ホーム > mixiニュース > トレンド > ダイソーの「ご飯一合炊き」が手放せないほど便利だった

ダイソーの「ご飯一合炊き」が手放せないほど便利だった

3

2018年10月27日 18:02  ママテナ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママテナ

写真ダイソーの「ご飯一合炊き」が手放せないほど便利だった
ダイソーの「ご飯一合炊き」が手放せないほど便利だった

「ご飯一合炊き」

日用品を低価格で買える「ダイソー」は、見ているだけで楽しめちゃう、もはや100円均一のテーマパーク的存在。先日、近所のダイソーがリニューアルオープンしたので、さっそく行ってきたところ、「ご飯一合炊き」(税込108円)なる商品を発見。なんと、電子レンジでご飯1合が炊けるという商品なのです。
 

「ご飯一合炊き」

必要なものは、1合分の米と「ご飯一合炊き」のみ。あとは、以下の手順に沿うだけです。

【お米の炊き方】(1合分)
1)容器に米1号分を入れ、研ぐ(無洗米の場合は、研ぐ必要はありません)
2)200ccの水を(1)に入れ、30分浸しておく(無洗米の場合は220ccの水が必要。水に浸ける時間は、冬の場合は長めにする)
3)中蓋をしっかり入れたあと、蓋を右に回し、ロックする
4)電子レンジで加熱する(500wの場合、6分加熱してから弱に切り替えて12分加熱する。
600wの場合、5分加熱してから弱に切り替えて12分加熱する)
5)レンジから取り出し、かき混ぜて10分蒸らせば完成!

注意書きにも書いてありますが、500wか600wの電子レンジでしか使いないので、注意してください。

手順を見る限り、時間がかかりそうですが、本当に米が炊けるのか、試してみました。


うまく炊けたけど、水が足りなかったかも…

上記の手順に沿って作ったのですが、ひとつだけ筆者が割愛した部分があります。それは、「水に30分浸しておく」という部分。「すぐに食べたい」というときに、30分も待ってられない! というわけで、あえてその手順を飛ばして炊いてみました。

ダイソーの「ご飯一合炊き」が手放せないほど便利だった
 

パッと見、米もしっかりと立っていて、いかにもおいしそう。さて、味の方ですが…まずくはないけど、固い! 食べられない固さではないですが、200ccでは水分が足りなく感じ、少し多めにして220ccくらいだとちょうど良かったかも。ちなみに、ネット上では、無洗米なら220ccではなく、240ccくらいがちょうど良い固さになったみたいです。

たしかに、電子レンジでご飯が炊けるのは楽なうえ、1人分だけ炊くとなると、1合っていうのがまたちょうど良い量ではあります。ただ、浸す時間以外にも、時間がかかる工程が多かったので、ご飯を炊くのに、30分以上はかかってしまうのが気になるところ。とはいえ、たった100円のアイテムでご飯が炊けると考えたら、かなり便利だとは思います。

電子レンジさえあればご飯が炊けるうえに、100円の商品なので、節約もできるのが魅力的。1人暮らしの人にとってはもちろんですが、子どもたちが寝静まったあと、お腹が空いたママやパパにも使える商品ですね。小腹が空いたときに最適な、「ご飯一合炊き」を一度活用してみてはいかが?
(文・宇田川エリカ/考務店)

このニュースに関するつぶやき

  • ご飯パックのほうが手間かからないだろ?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定