ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 紫外線対策にはポリフェノール!プロが教える効率の良い摂り方

紫外線対策にはポリフェノール!プロが教える効率の良い摂り方

0

2018年08月15日 19:02  ごきげん手帖

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

紫外線は1年中降り注いでいるといわれますが、やはり気になるのはこの時期ですよね。柔らかな美白肌を保つためにも、気になる紫外線を内側からもしっかりとケアしたいところ。

そこで今回は、編集部がネスレ日本主催のイベントに潜入し、美肌の専門家である神戸大学医学部 名誉教授の市橋正光教授による美容セミナーで分かった紫外線にまつわる耳寄りな情報をお届けします。ポリフェノールがカギを握るようですよ。




今さら聞けない!紫外線ってどうして肌になぜ悪いの?



肌の紫外線対策に詳しい市橋教授は、まず基本中の基本である、紫外線が肌に悪い理由を次のように話します。


「紫外線(UV)には、2種類あり、それぞれ肌に悪い理由が異なります」


UVA…活性酸素を発生させる、肌深くまで届く波長


肌細胞へダメージを与え、シミ・シワの原因に!


UVB…日焼けで赤くなる、皮膚表面に届く波長


UVAより強いエネルギーを持ち、浴びると肌表面に影響を与え、火傷のように赤くなったりする。色素沈着やシミ・ソバカスの原因に!

ちゃんとできてる?UVA対策チェックリスト


UVAもUVBもどちらも肌にとって害のある波長。でも、やっぱり気になるのがシミやシワの原因になるUVA。市橋教授によると、UVAは曇りの日や雨の日でも地表に降り注いでいることから、年間を通して肌ダメージの原因になりやすいことから、注意が必要だと言います。


□曇りの日には、UVケアを怠りがちだ
□外出時のUVケアは欠かさないが、室内ではそうでもない
□サンスクリーン(化粧品)はSPF表示で選ぶ
□食べ物とシミは、特に関係がないと思っている


もしこれらに1つでも当てはまるなら、肌のシミの拡がりに要注意だそう!


UVAケア方法は?


では、具体的にはどうすればUVAケアができるのでしょうか。市橋教授によると、UVAは窓ガラスを通過して室内で反射するため、注意が必要だそうです。



・日中に窓のブラインドを下ろし、室内に到達するUVAを遮断する。
・室内での反射に配慮した衣服を身につける。
・「食べる」サンスクリーン対策を実施する。


市橋教授によると、食べるサンクリーンとは次の食べ物だと言います。


「活性酸素と戦う力が強いといわれる、下記のような抗酸化物質は、さまざまな食材から摂取することができます。抗酸化食品に配慮したバランスの良い食生活を心がけましょう」


抗酸化作用の高い食べるサンスクリーン


・カシス・ベリー(アントシアニン)
・トマト(リコピン)
・オリーブオイル(オレウロペイン)
・サーモン(アスタキサンチン)
・緑茶(茶カテキン)
・コーヒー(クロロゲン酸類)
※かっこ内は、その食品に含まれる抗酸化物質の名称。


ポリフェノールと美肌はどう関係している?



市橋教授によると、アントシアニン、オレウロペイン、茶カテキン、クロロゲン酸類は、ポリフェノールの仲間だと言います。


ポリフェノールには、どのような効果が期待できるのでしょうか?



ポリフェノールは、強力な抗酸化作用で、エイジングケアなどに効果的なことが知られています。


1日の摂取量の目安は1,000〜1,500mgといわれています。例えば、コーヒー1杯(150ml)でポリフェノールが300mg摂取できます。ネスレの調査では、コーヒー1日3杯(900mg相当)のポリフェノールが光老化のシミ抑制に関連していることがわかっています。



また、他にもポリフェノールの仲間であるカシスのアントシアニンは抗酸化作用のほか、血流をよくするため目元のくまに効果的。


トマトのリコピンは活性酸素を介したキズに効く、緑茶の茶カテキンはシミの形成を防ぐなど、それぞれの成分にはさまざまな効果があるといわれています。ですから、さまざまな食品からポリフェノールを摂取すると良いでしょう



ネスカフェ原宿では、2018年8月1日〜8月24日まで、コーヒーと10種類のメニューが楽しめる「ポリフェノールの虜ブッフェ」を提供しています。実はこのメニュー、市橋教授が監修をしたのだそう!





ポリフェノールが満載の彩り野菜のサラダ、サラダパスタ、冷静ガスパチョスープ、プチトマトのオーブン焼きと野菜マリネ、ローストビーフ ベリーソースがけ、カシスのムースとエスプーマなどが勢ぞろい。原宿へお出かけをする際には、立ち寄って食べるUVケアを始めてみましょう。



【Inforamtion】
ネスカフェ ビューティワークカフェ
メニュー名:「ポリフェノールの虜ブッフェ」1,800円(税込)
期間:2018年8月1日(水)〜8月24日(金) 11時〜21時(ラストオーダー20時)
場所:ネスカフェ 原宿内


(LBR編集部)



【あわせて読みたい】▽美肌になるためのケア方法をもっと見る
美肌への近道は“角質ケア”にあり!美容家・深澤亜希さんに聞くスキンケア術
・食事で美肌はつくれる?肌悩み別のおすすめ食材
・食べてシミ予防を。これからの季節に食べるべき美肌食材
・プロが伝授!美肌になるためのスキンケア基本


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】・シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選・たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法・お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ・たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ



【参考】
※ネスカフェ 原宿内


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定