ホーム > mixiニュース > 海外 > 米eスポーツ大会での銃乱射、ゲームで負けたことが動機か

米eスポーツ大会での銃乱射、ゲームで負けたことが動機か

1

2018年08月27日 14:32  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<アメリカで今年232件目となる銃乱射事件がフロリダ州で発生。些細な動機でも実行できるなら、あとどれだけ増えるかわからない>


米南部フロリダ州ジャクソンビルで8月26日、eスポーツのトーナメントが行われていたバーで銃乱射事件が発生し、2人が死亡、11人が負傷した。


地元警察は記者会見を開き、容疑者は現場で死んだ白人の男でだと明らかにした。自殺とみられる。


その後の警察の調べで、男は米東部メリーランド州ボルティモアから来たデービッド・カッツ(24)と特定された。単独犯で、少なくとも拳銃1丁を使って犯行に及んだと言う。


米報道によると、容疑者はeスポーツの大会に出場して負けたことがある。それが乱射の動機である可能性もある。


大会がリアルタイムで配信していた試合映像に、銃声が記録された


負傷者はジャクソンビルにある複数の病院に搬送された。


ジャクソンビルにあるメモリアル病院の広報担当者は本誌の取材に対し、搬送された3人の容体は安定している、と言った。


病院に搬送された9人の生存者以外にも2人が負傷したが、事件現場から自力で脱出した、とマイク・ウィリアムズ保安官は記者会見で語った。負傷した11人全員の容体は安定していると言う。


ドナルド・トランプ米大統領は事件について報告を受けており、状況を見守っている、とホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は言った。


銃弾が親指に


警察は負傷者全員を現場から避難させ、目撃者に聞き取り調査を行っている。保安官は市民に対し、事件の様子が映った動画を提供するよう求めている。


乱射事件が起きたのは、ジャクソンビルのダウンタウンにある複合商業施設「ランディング」にある「GLHFゲームバー」。米ゲーム会社「エレクトニック・アーツ」(EA)とNFLが共催するアメリカンフットボールのeスポーツイベント、「マッデン NFL 2019」のトーナメントが開かれていた。奇しくも銃乱射の様子は、ゲーム動画をネット配信するサイト、Twitch(ツイッチ)で中継された。映像の音声から、銃声が響き、悲鳴も上がっているのが分かる。


その日、トーナメントにメンバー1人が参加していたプロのeスポーツチーム、「CompLexity」のジェーソン・レイクCEOは、本誌にこう語った。「今回の事件に大変ショックを受け、悲しんでいる。われわれの選手であるドリニ(ジョカ)は親指を撃たれたが、大丈夫だ。彼は何とか脱出して通りに飛び出し、近くのジムに駆け込んだ」


「本当に不幸中の幸いだった。銃弾が当たったのが親指だった」、とジョカはツイッターに投稿した。「もう二度と、何でも当たり前と思わない。人生が一瞬で終わることもあるのだから」


アメリカの今年の銃乱射事件は、これで232件目となった。


(翻訳:河原里香)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!


気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを


ウイークデーの朝にお届けします。


ご登録(無料)はこちらから=>>



ニコール・グッドカインド


このニュースに関するつぶやき

  • 「アメリカで今年232件目となる銃乱射事件」 まだ夏の時点でそれってほぼ毎日アメリカで銃乱射事件が起きているって事か… アメリカンの銃規制の態度は理解し難い������
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定