ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 肌の透明感をとり戻す!タイプ別・秋の「くすみ対策」美容法

肌の透明感をとり戻す!タイプ別・秋の「くすみ対策」美容法

2

2018年10月15日 19:31  つやプラ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真30代・40代女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容・美肌マガジン
30代・40代女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容・美肌マガジン

厳しい夏を乗り越えた肌は、くすみやすく、表面がごわついたり透明感が失われがちです。

鏡を見た時に「顔が疲れて見える」「老けて見える」と感じたら、くすみが目立ちはじめたサインかもしれません。

コスメコンシェルジュの筆者が、3つのくすみタイプに合わせたお手入れ方法
をご紹介します。くすみの原因を知り、適切なお手入れで肌の透明感をとり戻しましょう。

(1)ごわつき型くすみ

ごわつき型くすみ

肌表面がゴワゴワしたりカサつきやすい「ごわつき型くすみ」は、肌表面にとどこおっている古い角質
が原因です。

肌がゴワついていると、古い角質が邪魔をして化粧水や美容液の浸透が悪くなります。これでは、いくらスキンケアを頑張っても、なかなか肌のコンディションが整わないでしょう。

「ごわつき型くすみ」の改善法

夏の肌は、紫外線ダメージに対する防御反応で角質が厚くなりがちです。

肌のゴワつきを感じたり、化粧水や美容液の浸透が悪いと感じるようになったら、角質をとり除くお手入れで肌をやわらかくしましょう

角質ケアにぴったりなスキンケアアイテム

・ピーリング ・スクラブ洗顔 ・酵素洗顔 ・天然泥のような「古い角質を吸着する成分」配合の洗顔料

(2)血行不良型くすみ

血行不良型くすみ

血色が悪く見えたり顔色が不健康に見られがちなら、「血行不良型くすみ」のサインかもしれません。

血行不良型くすみは、身体の冷えや運動不足による血行不良が主な原因です。季節関係なく起こりやすいタイプのくすみなので、スキンケアだけでなく、普段の過ごし方を見直して身体の冷えを防ぎましょう

「血行不良型くすみ」の改善法

顔の血行促進には、「ホットタオル美容
」がおすすめです。

方法はとても簡単です。まず、水にぬらした清潔なタオルを丸め、電子レンジで数十秒あたためます。電子レンジで蒸したタオルを広げて適温に冷まし、ほどよく冷めたら顔に乗せ、そのまま顔を温めましょう。

最近では、温めるタイプのフェイスマスクも販売されています。顔を温めて、血行不良型くすみの改善を目指してくださいね。

(3)黄ぐすみ

黄ぐすみ

顔が黄色っぽく感じるなら「黄ぐすみ」です。黄ぐすみは、糖化によって起こる現象で、スキンケアだけでなく、加齢や食生活が影響している可能性もあります。

糖化とは、肌のタンパク質と糖が結びつく現象をいいます。糖化したタンパク質は「AGEs」と呼ばれる老廃物に変化し、やがて褐色化してしまいます。そして、糖化タンパク質の蓄積により、肌の黄ぐすみにつながるのです。

「黄ぐすみ」の改善法

黄ぐすみの原因である「糖化タンパク質」は、一度できるとなかなか分解されません。黄ぐすみを未然に防ぐためには、炭水化物や甘いものを控えたり、野菜を先に食べるなど、食生活の見直しが必要
になります。

また、すでにできてしまった黄ぐすみをケアするためには、抗糖化作用のある美容成分を補う
ことが大切です。

例えば「ビタミンC」には、糖を燃焼する働きや、糖の代わりに「タンパク質」と結合することで、糖化を防ぐ効果が期待できます。スキンケアだけに頼らず食生活を見直して、黄ぐすみの予防・改善を目指しましょう。

夏の厳しいストレスを乗り越えて迎えた秋は、紫外線ダメージや夏バテによる運動不足、かたよった食生活で、肌がくすみやすくなっています。

くすみの原因やタイプに合わせたお手入れで、若々しい肌づくりを目指しましょう。

(コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻 日本化粧品検定1級保有。美容部員の経験を生かし美容ライターに転身。コスメのみならず、食生活や生活習慣を含めた美容に役立つ情報を発信中。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定