ホーム > mixiニュース > 海外 > キリスト教福音派までが共和党保守派に反旗「民主党を勝たせる」

キリスト教福音派までが共和党保守派に反旗「民主党を勝たせる」

3

2018年10月10日 17:42  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

11月に迫った米中間選挙を前に、従来から堅固な共和党支持層として知られてきたキリスト教福音派の間にまで反トランプの動きが台頭してきた。同じ福音派の信者に共和党候補に投票をするのをやめるよう説得して歩くバスツアーを10月に開始したのだ。


彼らの目標は、米議会における共和党の優位を覆し、民主党を多数派に押し上げることだという。運動のキャッチフレーズも「Flip Congress for the Common Good(共通善のために議会を引っくり返そう」だ。


「共通善に投票を(Vote Common Good)」と名乗るこの団体は、今の共和党はもはや信心深いキリスト教徒の価値観を体現していないという驚きのメッセージを携え、中間選挙までの約1カ月間で全米30都市を回る。狙うのは、民主党の候補者が共和党の現職議員に挑む選挙区だ。


ミネアポリスの牧師で「共通善」の共同創設者であるダグ・パジットは10月8日、ハフィントン・ポストの取材に対し、「議会の勢力図をひっくり返さなくてはならないとの思いから、我々はありえない行動に出た」と言った。


「最近起きている許しがたい出来事に対抗するには、同じくらい強烈な反応が必要だ。通常の党派対立には収まらない問題だ」とパジットは指摘する。


すべての人に自由とチャンスを


プロテスタントの一派であるキリスト教福音派の信徒はこれまで共和党の支持基盤とされてきただけに、今回のバスツアーは前代未聞だ。福音派は人工妊娠中絶に反対し、同性同士の結婚を認めないなど保守派のなかでも強硬で、その点において共和党保守派と相通じるものがあった。意見調査サイト「ファイブ・サーティエイト」によると、2016年の大統領選挙では、白人福音派の実に81%がトランプに投票したという。


アーカンソー州の牧師で、「共通善」の政治ディレクターを務めるロブ・ライヤーズは、ハフィントン・ポストに送った声明の中でこう述べている。「我々に必要なのは、貧しい者や病める者に背を向けない候補者だ。子どもを親から引き離したりせず、すべての人に自由とチャンスを与えることを支持する候補者だ」


ミネアポリスのパジットもこう述べている。「私たちが行っているのは、すでに心を開き、信念を変えた人たちに対して、『信じるところに従って投票し、行動しよう』と呼びかけ、勇気を与えることだ」


「共通善」は、党派にはこだわらず、福音派の掲げる価値観と合致する政策を掲げる候補者を支持する方針だが、今年の中間選挙で支持しているのは民主党の候補者ばかり。テキサスでは各地で6度の集会を開いたが、目的は、現職の共和党上院議員テッド・クルーズの対抗馬として注目を集める民主党候補、ベト・オルークを支援することだった。


「共通善」を組織したキリスト教福音派のほかにも、連邦議会の勢力図を変えようと動いているグループは存在する。「ニード・トゥ・インピーチ(弾劾せよ)」キャンペーンは、民主党への大口寄付で知られるヘッジファンドのトム・ステイヤーが立ち上げたもので、巨額の費用を費やして、トランプの行為は弾劾に値すると訴える資料を作成し、候補者や一般の人々への啓蒙活動を行っている。


やはりアメリカ全土を回って国民に投票を呼びかけ、上下院の両方で民主党が多数派を奪還できるよう、後押しを要請している。民主党が議会で多数派を占めれば、トランプに対する弾劾手続きが始まる可能性が高まるからだ。


(翻訳:ガリレオ)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!


気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを


ウイークデーの朝にお届けします。


ご登録(無料)はこちらから=>>




ジェシカ・クウォン


このニュースに関するつぶやき

  • ��
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 以前から指摘して居るがトランプのスタンスは共和党の守ってきた伝統的保守政治とも全く違う。従来の共和党支持層が違和感を「感じない方がおかしい」。
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定