ホーム > mixiニュース > コラム > 夏休み、家族での日帰り旅行におすすめのスポット5選

夏休み、家族での日帰り旅行におすすめのスポット5選

0

2018年07月20日 08:02  教えて!goo ウォッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

教えて!goo ウォッチ

写真夏休み、家族での日帰り旅行におすすめのスポット5選
夏休み、家族での日帰り旅行におすすめのスポット5選
今年も夏休みがやってくる。遠出もよいが、日帰り旅行も魅力的だ。車や電車で気軽に行けるレジャースポットで、夏ならではのアクティビティやイベントを楽しめたらさらにうれしい。そこで、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」お出かけガイドの鈴木清和さんに、家族で楽しめる関東近郊の日帰りレジャースポットを紹介してもらった。

■車で行けるスポット

まずは、都内近郊から車で行けるスポットからだ。

「千葉県袖ケ浦市にある『東京ドイツ村』はいかがでしょう。花と緑が美しい広大な園内を、車に乗ったまま移動できます。各所に駐車もできるので、行きたいポイントを絞ってまわれます。わんぱく広場やボルダリング、芝そりゲレンデなど豊富なアトラクションで体を動かしたあとは、夏の人気スポット『せせらぎ』で水遊びをしてクールダウン。キャンドル作りやパン作り、釣り堀などの体験施設もあり、家族で一日楽しめますよ」(鈴木さん)

8月には、花火もあがる「袖ケ浦市民夏まつり」が開催されるので、あわせてスケジュールをチェックしたい。

次は日本最大級の動物園だ。

「神奈川県の横浜市にあるよこはま動物園ズーラシアは、ジャングルを歩いているかのような感覚で動物を見ることができ、大人も子どもも楽しめる動物園です。広大な敷地は、世界の気候帯別に8つのゾーンに分けられているので、ゾーンを絞って見学できるのもズーラシアの楽しみ方のひとつです。8月の土日限定で開催される『ナイトズーラシア』では、普段見ることのできない動物たちの夜の生態を観察できますよ。ほかにもさまざまなイベントが開催されているので、事前に公式サイト内のイベントカレンダーをチェックしておくとよいでしょう」(鈴木さん)

ナイトズーラシアは、日中より涼しく、紫外線や熱中症の心配もなくまわれるのが魅力。開催日は20:30まで開園している。

■電車で行けるスポット

次は、電車で行けるスポットを紹介してもらった。

「洋式競馬場跡地から生まれた『根岸森林公園』はいかがでしょうか。約18ヘクタールの広大な敷地内には芝生広場や深緑の森があり、簡易テントやレジャーシートを広げてピクニックをしたり、フリスビーやバドミントン、シャボン玉遊びなどで楽しむ家族連れの姿が多く見られます。隣接する『馬の博物館』では、乗馬体験や餌やりを楽しめますよ」(鈴木さん)

神奈川県横浜市中区、根岸台の高台に位置するオアシスだ。木陰は夏の強い日差しも和らげてくれる。

次は東京ドーム11個分(50.5ヘクタール)の広さを誇る千葉県の公園だ。

「松戸市にある『21世紀の森と広場』です。園内は、山や林、池、田園など緑豊かな大自然。虫取りやザリガニ釣り、メダカ鑑賞などが楽しめます。暑い日にはミストが噴出されるスポットもあり、ちょっとした水遊びも楽しむことができます。松戸市のグルメを集めたマルシェや市民によるコンサート、市内ダンスチームによるパフォーマンスなどが開催されることもあるので、事前にイベント情報を確認しておきましょう」(鈴木さん)

松戸市の魅力を感じながらお祭り気分を満喫できそうである。

最後は4月より中学生以下が入園無料になった、お財布にやさしい東京都のスポットを教えてもらった。

「JR立川駅から徒歩15分の『国営昭和記念公園』です。広大な敷地内には、野鳥だけの住処『バード・サンクチュアリー』やトンボの観察ができる『トンボの湿地』などがあり、夏休みの自由研究にも活用できます。“ふわふわドーム”や“虹のハンモック”など豊富な遊具のある『こどもの森』は、小さなお子さんも楽しめます。夏は首都圏最大級(東京ドームの約1.4倍)の『レインボープール』が大人気。7月には『国営昭和記念公園花火大会』も開催されますよ」(鈴木さん)

水遊びや花火を楽しんだり、自然や生き物と触れ合えるスポットは、夏休みの思い出づくりにも最適だろう。

今回紹介してもらったスポットは、子どもだけではなく、大人も楽しめそうなところばかりだ。パパ・ママにとっては、さまざまな体験をした子どもたちが描く、色鮮やかな絵日記を見るのも楽しみになるに違いない。

ちなみに「あなたが行ったことのある日帰り旅行でおすすめの場所は?」ということで「教えて!goo」では皆さんのおすすめのスポット情報も募集中!

●専門家プロフィール:「いこーよ」お出かけガイド鈴木清和
日本最大規模のファミリー向けお出かけ情報サイト「いこーよ」(iko-yo.net)のアプリ開発に従事。2児の父親で自身のお出かけにも「いこーよ」をフル活用。常にユーザー目線でアプリの使いやすさを追求する。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)



動画が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定