ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > ささっと立体顔に! 大人のシェーディング・ハイライトのお作法

ささっと立体顔に! 大人のシェーディング・ハイライトのお作法

2

2018年07月25日 19:02  ごきげん手帖

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

連日続く厳しい暑さ。髪をアップにしたいけれど、顔の丸さが気になる……。そんな時に頼りたいのが、シェーディングとハイライト! 


ささっと入れるだけで立体感も小顔も手に入れられるので、メリハリ顔を目指すためには必ず入れたいところ。しかし、小顔になりたいあまり入れすぎてしまうと、不自然な仕上がりに。



アラサー世代は、控えめのシェーディング・ハイライトでナチュラルな小顔に仕上げるのが◎! 今回は、そのメイクテクニックをご紹介したいと思います。



小顔に導くために!シェーディングはここに入れて


もたついたフェイスラインをキュッと引き上げ、ポニーテールも怖くない小顔に見せるためにシェーディングを入れたいのは、耳前からあごにかけてのフェイスラインの骨に沿ったところ。



ここに影ができることによって、フェイスラインが引き締まり小顔に見えるだけでなく、立体感が強調されるためより洗練された印象になります。


大人女子にぜひとも選んでいただきたいシェーディングアイテムは、シェーディングパウダーではなくいつものファンデーションよりも2トーンほど暗い色。


THEブラウン、というよりは肌色になじみやすいため、とっても自然に仕上がりますよ。


また、ブラウンカラーでノンパールのチークを選ぶのもおすすめ。より自然に肌になじみます。


シェーディングを入れる際の注意点


シェーディングをぼかさずにそのままにしておくと、フェイスラインは顔の側面でもあるため、横から見た時に不自然な印象に……。
せっかくのアップスタイルもキマりません。



シェーディングを入れたら必ずブラシを顎の裏まで動かし、首とのつながりをつくりつつぼかしましょう。このひと手間が自然に小顔を手に入れるコツです。


さらに立体感をプラスするためのハイライトはここに入れて!


ハイライトは肌にツヤをプラスするだけでなく、立体感を出してくれる役割も持っています。



鼻根、目頭、頬骨、顎、唇の上にハイライトをのせると、より立体感のある小顔に見えますよ。


大人女子のためのハイライトアイテムは、ギラギラのラメではなくツヤっと上品な輝きを持つパールがおすすめです。


ハイライトを入れる際の注意点


ハイライトといえば、鼻筋や目の周りのCゾーンなど“面”で入れるものと思われがち。しかしそれでは逆に明るすぎて老けた印象に。
何事も適度が一番! 潔く点で入れるようにしましょう。


大人のためのシェーディング・ハイライトは、入れる位置とぼかして肌になじませることが大切です。入れるだけで、キュッと小顔に見えるのでぜひお試しあれ!


ライタープロフィール


美容ライター・剱持百香


外見だけでなく内側からも美しくなりたいという想いを抱き、日本化粧品検定をはじめとする美容資格を取得。 コスメ、スキンケアの最新情報や『紫外線マスター』として徹底的なUV対策・美白ケアの重要性を発信中。



【あわせて読みたい】
▽小顔に見えるメイクテクをチェック!
小顔メイクの名脇役!立体フェイスをつくる #プレミアムコスメ・顔型別にアドバイス!陰影で叶える小顔メイクの基本・【#美金 vol.44】見た目マイナス3キロ!?小顔美人になれるコントゥアリングメイク・メイクの仕上げにやってみて!引き締め小顔シェーディング


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
・斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
・メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
・美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定