ホーム > mixiニュース > 海外 > アメリカも抜いた?ロシア製最終兵器、最新の実力

アメリカも抜いた?ロシア製最終兵器、最新の実力

14

2018年07月23日 21:42  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<トランプとの首脳会談では友好を演じたプーチンだが、一方では世界を破滅させかねない最新兵器を開発していた>


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とドナルド・トランプ米大統領の首脳会談が行われて3日後の19日、ロシア国防省は最新鋭の兵器を紹介するビデオを公開した。


ビデオに出てくるのはプーチンが3月の年次教書演説で開発を明らかにした複数の兵器で、なかには原子力推進式で核搭載可能な兵器や、アメリカを含む世界各国の最先端のミサイル防衛システムをかいくぐる能力があるレーザーシステムなどもある。


ビデオの中には新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「RS-28サルマト・ミサイルシステム」(西側では『サタン2』の呼び名で知られる)のテスト映像もあった。


国営タス通信によれば、ロシア国防省は声明で「(移動式発射装置を用いたミサイル)システムのテストは好成績を残して完了した。これによりRS-28の飛行テスト準備を始めることができる」と述べた。


また国防省は声明で「RS-28は予定通に生産され、戦闘配備される」と述べた。配備予定は公式には2021年とされている。


3000キロを飛ぶ「極超音速ミサイル」


プーチンは3月、RS-28について、射程距離は事実上無制限で、北極上空経由でも南極経由でも飛ばせると述べた。その際にプーチンは、フロリダと思われる場所にミサイルが着弾するシミュレーション映像を公開した。つまり、フロリダ州が丸ごと地図から消えるシナリオだ。


別のビデオでは、極超音速ミサイル「キンジャール」を搭載したミグ31K戦闘機が、長距離爆撃機Tu-22M3と合同演習を行う様子が映されていた。


「戦術的飛行演習は7月上旬に行われ、長距離飛行要員が地上や海上の標的を攻撃する訓練を行った。演習は(作戦の)計画と準備、そしてキンジャールとTu-22M3の同時運用や航空打撃群の援護を目的に行われた」と、ロシアのセルゲイ・ドロノフ空軍最高司令官(中将)は述べた(タス通信)。


ドロノフは「定められた時間内で非常に質の高い訓練ができた。搭乗員たちは合同の作戦行動に必要な技術を身につけた」と語ったという。


キンジャールの航続距離は1900キロから2900キロ超へと改良され、音速の10倍の速度で飛行できると伝えられている。また、強力な通常弾頭もしくは核弾頭を搭載し、飛行中も目標を攻撃するための誘導が可能だという。


国防省は「ブレベスニク」(ヒメウミツバメの意)と名付けられた原子力推進式巡航ミサイルのテスト予定についても明らかにした。改良が行われてほぼ無限の射程距離を誇る。この種の兵器が実用化されるのはブレベスニクが初めてだ。


「低空を飛び、識別の難しい巡航ミサイルで、核弾頭を搭載し、航続距離はほぼ無限で、予測できないコースを飛んで迎撃を迂回する能力も備えており、既存のあらゆる先進的な対空・対ミサイル防衛システムに対して無敵だ」と国防省は説明する。


アメリカのミサイル防衛システムはもともと、飛行高度の高いICBMからの攻撃を防ぐよ


うに設計されており、巡航ミサイルに対しては十分に機能しない可能性がある。あらかじめ決められた条件下で行う実験でも、うまくICBMを撃ち落とすことができたのは2回に1回しかない。


世界を破滅させる核津波兵器


また、ロシア国防省は19日、無人の超大型原子力推進核魚雷「ポセイドン」のテストを始めたと明らかにした。ポセイドンは核魚雷を搭載可能で、ホワイトハウスが発表した報告書では「世界を破滅させる兵器」とされている。


3月の演説でプーチンはポセイドンの製造を始めたことを公表するとともに、「(ポセイドンは)大陸間の非常に深い海を、潜水艦や最新鋭の魚雷、最速レベルのものを含むあらゆる種類の船舶の何倍も速い速度で」航行できると述べた。


またプーチンはポセイドンについて「静かで操作性に優れ、敵に気付かれるような弱点はほとんどない。世界にはこれに対抗できるものはない」と述べた。もしロシアのメディアが言うようにポセイドンに「数十」メガトンの威力があるとすれば、核爆発によって大都市を飲み込む規模の津波を起こすこともできるだろうと一部の専門家は指摘する。


2015年にロシア国営NTVは、「ステータス6海洋型多目的システム」と呼ばれる水中ドローンの開発計画を示す文書の映像を誤って放送した。BBCが伝えたところでは、この水中ドローンは100メガトン級の核爆発物を搭載し、最も深いところで水深1000メートルの海中を1万キロ航行できるとされていたという。過去に使用された中で最も強力な核兵器とされるのは旧ソ連時代に開発された水素爆弾「ツァーリ・ボンバ」だが、これはその2倍近い威力をもつことになる。


固定式のレーザー攻撃システム「ペレスベート」の動画も公開された。


3月のプーチンの演説の後、ボリゾフ国防省はロシアのメディアに対して次のように語った。ペレスベートは敵を瞬時に無力化できる。アメリカの先を行くレーザーシステムだ。


超音速飛翔滑空兵器「アバンガード」は、大気圏突入後、滑空して目標へのコースを変えるICBMだ。高い高度を音速の20倍で飛ぶが、ICBMに対するミサイル防衛網には引っかからないぎりぎりの高さを飛べるという。来年から配備可能といわれている。


アメリカはこうした兵器開発を軍事的な挑戦と受け止めている。プーチンと仲良くなろうとしたトランプの努力は、アメリカでは批判の的で、共感は得られていない。


(翻訳:村井裕美)


<本誌7/31号(7/24発売)「世界貿易戦争」特集では、貿易摩擦の基礎知識から、トランプの背後にある思想、アメリカとEUやカナダ、南米との対立まで、トランプが宣戦布告した貿易戦争の世界経済への影響を検証。米中の衝突は対岸の火事ではない>




トム・オコナー


このニュースに関するつぶやき

  • アメリカのミサイル防衛システムって北朝鮮のテポドン1発も撃ち落としてないからね https://mixi.at/abFiYnG
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • イージスアショアで防衛できるんですか。
    • イイネ!17
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(13件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定