ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > パール入りチークで老け見え!?優秀「プチプラチーク」7選

パール入りチークで老け見え!?優秀「プチプラチーク」7選

0

2018年10月11日 12:01  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真30代・40代女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容・美肌マガジン
30代・40代女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容・美肌マガジン

常に顔色のくすみが気になるアラフォー女性に、チークは必須アイテムです。しかし、今まで愛用してきた色が、何だかしっくりこなくなるのもこの年代です。

店頭でパッと見の印象だけで選ばずに、色や光沢の有無に少し気をつけて選ぶと、キレイな血色の大人メイクが叶います。

美容エディター&ライターの筆者が、大人女性におすすめのチーク
を7点ご紹介します。

■パールは控えめ、ピンクよりレッドやヌードカラーを

「色白で自然な血色もあり、肌のキメも若いころとあまり変わらず整っている」というような肌の人なら、色選びにあまり神経質にならずに選んでも良いでしょう。

しかし、たいていの大人女性は「昔より毛穴が目立つ」「すっぴんの時は血色がなく、顔色が悪い」など、肌状態や顔色の悩みを抱えています。そんな悩みの多い大人女性のチーク選びのポイントは次の4つです。

・パールの効いたものでなく、マットな質感のものを選ぶ。 ・複数色のミックスできるものを選ぶ。 ・「ピンク」ではなく、「赤味」を足す。 ・あえて「ヌードカラー」のみにする。

即買いに注意

テスター台で「パッと見て即買い」もしないようにしましょう。見た目の印象より薄かったり、自分の肌色とあまり合わなかったという場合もあります。

必ず、「実際に頬に塗って数時間過ごした状態をチェック」してから決めましょう

■パールの効いたものはNG

パールの配合が多かったりパールやラメの粒が大きいと、残念ながら毛穴の凸凹を目立たせます。なぜなら、パールやラメの乱反射が毛穴の影を目立たせてしまうからです。

仮に、「パールの光沢で毛穴を飛ばしてカバーして見せます」というような説明があったとしても、塗ってみて「あれ? 逆に目立っている」と実感することも多いのです。

大人の女性がパール感の強い頬をしていると、ギラギラしている雰囲気や皮脂感の強い肌に見えたりもします。

マットな質感のものを選ぶ

大人女性には、パールなしのマットなチーク
がおすすめです。頬が自然に上気しているような血色だけを演出してくれます。

仮にパールやラメが入っているとしても、肉眼では粒が見えないくらいの微粒子のものや、塗って顔を動かしてみてわずかに光沢が感じられる、というくらいのものならOKです。

■大人女性におすすめのチーク7選

(1)マット パウダー ブラッシュ/レブロン

マット パウダー ブラッシュ/レブロン

ムラなく色がつき、ふんわりした発色で自然な血色をつくってくれるマットタイプのチーク
です。プチプラですが、保湿成分の「スクワラン」が配合されている点や、小さくても横長のミラーがついている点も優秀です。

画像カラーは、肌色を問わずなじみやすいコーラルオレンジ系の「113」です。(全6色 税抜価格1,600円 レブロン)

(2)マットフルールチークス/キャンメイク

マットフルールチークス/キャンメイク

4色のチークカラーに、左下のマットパウダーを加えた5色入りのチークです。見た目が可愛いだけではなく、毛穴を目立たなくする「ソフトフォーカスパウダー」が配合されている
ので、毛穴の凹凸が気になる人におすすめです。

「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などの美容保湿成分、「ローズマリー葉エキス」など5種の植物成分や果実エキスも配合しているので、乾燥する秋冬も安心です。

画像カラーは「03 マットマーマレード」です。主張し過ぎずに顔色をよく見せてくれます。(全3色 税抜価格800円 井田ラボラトリーズ)

■複数色をミックスできるものも◎

どんなチークを選んでいいのか迷ってしまったら、複数色がひとつのパレットに入っているタイプもおすすめです。

複数色が入っているタイプはそれぞれの色をブラシにとることもできますが、たいていは3色や4色をブラシで混ぜて塗るようにできています。そうすると、深みや奥行きのある色になり、より肌色になじみやすくなるのです。

単色のチークももちろん悪いことはありませんが、強めの色だとぼかすのがむずかしい場合もあります。ですが、複数色入ったチークは簡単にぼかせるので、顔の中でなじみやすくなります。

(3)NUDE WEAR グローイング ヌードブラッシュ/フィジシャンズフォーミュラ

NUDE WEAR グローイング ヌードブラッシュ/フィジシャンズフォーミュラ

4色入りで、容器の裏側には平たいブラシも内蔵されている優秀なチークです。敏感な肌にもやさしい処方がコンセプトのブランドなので、「低刺激性」「無香料」「パラベンフリー」「グルテンフリー」「オイルフリー」「ノンコメド処方」と、肌が不安定な時期にも安心の設計
です。

画像カラーは「Natural」です。赤みの強いベージュ系や黄味寄りのピンクなどを混ぜればコーラルカラーの印象になり、大人でもわざとらしくない“可愛い”頬に仕上がります。(全2色 税抜価格2,000円 ノアビューティー)

(4)フェイスカラー/アナ スイ

フェイスカラー/アナ スイ

花畑のようなビジュアルにも気分がアガる5色入りのチークです。2色のメインカラーに、ニュアンスを加えるマジカルカラーが2色ついています。

強いパールではなく板状のパウダーを配合してあるため、パーリーな光沢でなく、透明感のある上品なツヤの出る仕上がりになります

画像カラーは、コーラル系の「301」です。ミントグリーンとホワイトの2色は混ぜてハイライトとして使ったり、目元のニュアンスを出すためにも使えて便利です。(全6色 7g 税抜価格2,500円 アナ スイ コスメティックス)※専用ケースは別売り(税抜価格1,200円)です。

■「ピンク」カラーに要注意

パステルトーンのピンクやキュートな印象のピンクの場合、パッと見の印象はとても可愛いけれど、大人女性の顔色にうまくなじまないこともあります。

妙にピンクが目立つ「おてもやん」のように見えてしまうこともあれば、頬だけ色が浮いた印象になり、地の肌色のくすみを余計に感じさせてしまう場合もあります。

大人女性は「赤」をプラス

大人女性は、「ピンク」ではなくほんのり「
」をプラスしましょう。カラーバリエーションの中でも赤とベージュの混じったような色があれば、強いピンクよりそちらを選んでみてください。自然な血色のある頬がつくれます。

また、どうしてもピンクが好きな場合も、コーラルピンクやアプリコットなど黄味が少し入った色
を選ぶと、子供っぽくなり過ぎないのでおすすめです。

(5)3Dコントラスティングチークス/ケイト

3Dコントラスティングチークス/ケイト

右側の「ブライトカラー」と左側の「ハイライトカラー」で、立体的な頬をつくる2色セットのチークです。左側のカラーはパールがきいているので、毛穴が目立つ部分には塗らず、ハイライトとして使うことをおすすめします。

開閉して2wayで使える付属のブラシも、外出先ではとても便利です。

画像カラーは「RD-01」です。「大人っぽいレッド系」で、肌色を問わずなじみやすい色です
。(全6種 ノープリントプライス カネボウ化粧品)

(6)スリーインワン モデリングフェイスブラッシュ/リンメル

スリーインワン モデリングフェイスブラッシュ/リンメル

左が「ハイライトカラー」、中央が「チークカラー」、右が「シェーディングカラー」の3色セットになっています。これ1つで立体感のある顔をつくることができます。

それぞれの色の役割通りに塗る部分を分けて使うのもよし、全体をグルグルっと混ぜて使ってもOKです。粉の質がしっとりとしていて発色がよく、粉体が水をはじくタイプなので色も長持ちします

画像カラーは、メインのチークがアプリコットオレンジの「005」です。真っ赤ではないけれど、自然な赤味のある頬に仕上がります。(全4種 5g 税抜価格1,500円 リンメル)

■あえて「ヌードカラー」のみにする

アラフォー女性のメイクには、引き算も必要です。

例えば、リップメイクに濃厚な“赤リップ”やボルドー系などの強い色を使いたい場合、チークやアイメイクもしっかりとメイクすると、パッと見たとき、やりすぎた印象になってしまいます。

目元や口元に強い色を使いたい時は、あえてチークを塗らないか、陰影を感じさせるだけのヌードカラーを選ぶ
のもひとつの方法です。

ファンデーションで肌色が均一になっているところにチークを塗らないことが不安なら、ベージュ系のチークで色を感じさせるのではなく、陰影やニュアンスのみをプラス
しましょう。

(7)フォギーオン チークス/ヴィセ

フォギーオン チークス/ヴィセ

独自の「フォギーオンパウダー」が色を感じさせつつ、シアーな洋服のように透け感のあるお洒落な印象に仕上げるチーク
です。密着性が高いので、色がヨレずに長持ちします。

美容液成分「アーモンドオイル」も配合してあるので、うるおいを保ってくれます。

画像カラーは、「BE300」です。シアーなベージュとオレンジの混ざったような色で、主張し過ぎずにニュアンスを与えてくれます。(全5色 ノープリントプライス コーセー)

ご紹介したポイントを考えて、お洒落で自然なチークメイクを楽しんでください。

(美容エディター&ライター 斎藤真知子編集プロダクションと美容雑誌編集部を経てフリーランスに。かれこれ20ウン年美容雑誌業界の片隅でお仕事中。肌データは、アトピー持ちの(でも現在はほぼ出ない)基本乾燥肌。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定