ホーム > mixiニュース > コラム > インスタで話題! 心がほっこり「猫との暮らし」つづるイラストエッセイ

インスタで話題! 心がほっこり「猫との暮らし」つづるイラストエッセイ

1

2018年08月29日 18:32  新刊JP

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

新刊JP

写真『猫がいるしあわせ』(アチーブメント出版刊)
『猫がいるしあわせ』(アチーブメント出版刊)
愛猫が天に召されて以来、意気消沈の日々を送っていた。
「もう二度、動物と暮らすことはない」――そう思っていたのに、不思議なめぐり合わせから、3匹の猫と暮らすことに。

「猫がいるしあわせを改めて感じている」

そう語るのが、猫との暮らしをほのぼのとしたテイストでつづり、Instagramで話題沸騰の駒猫さんです。

その生活の主役は3匹の猫。

「駒」は3歳の女の子。3匹の猫の中では一番のお姉さんで、その自覚があるのか遠慮がちで、みんながいないところで甘えたがります。スーパーの袋の中にすっぽり入るのが好き。

「べロアちゃん」(ベーちゃん)は1歳の女の子で好奇心旺盛。チロッと舌を出すのが特徴で、あっかんべーをしているように見えるため、「べーちゃん」と名付けられています。

「わび助」は2歳の男の子で、頭がいい頭脳派。体は大きくて面白い行動をすることも。外の世界を見るのが大好きなのだそう。

そんな3匹との生活を一冊の本に収めたのが『猫がいるしあわせ』(アチーブメント出版刊)です。心が温まる23の物語が収録されており、発売から1ヶ月足らずですでに重版が決まる人気ぶりです。

さて、その23の物語の中には数ページにわたって続く長編のストーリーがあります。その一つが「ベーちゃん大脱走28時間」です。

これは、末っ子のベーちゃんの28時間にわたる大脱走と、ベーちゃんを心配して探す飼い主を描いた、ちょっとスリリングな物語。

ベーちゃんがちょっとした隙に家を飛び出したのは深夜23時。「すぐに見つかるだろう」と考えていた駒猫さんでしたが、いくら探しても姿を現しません。翌日も朝早くから近所を探しまわり、狭い場所をのぞきこみ、名前を呼び続けます。草木が覆い茂っている所にも踏み入れた駒猫さんの足には、普段「バカ」と呼ぶ植物の種がいっぱい付いていました。


一向に手掛かりはなく、落ち込む駒猫さん。もしかしたら、という思いで家の周りにトイレの砂をまき、玄関先にご飯と毛布が入ったキャリーケースを置き、玄関のドアを少し開けたまま寝ようとすると――深夜3時、リビングのドアを開けるとベーちゃんの姿があったのです。
家族全員、そして他の2匹の猫も大喜び。ベーちゃんは背中に「バカ」をたくさんつけながら、「とても楽しかったよ」といわんばかりに生き生きとした表情。「どんな冒険だったんだろうか」と想いを巡らせる駒猫さんなのでした。


こんなトラブルもありながらも、3匹は毎日健やかに楽しく、駒猫さんのもとで暮らしています。その日々を通して、猫がすぐ側にいる生活の豊かさを教えてくれます。

また、本書はイラストだけでなく、3匹の猫の写真も掲載。豊かな表情を見せてくれています。夏バテでなかなか調子が上がらないこの季節、個性豊かな3匹から元気を分けてもらってはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • こういうのいいなぁぁ(>w<)
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定