ホーム > mixiニュース > 海外 > 北朝鮮「非核化の意思」は本当か、試されるトランプ外交の成果

北朝鮮「非核化の意思」は本当か、試されるトランプ外交の成果

5

2018年07月06日 16:42  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<非核化が掛け声にとどまるなか、トランプ政権が金正恩に騙されたのではないかという証拠が次々と明らかに。今日から訪朝するポンペオ米国務長官は非核化を具体的に進められるか>


米朝首脳会談で北朝鮮が合意した非核化の目標に対して、アメリカが徐々に態度を軟化させている。マイク・ポンペオ米国務長官が7月6日から訪朝するが、アメリカはこれまでの「全部かゼロか」という姿勢から一歩後退した。


先月12日にシンガポールで実施された米朝首脳会談の以前、ポンペオは「CVID(Complete, Verifiable, Irreversible Dismantlement: 完全で検証可能かつ不可逆的な非核化)」以外は受け入れない、CVIDが達成されるまで経済制裁は緩めない、と主張していた。


しかし今週国務省が出した声明では、韓国のアドバイスを受けて、非核化の基準は「FFVD(Final, Fully Verified Denuclearization:最終的かつ完全に検証された非核化)」と、幾分緩やかなものに後退している。


国務省は態度の軟化を否定する。国務省のヘザー・ノウアート報道官は本誌の取材に対して、「(アメリカの)北朝鮮に対する政策は変化していない。非核化を目指している」と語った。


トランプ政権は米朝首脳会談の成果を自ら称賛しているが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、厳密には「朝鮮半島の非核化に向けて努力する」という合意しかしていない。専門家によれば、シンガポールで交わされた合意文書は、過去に交わされた友好文書からほとんど前進していない。


しかし米情報機関の報告書などから、北朝鮮は核とミサイル施設の開発を継続し、トランプが言ったようには施設を破壊していない、と見られている。このためアメリカ側の多くの人々が、今後の非核化交渉の進展に疑問を持ち、このままでは北朝鮮が核を保有したままになるという深刻な結果をもたらすのではないかという疑念を抱いている。


米政府関係者はロイター通信に対して、これまでの交渉では大きな前進はなく、米朝共同声明の中のカギとなる文言を定義することすら困難だと語っている。


継続中の米朝交渉についてオランダ・アムステルダム在住のアメリカ人コンサルタント(グローバル安全保障、開発援助が専門)ベアトリス・マネシは、北朝鮮はこれまで国際的合意を何度も反故にしてきた過去がある、と指摘する。


「トランプ政権は、過去を認め現状を直視することを拒否している。トランプの安っぽい手品で世界平和が破壊されるかもしれない」と、マネシは言う。


マネシは現在進んでいる米朝対話を「ピースプロセス・ショー」と呼び、継続中の核兵器開発を隠すために北朝鮮が利用している可能性もあると指摘する。北朝鮮は「長距離弾道ミサイルの攻撃能力を完成させるという目標を達成する」かもしれず、そうなれば米本土やアジア全域にある米軍施設を攻撃することも可能になる。


これは北朝鮮が現在よりも遥かに大きな外交、安全保障上の交渉カードを手にすることを意味する、とマネシは解説する。


すでにアメリカは、韓国とのすべての合同軍事演習の中止に合意した。トランプはこうした演習が「非常に挑発的」で「コストがかさむ」と表現している。韓国政府側はこの決定を「平和への一歩」だと公式に支持したが、米側では多くの人々が金正恩への「必要以上の譲歩」だと批判している。


ジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州選出・共和党)は合同軍事演習の中止決定が「間違い」だと言っている。6月14日にマケインは声明を出し、「不必要で一方的な妥協はアメリカの国益に与さない。対話継続のために『善意の妥協』を続けてはならない」と述べている。


ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は7月1日、今後一年の間に「圧倒的な数量」の北朝鮮の大量破壊兵器を解体する計画だと明らかにした。しかし核問題の専門家によれば、この計画は良く言っても「とても非現実的」で、おそらく実現は不可能だ。


大量破壊兵器に関する研究機関「核脅威イニシアティブ」のリチャード・ジョンソンは、「(北朝鮮の)核開発の規模と複雑さだけを考慮しても、12カ月という短期間で非核化を完了するのは物理的に不可能ではないか」と、本誌の取材に語っている。


6日から3度目の訪朝をするポンぺオに課せられた使命の1つは、北朝鮮に保有する核弾頭や核施設を「すべて」申告させることだ。もしすべての情報が提出されれば交渉を続けることができる。だがそれがもし、米情報機関が把握している核弾頭や核施設の数より少なければ、北朝鮮に非核化の意思はないとはっきりする。


そのときトランプ政権はどうするのか。トランプはこれまで一貫して米朝首脳会談が世界にとって有益な瞬間だったと公言してきたが、今週FOXニュースの取材に対して米朝合意が「崩壊することはあり得る」と認めている。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>



ジェイソン・レモン


このニュースに関するつぶやき

  • 案の定、核の話進展なし。制裁継続だけが救いだけど、中露は実質無視だからな。米の中間選挙で変なことにならないことを祈る。
    • イイネ!9
    • コメント 2件
  • 北朝鮮が努力すると言ったなら、努力すると見せかけて、またやりますよ。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ニュース設定