ホーム > mixiニュース > 社会 > まさかの日照不足?9月の日照時間 平年の6割 気象庁が発表

まさかの日照不足?9月の日照時間 平年の6割 気象庁が発表

1

2018年09月20日 18:11  ハザードラボ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真猛暑から一転、9月は日照不足
猛暑から一転、9月は日照不足

 記録的な猛暑続きだった今年の夏からは信じられないが、気象庁によると、東日本と西日本では9月に入ってから曇りや雨が多く、日照時間が平年の6〜7割程度と少ない状態が続いている。
 気象庁が20日に発表した「日照不足と長雨に冠する全般気象情報」によると、9月1日から19日までの各地の日照時間は、大阪で約64時間、広島や高松で約69時間と、西日本を中心に平年の6割程度にとどまり、少ない状態が続いている。
 また、比較的晴れが多かった東京でも75時間と9割程度、福岡では約80時間と平年の8割にも届かなかった。
 一方、この期間に降った総雨量は多く、▽高松で281ミリと平年比360%を記録したほか、▽大阪では180ミリ、▽新潟でも198ミリとそれぞれ2倍近く、7月に西日本豪雨の被害があった広島でも171ミリ(平年比168%)の雨が降った。
 原因は、秋雨前線や台風・熱帯低気圧がもたらす湿った空気の影響で、今後2週間程度は曇りや雨の日が多く、日照時間が少ない状態が続くことから、カバンの中には常に折りたたみ傘をしのばせていてほしい。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定