ホーム > mixiニュース > 海外 > 「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

1

2018年10月15日 17:02  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<白くてフワフワの身体に黒い顔と耳がキュート! スイス原産で最近までアメリカにも一頭もいなかった珍種の羊が、ニュージーランドから世界進出する>


ニュージーランドの酪農家が、とても特別なヒツジの商用繁殖に成功した。


サリー・ストラスディーは5年前、ヴァレー・ブラックノーズという珍しい種類のヒツジをインターネットで見つけて一目惚れした。顔と耳と足の一部が黒で、全身は白いフワフワの毛で覆われている。まるでぬいぐるみだ。


このかわいさで人気爆発!といくか? Valais Blacknose breeders New Zealand Inc


スイスのヴァレー地方原産で、食肉や羊毛にするためアルプスの山々で飼われている。当時は、オーストラリアやアメリカにも一頭もいなかった。ストラスディーはニュージーランドで繁殖させると決心した。


「私たち夫婦にとって最も嬉しい驚きは、彼らが世界一可愛いヒツジというだけでなく、性格が人懐こくて好奇心旺盛だったこと。ヒツジというより、飼い主の後をぐるぐるついて回る犬みたい」と、ストラスディーは本誌に語った。


夫妻が輸入したヴァレー・ブラックノーズの胚と精子が到着したのは2017年5月。10月までには、双子の雌を含む16頭が誕生した。今は100頭ほどになる。


目標は、この「ありえないほど可愛い」ヒツジたちを北米に輸出することだ。


夫妻には世界中から問い合わせが殺到し、フェイスブックページには1万2000人近くのフォロワーがついている。


「確かにこれはとてもお金のかかる趣味よ」と、彼女は言う。「モーターボートにお金を注ぎ込む人もいるけど、私たちはヒツジに注ぎ込んでいるの」


ヒツジたちは、11月にニュージーランド南島のクライストチャーチで開かれる農業見本市でお披露目される。


(翻訳:河原里香)




ブレンダン・コール


このニュースに関するつぶやき

  • そういう記事に写真載せないがまた…。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定