ホーム > mixiニュース > 海外 > アメリカで移民危機が勃発? トランプの危険な中間選挙戦略

アメリカで移民危機が勃発? トランプの危険な中間選挙戦略

2

2018年10月23日 16:22  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<中米の貧しい国々から、アメリカを目指して誰ともなく歩き始めた移民キャラバンが、7000人に膨らんだ。トランプは移民を貶め、米軍に国境を守らせると危険な兆候を見せる>


ドナルド・トランプ米大統領は10月22日、中米からメキシコを通過して、アメリカ南部の国境に向かっている移民の集団(キャラバン)に、「数えきれないほどの中東出身者」が紛れ込んでいると、何の証拠もないツイートをした。


「残念なことに、メキシコの警察や軍は、アメリカ南部の国境に向かっているキャラバンを制止できないようだ。そのなかには、犯罪者や数えきれないほどの中東出身者が紛れ込んでいる」と述べた。「これは国家の非常事態であり、国境警備隊や軍に警戒するよう指示した。法律を変えなくてはならない!」


だがトランプは、中米からの移民のなかに中東出身者や犯罪者が混ざっていることを裏づける根拠を示していない。それが「国家的な非常事態」になる理由も説明していない。


キャラバンは民主党が仕組んだ


トランプは、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルがキャラバンの進行を阻止できなかった罰として、援助を停止、または大幅に削減すると言う。


「グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルは、自国を出てアメリカに不法入国しようとしている人々を阻止する責任を果たせなかった。それらの国々に出してきた多額の援助は今後、停止するか大幅に削減する」


だが、キャラバンが通ってきたグアテアマラやメキシコでは、警察も催涙ガスや発煙筒を使って移民を追い返そうとし、小競り合いも度々起こっている。なぜそれでも前に進むのか。「仕事がない」「未来がない」と移民たちは訴える。


グアテマラとメキシコを繋ぐ国境の橋に「収容」された移民たち。川に下りてメキシコに渡った者も


中米を北上するキャラバンの人数は10月22日までには約7000人に膨らんで、さらに増え続ける見込みだ。


トランプはこのキャラバンは、民主党の責任だと繰り返しツイートしている。「私たちの国に侵入しようとするキャラバンや不法移民、密入国者を目にするたびに、お粗末な移民法を変えさせようとしない民主党を非難すべきだ! 中間選挙ではそれを思い出してほしい!」


それだけではない。トランプは、民主党がキャラバンの人々にお金を払って国境に向かわせ、危機を作り出そうとしているとも主張している。ここでも根拠はない。


10月18日にモンタナ州ミズーラで開催された集会では、「(民主党は)人々に多額のお金を渡して、中間選挙の前までに国境に来てもらおうとしている。そうすれば(共和党にとって)が困ると思っているのだ」と言った。


(翻訳:ガリレオ)




ジェイソン・ルミエール


このニュースに関するつぶやき

  • 商売なら、何をしようと注文が取れてお金が儲かればOK! 選挙なら、どんな嘘を言おうと、有権者を引き付けて票を確保できればOK!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • アメリカで移民危機が勃発? 日本の移民危機の方が悲惨だ。日本の政官財が移民推進派ばかり。政官財は山手線に乗ってみろ。中国人韓国人ばかりだぞ。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定