ホーム > mixiニュース > コラム > 丼じゃなくて「おかずのせご飯」が地方B級グルメとしてウケる訳

丼じゃなくて「おかずのせご飯」が地方B級グルメとしてウケる訳

2

2018年08月28日 17:01  まぐまぐニュース!

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まぐまぐニュース!

写真写真

今やすっかり消費者の意識の中に定着した観のあるB級グルメ。日本全国津々浦々、様々なB級グルメが存在しますが、そこに繁盛のヒントが隠れているとするのは、無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』の著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさん。中でも、「B級オン・ザ・ライス」に注目しているそうですが、一体なぜ?

日本全国、B級オン・ザ・ライスが熱い! その理由は?

全国各地に、不思議な魅力を持った“オン・ザ・ライスメニューが存在します。地元の人びとが愛してやまない、ワンプレート料理です。“オン・ザ・ライス”、すなわち、ご飯の上におかずをのせてしまう。丼物もそうですが、ここでご紹介するメニューは、すべてが1つの皿にのっています。

まずは、北海道根室市のエスカロップ』。ケチャップライスもしくはバターライスの上に、ポークカツレツをのせて、ドミグラスソースをかけたもの。ケチャップの方を「赤エスカ」、バターライスの方を「白エスカ」と呼びます。名前の由来は諸説がありますが、一般的にはフランス語の「エスカロープ(escalope・肉の薄切り)」とされています。

同じく、北海道根室市のオリエンタルライス』。ドライカレー風のご飯に、焼いた牛サガリ肉(横隔膜の一部)をのせ、ステーキソースをかけたもの。名前の由来は定かではなく、同様の料理が各地に存在しています。

石川県金沢市のハントンライス』。ケチャップで味つけしたバターライスの上に、半熟薄焼き玉子、白身魚のフライをのせ、タルタルソースをかけたもの。白身魚はエビフライの場合もあり、ソースにもバリエーションがあります。名前の由来は、「ハンガリーの“ハン”とフランス語でマグロを意味する“トン”を合わせた造語である」と言われていますが、ちょっと納得し難いですね。

福井県越前市のボルガライス』。オムライスの上に豚カツをのせ、各店独自のソースをかけたもの。名前の由来は、イタリアのボルガーナ村で食べられていた料理に似ているという説をはじめ、さまざまあり、定かではありません。

兵庫県加古川市のかつめし』。ご飯の上にビフカツもしくは豚カツをのせ、ドミグラスソースをかけたもので、ゆでたキャベツが添えられています。名前の由来は、説明不要ですね。

佐賀県佐賀市のシシリアンライス』。ご飯の上に、甘辛いタレで炒めた薄切り牛肉をのせ、レタス、トマト、キュウリなどの生野菜を盛りつけ、上からマヨネーズをかけたもの。名前の由来は、佐賀の隣の長崎に「トルコライス」という料理があるのですが、それに対抗するために名づけられたという説があります。「トルコ」の隣には「シリア」があり、長崎と佐賀が隣であることから、長崎のトルコライスに対抗して、隣のシリアから命名したのではないか、とされています。

長崎県長崎市のトルコライス』。ピラフの上に、ドミグラスソースのかかった豚カツとパスタ(ナポリタン)をのせたもの。名前の由来は、トルコ料理に似たものがあるという説やピラフ・豚カツ・ナポリタンの3種類を、3色のトリコロールカラーに重ね合わせたという説などがあります。

私が調べたのはこれくらいですが、どれもこれも美味しそうです。じっくり、ガッツリと味わってみたいものです。ご飯におかずをのせたものはなぜか人びとを魅了するようです。

では、なぜこうした“オン・ザ・ライス”メニューが、ご当地B級グルメとして、地元の人びとに愛されているのでしょうか。その理由は、まず丼物との違いを考えればわかります。

丼物は、狭い空間に押し込められ、“小さな世界をカタチづくっています。食べる時も丼の領空内で収まるように、注意しながら食べなければなりません。

その点、皿にのった“オン・ザ・ライスの領空はかなり広いと言えます。ポロッと落としても、気遣いがいりません。のびのびと食べることができます。気を遣わない分、食べることに集中できます。

“集中”という点では、丼物もガツガツと集中できるのですが、“小さな世界”に浸っているせいか、一所懸命過ぎて、味を楽しむ余裕がありません。とにかくすばやく口に放り込むのです。

“オン・ザ・ライス”は、皿の風景を眺めながら次はどこから食べようかと迷う楽しみがあります。美味しさを一気に流し込むか、ひとつひとつの具材の味を噛み締めながら、ゆったりと味わうか、の違いがあります。あくまで私の主観なのですが、これが丼物と“オン・ザ・ライス”の違いだと考えています。どちらが良いとか悪いとかではありません。まったく好みの問題です。

で、どちらがB級グルメとして、“らしさ”を持っているでしょうか。丼物は、高度成長期の流れで、ササッと掻き込み、すばやく食べられることが前提で生まれたのではないでしょうか。忙しい日常の中で、食べることに時間を割いていられない人が食べるものなのです。つまり、現代社会においては、都会的な食べ物なのです。

“オン・ザ・ライス”は、皿にのっているので、必然的に急いで食べることができません。フォーク、ナイフ、スプーンなどを使うため、掻き込むこともできません。つまり、時間に余裕のある人でないと食べられないのです。ゆったりと時間の流れる地方向きだと言えます。なので、地方に“オン・ザ・ライス”メニューが多いのではないでしょうか。日常の食事をゆっくりと楽しみたいと願い、またそれが比較的許される地方に、“オン・ザ・ライス”が生まれたように思います。

都会の飲食店にも同様のメニューはあるでしょうが、地域全体に広がり、“B級グルメ”として認知されているものは少ないのでは。

まだまだ全国各地に、“オン・ザ・ライス”はあるでしょう。地元で愛されるご当地B級グルメをもっともっと掘り起こしてみれば、そこに繁盛メニューのヒントがあるのではないでしょうか。

image by: Flickr

MAG2 NEWS

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定