ホーム > mixiニュース > 海外 > ショウガの辛み成分には口臭を消す力があった

ショウガの辛み成分には口臭を消す力があった

0

2018年08月02日 19:22  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<厄介な口臭を数秒で退治する特効薬はすぐそこ>


口臭が気になるなら、ショウガの辛み成分が悩みを解決してくれそうだ。


ギンゲロールというその辛み成分は、唾液の中の酵素を活性化してニオイの元を分解、息をさわやかにしてくれる、というのだ。米農業・食品化学ジャーナルに論文が掲載された。


独ミュンヘン工科大学ライプニッツ食品システム生物学研究所の研究チームは、唾液の成分に食品の成分がどんな影響を及ぼすかを調べた。


食品に含まれる多くの成分は、そのまま食品や飲み物の味を構成している。ギンゲロールもその一つ。


臭い消し酵素が16倍に


実験では、人間の唾液にギンゲロールを加えてみた。すると「スルフヒドリル酸化酵素」という酵素がわずか数秒で16倍に増えた。これは、硫黄を含んだ嫌な臭いの元を分解してくれる酵素なのだ。コーヒーのように長時間口の中に残る後味を減らし、息をきれいにしてくれる効果もある。


この発見は、新しいブレスケア製品開発につながりそうだと研究チームは言う。


ミュンヘン工科大学の食品化学分子感覚科学部長で論文主筆のトマス・ホフマンは、食品の成分が唾液や味覚に及ぼす複雑な相互作用や、その生化学的プロセスについては、まだまだ研究の余地があると述べている。


ギンゲロールはショウガの主要成分のなかでも薬理学的に活発な成分の一つ。抗ガン作用、抗炎症作用、抗酸化作用など、健康にさまざまな効果があることで知られている。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!


気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを


ウイークデーの朝にお届けします。


ご登録(無料)はこちらから=>>



アリストス・ゲオルグ


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定