付けたのが中国企業で、アリババグループの動画配信サイト優酷(Youku)は16億元を投じてW杯のネット放映権を獲得。大会スポンサーでも、FIFAの汚職事件で欧米企業が撤退した穴を不動産の大連万達集団(WANDA)、家電のハイセンス、乳製品の蒙牛、スマートフォンのVivo、紳士服の帝牌、ハイテクのLUCI、電動バイクの雅迪の中国企業7社が埋めている。


また大会期間中には10万人の中国人観光客がロシアに乗り込む。中国ではザリガニとビールが観戦の定番で、今回ロシアに10万匹の冷凍ザリガニが輸出された。ユニフォームや国旗などのグッズの多くは中国製だ。


スポンサー、観客、グッズ、そしてザリガニ。中国だらけのロシアW杯で唯一欠けているのが、02年の日韓大会を最後に出場できずにいる中国代表だ。


中国サッカーそのものは低調ではない。プロリーグ「中国スーパーリーグ」のクラブは資金力を生かしてワールドクラスの選手を次々と獲得。観客動員も右肩上がりで、17年の平均観客動員は世界5位の2万3800人と、Jリーグの1万8800人を上回っている。アジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグでも13年と15年に広州恒大が優勝している。


国民のサッカー熱は高く、資金もある。国内リーグのレベルも上がったのに、なぜ中国代表はW杯に出場できないのか。


習近平の夢が実現する日


中国のスポーツ選手は、国家が育て報酬を支払うステートアマ制度によって育成されてきた。しかしこの前提は市場経済の拡大で覆され、国家のために尽くしても、現役引退すれば身分は保障されなくなった。体操界のエースが引退後に物乞いになるという衝撃的なニュースも報じられ、スポーツ選手になることを敬遠する動きが広がった。


加えてサッカーは多くの選手を育成する必要があるためコストがかかる、と地方政府がためらっている事情がある。彼らが優先するのは重量挙げのような費用対効果が高い個人種目だ。


ただ、この状況も変わりつつある。大のサッカーファンとして知られる習近平(シー・チンピン)国家主席は「中国のW杯出場、中国のW杯開催、中国のW杯優勝」が夢だ。それを実現しようと15年には中国サッカーの総合改革プランが発表された。


「サッカー重点校」も予定より3年早く17年に2万校を突破。「習近平の夢」が実現する日は近いように思えるが、もう1つ深刻な課題がある。選手がレベルアップに不可欠な海外挑戦をしないのだ。


中国人選手の給与は実は高い。新浪網によると日本の5〜10倍の水準で、そのため欧州などに行く選手はほぼ皆無。著名ジャーナリストの白岩松(パイ・イェンソン)は「中国サッカーが弱いのは金があり過ぎるから」と喝破している。


事情が似ているサウジアラビア代表は、W杯直前、「持参金」を付けて9人の選手をスペインリーグに送り込んだが、十分な出場機会は得られなかった。「金持ち過ぎる」という難題を解決する妙案はあるのだろうか。


<本誌2018年7月10日号掲載>



高口康太(ジャーナリスト)


このニュースに関するつぶやき

  • 団体競技は 無理だろう 個人のエゴが強すぎて まとまりっこない 自己主張が強すぎるんだろうね チームワークなんてものが 存在できないだろう
    • イイネ!4
    • コメント 1件
  • 拝金サッカーの限界…まあ、引退後牢屋にブチ込まれてたり乞食になっていてはねェ…親だって嫌がるだろうし。…ま、“菌ペイ”のワガママから始まった無駄金浪費劇でしたね。 https://mixi.at/abn4SVY
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(28件)

あなたにおすすめ

ニュース設定