ホーム > mixiニュース > 海外 > やせているのに太っていると思い込む、日本の女性の危険な「やせ」願望

やせているのに太っていると思い込む、日本の女性の危険な「やせ」願望

8

2018年10月10日 16:02  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<実際より自分が太っていると思い込む傾向が強い日本の女性――新生児の低体重児の割合が主要国中で最も高いという弊害も>


現代の日本は飽食の時代と言われているが、20〜30代の女性は、食糧難だった終戦直後の時代よりも栄養失調の状態にあるという。多忙で食事の時間が取れないことや、痩身(やせ)願望が強いことが原因とされている。


無理な減食(欠食)は当人の身体に異常をきたすと同時に、生まれてくる子どもへの影響も懸念される。2015年の統計によると、新生児に占める低体重児の割合は9.5%で、主要先進国の中では最も高い(内閣府『男女共同参画白書』2018年度版)。


人間の体格を測る指標としてBMIがある。「Body Mass Index」の略で、体重(kg)を身長(m)の二乗で割った値だ。この数値が18.5を下回ると痩身、25.0を上回ると肥満と判定される。


ISSP(国際社会調査プログラム)が2011年に実施した「健康と健康管理に関する調査」では、各国の成人に身長と体重を尋ねている。個票データから日本の20代女性のBMIを計算すると、17.3%が痩身、7.7%が肥満と判定される。この結果は国際的に見てどうなのか。横軸に痩身、縦軸に肥満の割合をとった座標上に、32カ国のドットを配置すると<図1>のようになる。


右下は痩身の女性が多い国で、日本を含むアジア諸国がほとんどだ。数としては、痩身より肥満の率が高い国が多く(斜線より上)、欧米諸国はこのゾーンに位置する。その最たる例がアメリカで、20代女性の半分近くが肥満という結果だ。ハイカロリーな食事が要因となっているのだろう。


世間で言われている通り、日本では「やせ過ぎ」の女性が多いことが分かる。その原因として、過度の痩身志向があるのは否めない。日本では「やせ」を美とする風潮が強く、特に思春期の女子はそれを敏感に察知する。


最近の国立青少年教育振興機構の調査によると、日本の女子高生の半分以上が「自分は太っている」と思っている。しかし客観的な体重をみると、痩せている子が多い。<図2>は、体重と肥満認識をとった座標上に、4カ国の高校生男女のドットを配置したグラフだ。


日本の女子生徒(Jf)は最も右上にある。痩せている子が多い(身長差を考慮しても)にもかかわらず、自分を肥満と思っている子の割合が高い。同じ女子でも、アメリカとは大違いだ。


日本の女子は、客観的な状況と認識のズレが大きくなっている。痩せているにもかかわらず、自分を肥満と思い込んでいる。ジェンダーの差(m:男子とf:女子の距離)も大きく、痩身を美とする風潮に過剰に反応している(させられている)女子の姿は痛々しい。メディアも痩身を過度に煽るのは控えるべきだろう。


ちなみに、何が美とされるかは時代や社会によって違う。太ろうにも太れない時代や発展途上国では「ぽっちゃり」、飽食の現代や先進国では「やせ」が美しいとされる。大雑把に言って、実現し難いことが尊ばれる傾向にある。常識の社会的規定性(相対性)について知っておくと、「今・ここ」の風潮に振り回されにくくなる。


<資料:ISSP「Health and Health Care - ISSP 2011」、


 国立青少年教育振興機構『高校生の心と体の健康に関する意識調査』(2018年3月)>




舞田敏彦(教育社会学者)


このニュースに関するつぶやき

  • 欧米人女性と日本人女性は骨格が違いすぎるから同じ土俵で比べるのは本当はナンセンスだと思う。あと、周囲との差を気にする人も日本の方が断然多いというのも関係しているかも
    • イイネ!6
    • コメント 1件
  • ぽっちゃりこそ!美しさの秘訣ですぞ?(´・ω・`)ションボリ
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定