ホーム > mixiニュース > 海外 > 愛人とウーバー車に乗ったら運転手は夫だった! ウーバーで不倫は要注意

愛人とウーバー車に乗ったら運転手は夫だった! ウーバーで不倫は要注意

5

2018年10月02日 15:12  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<本当なら運転手の名前や顔写真も見て確認できるはずが、このケースでは機能しなかった。夫が友達からウーバー車を借りてアルバイトをしていたからだ>


南米コロンビアで、既婚女性とその愛人がモーテルに行くためウーバーを呼んだところ、到着した車のドライバーがなんと女性の夫だった。


同国エスペクダドル紙が9月27日に報じたところによれば、ジェイミという女性と不倫相手のヘスス・バリオスはジェイミの夫に隠れて1年以上交際していた。


9月25日、ジェイミとヘススは北部サンタマルタで会い、2人きりで過ごすためにモーテルに行くことにした。だが2人にとって不運なことに、ジェイミは夫が友人の車と登録アカウントを借り、夜間にウーバーのドライバーのアルバイトをしていたことを知らなかった。ウーバーのアプリから通知されたドライバーの名前は「レオナルド(夫の友人の名前)」で、2人にとって何も心配はないはずだった。


ジェイミと夫が互いに相手に気づいたのは、カップルが車に乗り込んだ後だった。


その後どうなったかについては、さまざまな報道が入り乱れている。3人とも車の外に出て、ヘススと夫が路上で喧嘩を始めたという報道もあれば、ジェイミとヘススが車を降りて逃げ出したという報道もある。


浮気にウーバーは得策でない


夫と不倫相手が鉢合わせるという、ジェイミにとって最悪の「事故」。その原因は、夫の友人レオナルドがウーバーのドライバー規則に違反したことだった。同社の規則には、ドライバーに登録した者は第三者に運転をさせてはならない。違反した場合はクビになる可能性もある。


ウーバーはウェブサイト上で、登録ドライバーに対して次のように警告している。「ウーバーへの不正確な情報提供や第三者にアカウントを使用させる行為、未承認の車両を使った送迎行為などが認められた場合、そのアカウントを停止する」


同ウェブサイトはさらに、「ウーバーのアプリでは送迎開始前に乗客に対し、ドライバーの名前やプロフィール写真、車両モデル、ナンバープレートなど、ドライバーとその車両の特定に必要な情報を提供する」とも説明している。


法律家はこれまで、ウーバーを使った浮気は得策ではないと警告してきた。ウーバーのアプリには、乗車履歴が全て記録される仕組みになっているからだ。


イギリスで活動する弁護士リン・アイルトンは2017年に英デイリー・メール紙に対して「ウーバーのアプリには訪れた場所と時間のデータが記録されるため、浮気をした場合に言い逃れをするのが難しくなる」と指摘している。


「テクノロジーの進歩で以前よりも浮気がばれやすくなっているし、これまでなら怪しまなかった配偶者も『何かおかしい』と気づきやすくなっている。浮気をしている人は、それを肝に銘じておくことだ」


(翻訳:森美歩)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!


気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを


ウイークデーの朝にお届けします。


ご登録(無料)はこちらから=>>




ジェイソン・レモン


このニュースに関するつぶやき

  • いや、そもそも最近はばれやすくなってるとかいう前に不倫をするな。けだもの以下の人間性しかない奴には難しいだろうがな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 彼氏とホテルに向かおうと一緒に車に乗ったら、運転手が夫だったら背筋が凍りますよね。
    • イイネ!17
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定