ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 自分史上最高の肌をめざす。透明感のある肌づくりのお作法4つ

自分史上最高の肌をめざす。透明感のある肌づくりのお作法4つ

2

2018年10月19日 20:02  ごきげん手帖

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真ごきげん手帖
ごきげん手帖

誰もが見惚れる透明感のある肌。肌がキレイといわれる女性達は、決まって“透明感”を持ち合わせています。


単純に肌が白ければいいということではなく、くすみのない肌に加えて、触れたくなるような潤い感を持ち合わせた肌こそが、透明感を漂わせるのです。


自分史上最高の肌を手にいれるために、透明感のお作法を身につけてみませんか?




(1)不要な汚れを残さない。洗うケアの見直しを。



透明感のある肌の一番の特徴は、若さでもなければ色白であることでもなく、不要なものが溜まっていない、潤いの保たれた肌。


ザラ付きや、乾燥によって肌がゴワついてしまっていることに、案外自分では気が付いていないというケースも多いもの。


ニキビやシミのようにわかりやすい肌のお悩みだけでなく、触るとわかるような肌トラブルをケアすることも、肌がキレイだと感じさせる大きな要因だと考えています。


クレンジングを丁寧に行い、洗顔で不要な汚れを落とし、保湿をたっぷりとする、というスキンケアの基礎を見直して、柔らかでみずみずしい透明肌を目指しましょう。


(2)血行不良は美肌の大敵!セルフマッサージを習慣に。



美肌の大敵である血行不良。知らず知らずのうちに、顔に血色感がなくなったり、老廃物が滞り、肌へ充分な栄養が届かなくなってしまうなど、肌荒れのもとをつくってしまうのです。


そうとはわかっていても、毎日のマッサージがなかなか続かなかったり、そんな時間は取れないほど忙しい女性も多いはず。


そんな人は、毎日のバスタイムで頭皮を揉みほぐす習慣をつけましょう。頭皮と顔はすぐそばにあるので、頭皮の血行が良くなることで顔色も明るくなる効果が期待できます。


これならば、気軽に続けられそうな気がしませんか? 肌と髪の毛どちらにもいい効果があるので、一石二鳥です!


(3)食べ物で肌をサポート。内側からも肌ケアを取り入れて。



バランスの良い食生活をすることは、美活にも健康にも当然必要なこと。ダイエット中やご飯をゆっくり食べる暇がない人も、偏りがちな栄養を補う工夫をしましょう。


レバーやモロヘイヤ、にんじんやカボチャに含まれるビタミンAは、皮膚や粘膜を健康的に保ちます。肌の細胞の再生を助けるビタミンB2は、レバー、うなぎの蒲焼、サバなどに多く含まれます。


食事からも肌へのサポートを心掛けると、自然と丁寧な食生活が送れるようになります。


(4)下地から透明度を格上げ。光を浴びて透明感を手に入れる。



右)エッセンスハーブバームクリーム ローズ(2018秋冬限定)/MiMC


3,800円(税抜)


MiMC「エッセンスハーブバーム」は、肌に触れるとじわっと溶けてスムーズに伸びるバームタイプ。保湿効果&艶肌に仕上がるメイクアップ下地としても使えて、透明感を求めている人に最適のアイテム。


左)プロテクティング ファンデーション プライマー S/ポールアンドジョー


3,500円(税抜)


顔の角度が変わる度に光を反射するポールアンドジョー「プロテクティング ファンデーション プライマー S」は、艶肌下地の代名詞ともいえるほどの人気製品。肌色を明るく見せながら湿度を感じさせるベースメイクへ。


いかがでしたか? 透明感のある肌を手に入れることで、メイクのノリも良くなりますし、自分の肌にも自信が持てるようになります。


少しくらいのシミや色ムラがあっても、透明感があれば肌はイキイキと輝くもの。日常のセルフ美容に、透明感のある肌づくりのお作法を取り入れてみてくださいね。


※価格は全て編集部調べ


ライタープロフィール


美容ライター/ヘアメイク・森田玲子各媒体にてメイク法や美容法について執筆。ヘアメイクスクールで美容知識や実技を学び、現在では現場のヘアメイクとしても活躍の幅を広げている。


【保有資格】
一般社団法人JMA 本部認定講師/一般社団法人JAM 日本メイクアップ技術検定1級/一般社団法人JAM シニアメイクアップアドバイザー/一般社団法人JMA セルフメイクアップ検定/日本ダイエット健康協会 ダイエット検定 1級/日本化粧品検定 1級/日本パーソナルカラー検定協会(J-color)パーソナルカラー活用アドバイザー



【あわせて読みたい】
▽透明感のある女性を目指したい方へ。関連記事をもっと見る
皮膚科医に聞いた!働くアラサー女性が気をつけたい「くすみリスク」とは・透明感溢れる!大人でも楽しめる柔らか外国人風カラー・透き通るような肌に! 透明感を引き出すベースメイク術・美白効果のある食べ物は?インナーケアで透明感のある肌を目指す


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
・斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
・メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
・美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選



【参考】
※エッセンスハーブバームクリーム ローズ – MiMC
※プロテクティング ファンデーション プライマーS – ポールアンドジョー

    あなたにおすすめ

    ニュース設定