後藤真希×加護亜依×鈴木愛理 ハロコン舞台裏3ショットに「戦闘力やばい!」の声

2

2018年08月28日 10:32  Techinsight Japan

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真後藤真希・加護亜依・鈴木愛理(画像は『鈴木愛理 2018年8月27日付Instagram「8月25日。ハロコンにOGゲストとして参加してきました」』のスクリーンショット)
後藤真希・加護亜依・鈴木愛理(画像は『鈴木愛理 2018年8月27日付Instagram「8月25日。ハロコンにOGゲストとして参加してきました」』のスクリーンショット)
8月25日、中野サンプラザで15時から行われた『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 SUMMER 〜ALL FOR ONE〜』に元モーニング娘。の後藤真希と加護亜依、元℃−uteの鈴木愛理がゲスト出演した。憧れの先輩と共演した鈴木が、8月27日にインスタで公演を振り返っている。

後藤真希がモーニング娘。に3期メンバーとして加入したのは1999年8月のことだ。加護亜依は2000年3月、「モーニング娘。第3回追加オーディション」に合格すると、後藤が彼女の“教育係”を務めた。

鈴木愛理は「ハロー!プロジェクト・キッズ オーディション」を受けて2002年6月30日に8歳で合格、翌年に新ユニット「あぁ!」のメンバーに選出された後、2005年6月11日に℃-uteが結成される。

今でも“憧れのモーニング娘。”である2人を、リハーサルから目に焼き付けたという鈴木。「スターってこういうことだよね。オーラってこのことだよね。ステージ上での、無言でも伝わって来る説得力と立ち姿に、時間が経った今、改めて憧れを抱きました」と感激していた。

一方、後藤真希はオフィシャルブログで「ハロプロライブ」に触れている。彼女はソロ7枚目シングル『スクランブル』(2003年6月)と8枚目シングル『抱いてよ! PLEASE GO ON』(2003年8月)の2曲を歌ったが、「現役の子達との絡みも欲しくて」交渉してもらい『抱いてよ! PLEASE GO ON』は現役メンバーがバックダンサーを務めた。

その際に「私の曲を一緒にやるって事だから、少なからずメンバーみんなに振りの想いやテクニックを簡単に伝えさせてもらいました」というから、後輩たちには良い経験になっただろう。

ステージを終えた後藤は「あいぼんとあいりと写メパシャパシャ撮ってもらったよ〜!」「袖で見てくれてたあいりが後藤さんカッコ良かったです!って褒めてくれたよ。可愛い後輩だぁぁ!!」喜んでおり、3人の絆も深まったようだ。

鈴木愛理がインスタに公開したそんな3人が並ぶ姿に、フォロワーから「この写真めっちゃっくっちゃ好き!!! 戦闘力やばい! 笑 ハロプロのみんなもあいりちゃんのこと見てオーラ感じてると思うよ ハロプロみたいな偉大な歴史があるって素敵なことだよね」とコメントが寄せられている。

画像は『鈴木愛理 2018年8月27日付Instagram「8月25日。ハロコンにOGゲストとして参加してきました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)
    ニュース設定