ホーム > mixiニュース > トレンド > 新型「カタナ」詳細が明らかに

スズキ新型『カタナ』の詳細があきらかに。エンジンは2005年型GSX-R1000のものを大幅改良

401

2018年10月05日 18:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真長方形縦型2灯LEDヘッドライトの点灯状態
長方形縦型2灯LEDヘッドライトの点灯状態
 ドイツ・ケルンで開催中のインターモト2018で発表されたスズキの『KATANA(カタナ)』。この車両の詳細とスタジオショットが公開された。

 新型の大型二輪車『カタナ』は、1980年のケルンモーターショーに登場したGSX1100S KATANAを原型としている。GSX1100Sカタナは2000年に生産終了となったが、2017年のミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)にGSX1100Sカタナの後継機と思われる『Katana3.0コンセプト』が登場し、大きな話題を呼んだ。そして2018のインターモトで『カタナ』の詳細が明らかになった。

『カタナ』に搭載されている排気量999ccの水冷並列4気筒エンジンは、2005年型のGSX-R1000(K5)のエンジンがベースとなっているが、ストリート用のパフォーマンスを重視して大幅な改良が加えられている。ボア・ストローク比は73.4×59.0mmのロングストローク設計、最大出力は約149馬力(110kW/10,000rpm)、最大トルクは108N・m/9,500rpmを発揮し、幅広いパワー特性を実現しているようだ。

 フレームはGSX-R1000シリーズと同じくアルミ製ツインスパフレームを採用。フロントフォークはKYB製のフルアジャスタブル倒立フォークが装備された。リヤサスペンションもKYB製で、プリロードとリバウンド調整が可能となっている。フロントブレーキキャリパーは、現行のGSX-R1000と同じブレンボ製モノブロックキャリパーを装備している。

 フロント部分は『カタナ』とひと目でわかる長方形縦型2灯LEDヘッドライトが採用。また、新たに刀の切先をモチーフにしたLEDポジションランプが装備されている。

 3段階から選択可能なトラクションコントロールは、前後の車輪速度、スロットルポジション、クランク角、ギアポジションを各センサーが常に監視。ホイールスピンを検出するエンジン出力を抑える仕組みとなっている。ちなみに、トラクションコントロールはオフにすることも可能だ。

 新型『カタナ』は、2019年春ごろにイギリスの販売店に到着する予定とのことだ。国内での発売はあるのか、気になるところだ。

このニュースに関するつぶやき

  • KATANAは当時のGSX1100Sのみが唯一無二のKATANAである。と俺は思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この業界長くいるが最近は自分の中の「カッコイイ」と世間の感覚の「カッコイイ」の乖離が激しくて、いよいよ俺も歳なんだと新モデル出る度に痛感するな。
    • イイネ!62
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(218件)

あなたにおすすめ

ニュース設定