ホーム > mixiニュース > コラム > 村上春樹氏受賞なるか ノーベル文学賞「代わりの賞」の候補者に意外な名前が

村上春樹氏受賞なるか ノーベル文学賞「代わりの賞」の候補者に意外な名前が

1

2018年09月12日 10:03  新刊JP

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

新刊JP

写真村上春樹氏受賞なるか ノーベル文学賞「代わりの賞」の候補者に意外な名前が
村上春樹氏受賞なるか ノーベル文学賞「代わりの賞」の候補者に意外な名前が
9月の中旬といえば、例年10月に発表されるノーベル文学賞に向けて出版業界や読書愛好家界隈がざわついてくる時期である。

「村上春樹は受賞候補に入っているのか。もし入っているのなら受賞の可能性は?」

しかし、今年に限っては事情が違う。

ノーベル文学賞の選考委員の夫で、自らも運営主体のスウェーデン・アカデミーとつながりの深かった写真家・劇作家のジャン・クロード・アルノー氏がアカデミー会員の妻や娘などに行ったセクハラが告発され、前事務局長を含む3人の会員が辞任する大問題となったことは記憶に新しい。その影響で今年はノーベル文学賞の発表は見送りに。2019年に今年の分まで一括して発表されることとなった。

■ノーベル賞の「代わりの賞」の候補に意外な名前が

ただ、毎年世界的に盛り上がりを見せている同賞。発表がないのは寂しい、と思ったのかどうかは定かではないが、今年限定で新たな文学賞が設立され、その最終候補4人の中に村上春樹氏が名を連ねている。

この賞はスウェーデンのジャーナリスト、アレクサンドラ・パスハリドゥ氏を発起人に同国の文学関係者が立ち上げたNPO「ニュー・アカデミー」が主催するもの。スウェーデンの司書らが作成したリストにある47人の候補者を、全世界3万人以上が参加した投票で村上氏を含む4人に絞り込んだ。

ところで、この賞の大きな特徴は「透明性」である。事実、候補としてノミネートされていた47名の作家の名前はすべて公開されており、ニュー・アカデミーの公式ページ上で見ることができる。これは、選考プロセスが事実上密室になっているノーベル文学賞とは対照的である。

47名の顔ぶれは豪華そのもの。
ジョイス・キャロル・オーツ、トマス・ピンチョン、イアン・マキューアン、コーマック・マッカーシー、ドン・デリーロといった作家陣は日本でも読者は多い。また、アモス・オズやグギ・ワ・ジオンゴなど、いつノーベル賞を受賞してもおかしくない作家が揃う。

そんな中異彩を放つのが、ミュージシャンとして著名なパティ・スミス氏と、イギリスの作家、J.K.ローリング氏だ。

パティ・スミス氏は詩人としての一面を持ち、歌詞の文学性も高く評価されている。2016年にノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの代役で授賞式に出席したことが記憶に新しい。J.K.ローリング氏は「ハリーポッター・シリーズ」の作者として世界的に知られている作家だが、ノーベル文学賞近しとされる作家陣の中では異色といえる。



最終選考の結果は10月12日に発表される。
最終候補に浮上した作家は、村上春樹氏を除くとマリーズ・コンデ氏(カリブ海仏領グアドループ出身)、キム・チュイ氏(ベトナム出身)、ニール・ゲイマン氏(イギリス出身)の三人。

はたして村上氏の受賞はあるのだろうか。
(新刊JP編集部山田洋介)

このニュースに関するつぶやき

  • 村上春樹ってノーベル文学賞的ではない気はするよね。読んだことないけどさ。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定