ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 結婚式のヒール靴が痛い!ラクになるお呼ばれ靴の選び方・履き方

結婚式のヒール靴が痛い!ラクになるお呼ばれ靴の選び方・履き方

1

2018年07月19日 20:02  ごきげん手帖

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

履きなれないハイヒールは痛くてツラい! でも、結婚式のお呼ばれコーデに合う靴はどれもこれも高いヒールばかり。
仕方ないからと、会場まではフラットシューズで行き、お式・披露宴の時だけハイヒールに履き替える。もしくは痛くて席に座っている時のテーブル下では靴を脱いでいるなんてことをしていませんか? 


今回はハイヒールの歩き方を教えるウォーキングインストラクターの筆者が、お呼ばれ靴がラクになる選び方と履きこなし方をお伝えします。



靴の選び方のポイント


(1)ストラップやアンクルベルトがあるものを選ぶ


結婚式のお呼ばれ靴やおしゃれなパンプスは「履き口が広い」です。


そのため、ピッタリと足に合っていると思って買った靴でも、履いているうちに足の裏の汗により靴の中で足が滑ってしまい、どんどん前へと滑って行き、かかとが抜けやすくなります。
そうすると、靴が脱げないようにと足からふくらはぎに余計な力みが生まれ、足が疲れて痛みも出てきます。



アンクルベルトやストラップがあるタイプの靴だったら、ベルトやストラップが足と靴を固定してくれるので、汗による滑りで靴が脱げないように生まれる余計な力みを軽減してくれます。


(2)太めの形のヒールを選ぶ


華やかなお呼ばれ靴というと、「ピンヒール」を選びがちだと思います。
でもピンヒールはハイヒール初心者さん、普段はハイヒールを履かない人はバランスを取るのが難しく、かなり難易度が高い形のヒールです。



普段ハイヒールを履かない、ピンヒールは履きなれないという方は、安定感のある「ルイヒール」がおすすめです。
ルイヒールは、ルイ14世が愛した靴としてついた名前の靴で、中央あたりがくびれているのが特徴。
太めのヒールでもチャンキーヒールと違い華やかさと優雅さがあるので、カジュアルNGな場所でもピッタリです。



便利グッズの活用


お呼ばれ靴が痛くなる理由は、前述したように足の裏の汗により靴の中で足が前方へと滑ってしまうことが原因の一つです。足の裏は、1日約コップ一杯分の汗をかいているといわれています。
その汗で滑らないようにするために、滑り止めのインソールを活用すると良いですよ。



また、シューズバンドを活用するのも良いでしょう。今は、いろんなデザインのシューズバンドがあるので、華やかな靴にも違和感なくマッチするものがあります。
見た目が変わるので、靴のデザインに飽きた時の使用もおすすめです。


ハイヒールの履きこなし方


お呼ばれ靴に限らず、ハイヒールには「履きこなし方」があります。
足が痛くならない履きこなし方は、歩く時・立つ時の「重心」を意識する必要があります。
重心は、体をまっすぐにして、地面に対して「垂直」に保つことがポイントです。



ハイヒールを履いている時に重心を垂直に保つコツは、「かかと」に重心をのせること


フラットシューズは足の裏の真ん中に当たる土踏まずあたりに重心をのせるのに対して、高さがあるヒールの場合は地面に対して傾斜が生まれるため、フラットシューズと同じ土踏まずあたりで重心を取ると、重心が前過ぎて腰が反ってしまいます。そうすると、腰を痛めてしまうので注意! 


いまいちわからないという方は、靴を履いて立っている姿の写真を横から撮ってもらい、自分の体が地面に対して垂直になっているかどうかをチェックしてみましょう。



この時、耳の穴・肩の先・太ももの付け根・外くるぶしが一直線になっていて、その線が地面に対して垂直であることがとても大切です。ぜひ、当日までマスターできるように練習してみてください。


お呼ばれコーデは普段よりもドレスアップするので、気分も上がるもの。そんな時のハイヒールはキレイにかっこよく履きこなしたいですよね。
また、結婚式は意外と出会いの場ともいわれています。素敵な男性に出会えるチャンスでもあるのです。ハイヒールを素敵に履きこなして、友人の結婚を心からお祝いし、次の花嫁になるチャンスを掴んでくださいね。


ライタープロフィール


ウォーキングインストラクター・松原永美里


ウォーキングインストラクター、姿勢と魅力の研究家。外資系金融企業で営業として勤務時代に、営業力を高めるために外見心理学を学ぶ。中でも、姿勢と歩き方を矯正することにより多くの人に受け入れられた体験からウォーキングインストラクターの道へ。銀座を中心にレッスンを提供。


【保有資格】


eikowalk認定骨盤ウォーキング(R)インストラクター/ベストカレッジ認定ウォーキングインストラクター/一般財団法人生涯学習開発財団認定イメージコンサルタント



【あわせて読みたい】▽高いヒールを快適に履く方法をもっと見る・プロが教える!タコ・魚の目ができない、ハイヒールの履き方 ・おしゃれな人ほど悩んでる!? 頑固なヒールだこを解消する方法・痛いヒールを快適に履く!靴擦れ防止アイテム3つ・痛くない・疲れない!自分に合ったパンプス・ヒールの選び方


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
・体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ
・寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」
・たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定