ホーム > mixiニュース > 海外 > パリ、トロントに誕生、シリコン売春宿は社会の味方?

パリ、トロントに誕生、シリコン売春宿は社会の味方?

5

2018年08月28日 16:22  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<本物の売春宿なら間違いなく違法だが、店主に言わせれば「これはゲームセンター」。性暴力を減らす効果もあると言うのだが>


カナダのトロントと言えば、有名な国際映画祭や、同市出身のラッパー、ドレイクなどが思い浮かぶだろう。しかし9月からは、別のことでもっと有名になりそうだ。「セックスドール相手の売春宿」である。


「オーラ・ドールズ(Aura Dolls)」は公式ウェブサイトで、「世界一のシリコン美女がセックスサービスを提供する、北米初の『売春宿』」だと謳っている。ただし、同種のサービスを提供するライバル店はツイッターで異議を唱えている。


オーラ・ドールズでは、人間そっくりのさまざまなシリコン製ドールを「完全消毒」の上提供する予定。価格設定も幅広く、1体30分の場合は80カナダドル(1カナダドルは約86円)、2体4時間の場合は960カナダドルとなっている。「当店の各種ドールを見て、理想の女性をお選びください」とサイトにはある。


店は9月上旬にオープンする予定だ。風俗店に営業許可を出すのはトロント市だが、地元ニュースメディアのシティニュースによれば、本物の売春宿は違法。「トロント市内に新規店舗が開業する場合は、市の条例と照らし合わせて対応する」と、トロント市の担当者トレーシー・クックは言う。


オーラ・ドールズのマーケティング・ディレクター、クレア・リーは、同店のサービスは匿名で受けられるようになる予定。他の利用客と出くわす心配もないだろうと言う。「スタッフは置かず、カメラだけを設置する。前払い制で、部屋に入って好きなように時間を過ごし、退室するだけだ」


ファンタジーを叶える場所


セックスドールを使った売春宿は最近、ヨーロッパでも議論になっている。フランスのパリでは2018年3月、同市初のセックスドール売春宿「エックスドールズ(Xdolls)」に閉店を求める運動が起きた。フランスでも売春宿は違法だが、同店の経営者はエックスドールズを「ゲームセンター」と称している。しかし反対派は、同店を売春宿とみなし、閉店させるべきだと主張している。


共産党系会派の国会議員二コラ・ボネウラジとエルベ・ベゲは、セックスドールの売春など「女性と男性の関係から人間性を奪う行為だ」と憤った。


反売春を訴える団体ニドのロレーヌ・ケスティオーも同様に、エックスドールズは「女性レイプを模したやりかたで金儲けをする場所だ」と批判した。「フランスでは毎年、8万6000人もの女性がレイプ被害に遭っているというのに」


一方、オーラ・ドールズのリーは、ドールは誰も気づ付けずに男性がファンタジーを実現する機会を与えるものだと言う。「このサービスを始めるにあたって私たちが注目しているのは、野蛮で暴力的な空想を抱く男性でも、ドールが相手なら暴力をふるわずに済むということだ」


とはいえ、セックスドールがそうした攻撃性の安全なはけ口であることを示す証拠はない、という指摘もある。豪ニューカッスル大学で犯罪と法医学を研究するザンシー・マレットは6月、そういったドールは女性や子どもを性暴力から守るよりもむしろ、性犯罪者や小児愛者を刺激してしまう可能性があると主張した。


オーラ・ドールズ開店というニュースに、ネット上では意見が分かれている。ツイッターでは称賛の声がある一方、不快感をあらわにするユーザーもいる。あるトロント市民は、「別にいいじゃないか。セックス相手がいないとか、タブーに挑戦してみたいとか、浮気をしたくない男性のためにちょうどいい」とコメントした。しかしほかのユーザーは、トロント市長に対してこう疑問を呈した。「どうしてこんなものを許可するんだ?」 


(翻訳:ガリレオ)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!


気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを


ウイークデーの朝にお届けします。


ご登録(無料)はこちらから=>>




キャサリン・ハイネット


このニュースに関するつぶやき

  • 「2体4時間の場合は960カナダドル」←人形相手に3Pするのか・・・(困惑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 誰が使ったかもわからないもの嫌じゃない?自分専用の買いなよww 実家だと買えないとかなのかな?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定