ホーム > mixiニュース > 海外 > トランプ、ロシア疑惑「捜査終了」要求でついに墓穴?──司法妨害

トランプ、ロシア疑惑「捜査終了」要求でついに墓穴?──司法妨害

1

2018年08月02日 13:52  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<司法長官に対してロシア疑惑の捜査の即時終了を求めたトランプのツイートは大統領弾劾の根拠にもなる「司法妨害」ではないか?>


ドナルド・トランプ米大統領は8月1日、ジェフ・セッションズ司法長官に対して、ロバート・ムラー特別検察官が進めるロシア疑惑の捜査を終わらせるよう求めるツイートを投稿した。トランプはこれまでムラーの捜査に不満は言っても、やめさせろとはっきり意思表示をしたのは初めて。これは明らかに大統領による司法妨害だ、という批判の声が上がっているが、この問題をめぐる法律の専門家たちの意見は割れている。


トランプは5回に分けて投稿したツイートの中で改めて、捜査を終わらせるよう強く要求。しかも今回は初めて、セッションズが手を下すべきだと明言した。


「ひどい状況だ。この問題がこれ以上わが国を傷つけることがないように、ジェフ・セッションズ司法長官は今すぐこの仕組まれた魔女狩りをやめさせるべきだ」とツイート。さらに「ボブ・ムラーは完全に利益相反の状態にあり、彼の汚れ仕事をしている17人の民主党員はアメリカの恥だ!」と続けた。


..This is a terrible situation and Attorney General Jeff Sessions should stop this Rigged Witch Hunt right now, before it continues to stain our country any further. Bob Mueller is totally conflicted, and his 17 Angry Democrats that are doing his dirty work are a disgrace to USA!— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) 2018年8月1日


米報道によると、トランプの「ツイートの嵐」に火をつけたのは、8月1日の朝、側近の一人からムラーがトランプとのインタビューをセッティングしたがっている、と聞いたことだという。何か後ろめたいことがある人のような態度だ。


報道によればムラーは、トランプの過去の複数のツイートについて、司法妨害に当たるかどうか検証を行っている。だが国家安全保障問題を扱う弁護士ブラッドリー・モスは本誌に対して、一連の投稿が司法妨害に当たるとして大統領を起訴すれば、合衆国憲法で定められている大統領の権限と司法省の権限のどちらが優先されるのかという、誰も正確に答えることができない「難解な問題」に発展してしまうと語った。


元選対本部長の公判開始が影響か


モスは、大統領の権限についてそのようなチェックを伴う「明確な前例はない」と指摘。「仮に下院で弾劾条項が可決されて上院に送られることがあれば」、トランプがツイートやその他の方法で司法妨害をした可能性についてのいかなる議論も結局のところは「政治的思惑が絡むもの」になると語った。


ロシア疑惑をめぐっては7月31日から、2016年の大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めたポール・マナフォートの公判が始まっている。15カ月前に始まった一連の捜査にまつわる初の裁判だ。モスはこの裁判をはじめ、トランプの元個人弁護士マイケル・コーエンが刑事捜査の対象になっていることや、大統領の一族が経営するトランプ・オーガニゼーションのアレン・ワイセルバーグ最高財務責任者に対して7月末に召喚状が出されたことも、全て「トランプの心に重くのしかかっている」と示唆した。


「ムラー特別検察官(およびコーエンに対する捜査などを行っている連邦検察官たち)は、実際に何があったのか(あるいはなかったのか)についての真実に近づきつつある」とモスは語った。


だが元連邦検察官のレナート・マリオッティは、セッションズに言及した今回のツイートは、トランプが司法妨害を試みたとムラーが判断する材料の一つになるだろうという見解を示した。


「トランプやその友人に対する捜査の中止を司法長官に指示するこのようなツイートは、ムラーがトランプの司法妨害を結論づける多くの理由の一つになるだろう」とマリオッティはツイートしている。


マリオッティはまた別のツイートで、トランプは実際、選挙に勝利するためにロシアと共謀することは違法だと認めていると指摘した。1日にも、ロシアと結託したのは自分の陣営ではなくヒラリー・クリントン陣営だと主張している。


「トランプは、対立候補を貶めるためにロシアと共謀することは犯罪だと認めているようだ。私がムラーなら、このツイートを保存しておく」


トランプの現在の顧問弁護士の一人であるルディ・ジュリアーニは、トランプはセッションズに対してムラーの解任や捜査の中止を「明確に指示した」訳ではないとしている。


「大統領がツイートで述べているのは個人的な意見だということは、十分に認識されていると思う」と、ジュリアーニは1日付のワシントン・ポスト紙に語った。「大統領は慎重に『〜すべき』という言葉を使っている(『しなければならない』とは言っていない)」


(翻訳:森美歩)




グレッグ・プライス


このニュースに関するつぶやき

  • トランプはアメリカの大統領です。こんな人間が大統領をやっている国は信頼できない。トランプをアメリカの大統領にしたロシアの作戦は大成功です。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定