ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「りぼん」のフェミニズムマンガ『さよならミニスカート』が話題! 主人公はファンに切りつけられた元アイドル

「りぼん」のフェミニズムマンガ『さよならミニスカート』が話題! 主人公はファンに切りつけられた元アイドル

5

2018年08月31日 15:21  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真公式HPより
公式HPより

「りぼん」(集英社)2018年9月号から始まった牧野あおいによる新連載『さよならミニスカート』が話題を呼んでいる。まだ、1話がはじまったばかりだが、ツイッターにはこんな声が広がっているのだ。



〈さよならミニスカートをちらっと読んだけど面白かった‥す、すごい、、、りぼん、、、〉

〈1話の時点で自分自身の価値とは何なのかに示唆を与えてくる凄さに感嘆した。しかもこれをりぼんで連載するという大胆さ。応援していきます〉



 読者だけではない。「りぼん」編集部の意気込みも尋常ではない。『さよならミニスカート』の連載を始めるにあたり、「りぼん」の相田聡一編集長はホームページ上にこんな紹介文を載せた。



〈このまんがに関しては、何があろうと、読者のみなさんに面白さが伝わるまで、連載をし続けていきます。それくらいの覚悟を示せるまんがと出会ってしまったのです。〉



 さっそく1話を読んでみたが、たしかにすごかった。まず、驚いたのは少女マンガの王道である「りぼん」連載作品としては、これまで読んだことのないフェミニズム的視点を含んだ内容だったことだ。



 主人公は高校1年生の神山仁那。神山は髪を男のようにも見えるショートカットで、制服もスカートではなく、スラックスを着ている(現在、制服を採用している学校で、女子はスカートかスラックスどちらも着用化とする学校が増えており、この学校もそうだと思われる)。見た目はほとんど男の子で周囲の生徒からは変わり者として見られているが、彼女には隠された過去があった。



 彼女は半年前まで「地球最後のミニスカートアイドル」というキャッチフレーズで人気の5人組アイドルグループ・PURE CLUBで不動のセンターポジションを張るメンバー雨宮花恋として活動していたが、握手会の最中にファンから刃物で切りつけられ、おそらくはそれが原因でグループを離れたという過去をもっているのだ。



 このあたり、2014年に起きた入山杏奈と川栄李奈のAKB48握手会傷害事件や、昨年に欅坂46の平手友梨奈を狙って起きた傷害未遂事件を想起せずにはいられないが、神山がスラックスをはき、髪を短くしているのは、この体験がきっかけのようだ。元アイドルという正体を隠すため、さらに事件がトラウマになり、社会が一方的に求めてきた性的な存在としての「女性」のあり方に嫌悪を感じているようにも思われる。



 一方、物語のなかで神山と180度真逆の存在として描かれるのが、クラスメイトの長栖美玖。彼女は色白でスタイルも抜群。そのプロポーションを活かしたオシャレを楽しむためスカートもミニ丈で学校に通っている。女子内でのスクールカーストは最上位で、男子からも憧れの存在である。



 そんな長栖にとって毎日ズボンを履いている神山のファッションは理解不能で、あるとき「どうしてスカート履かないの? 神山さんって実はスタイルいいよね!? もったいないよ」と話しかける。これに対して、「自分にはそれ以外無いってこと?」と皮肉を返す神山。



 ところが、そんなときに長栖が変質者に襲われるという事件が起きる。太ももを触られるという"程度で済んだ"と教師は説明するが、それでも痴漢被害を受けたという事実は変わらない。



 しかし、クラスの男子の口から飛び出した言葉は、ありえないくらい無神経なものだった。



●第1話では性的被害にあった女子が受ける理不尽な視線への批判が...



「いやーあんな短いスカート触りたくもなるだろ」

「結局さぁー男に媚び売るために履いてんだろ? スカートなんかさー 説得力無ェんだよ そんなの触られて当たり前」



 これを聞いて神山は激怒。男子のうちのひとりに詰め寄り、ネクタイを引っ張り上げながら、憤怒に燃えた冷たい表情でこう言い放つ。



「スカートはあんたらみたいな男のために履いてんじゃねえよ」



 ところが、被害者である長栖は、まったく逆の行動をとる。男子生徒の手を握りながら「ホントに恐かったんだからぁ〜っ 今度そういう事言ったらおこるよっ」と笑顔で語りかけ、周囲にも努めて明るい表情で「もーっみんな大げさっ! たかが太ももだよぉ!?」と愛想を振りまいたのだ。



 そして、対照的な二人を見ていた男子からは「さっすが美玖ちゃん優しーっ どっかの男女さんとは大違いっスわ やっぱモテるのはあーいう子だよなーっ」という声が上がる。



 このシーンは、日本の女性がいま、おかれている状況を象徴しているといっていいだろう。セクハラや痴漢などにあった女性は被害者であるはずなのに、その被害を告発すると、とたんに日頃のおこないや服装をあげつらわれ、「そんな格好をしているからだ」「そんな夜に出かけるからだ」など攻撃を受ける。そして、セクハラや痴漢を受け流して、やり過ごすことのできる女性が「できる女」「性格のいい子」としてもてはやされる。



 しかし、受け流している女性たちもけっして「たいしたことがない」と思っているわけではない。同じ怒りが渦巻いているにも関わらず、男社会のなかで生きていくにあたり、男の論理を内面化してしまったにすぎない。ある意味、ストレートに怒りを告発できる女性よりも、心の奥底ではもっと深く傷ついているケースもある。



 ところが、現実には、女性のなかで "男を告発する女"と"男に媚びる女" に二分化、"女と女の戦い"に矮小化され、分断と対立だけがどんどん進んでいっている。



『さよならミニスカート』はたった1話で、そうした女性の生きづらさをみごとに表現したのだ。



●「りぼん」編集長は「このまんがに無関係な女子はいない」と



 しかも、このマンガは、フェミニズム的な価値観を啓蒙するだけ、というような単純な作品ではない。



 前述したように、主人公の神山は、アイドルグループのセンターをつとめていたが、握手会の最中にファンから切りつけられるという過去をもっている。しかし、第1話では、その「アイドル」を、たんに男の性的欲望のはけ口ではなく、むしろ女性を性的抑圧から自由にする存在でもあることを示唆している。



 つまり、『さよならミニスカート』は、「男社会の論理に踊らされていることに気づく」だけのストーリーでなく、まさに「女子のなかで無理やり進行させられている分断」を乗り越える物語ではないのか、そういう予感がするのだ。



 前出の「りぼん」相田編集長はホームページ上にこんな言葉も載せていた。



〈このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない。今こそ、読んでください。今こそ、すべての女子に捧げたい〉



 これからどのようなかたちで物語が展開されていくのか。注目の連載である。

(編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • この記事だけでも内容の濃さがギュンギュン伝わってくる。私のイメージ通りの作品なら男性陣にも読んで頂きたい。そうだ、スカートは男の為にはいてるんじゃねぇ!着たい物着るのが悪い事なのか!
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定