ホーム > mixiニュース > 海外 > ボラカイ島が観光客受け入れ再開、もう行っても大丈夫?

ボラカイ島が観光客受け入れ再開、もう行っても大丈夫?

1

2018年10月29日 16:21  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<フィリピン政府は島に受け入れる観光客の数を制限し、他にも多数の禁止事項を設けている>


水質汚染が深刻化し、浄化作戦のため一時閉鎖されていたフィリピン中部の人気観光地ボラカイ島が10月26日、半年ぶりに観光客の受け入れを再開した。フィリピン政府は受け入れる観光客の数を制限し、生態系を保護するための厳しい規制を新たに設けた。


手つかずのビーチがあるリゾート地として知られるボラカイ島は、今年4月に閉鎖されるまで、毎年約200万人の観光客が訪れ、13億ドルの観光収入を得ていた。


閉鎖のきっかけは、島のリゾート施設近くの海に下水や排水が垂れ流される様子を映した動画がインターネットで広まったこと。フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が2月、ボラカイ島は「汚水溜め」になったと批判し、閉鎖を宣言した。


フィリピン政府は観光再開後、1日に受け入れる観光客数を6405人までに制限し、新たな規制に従う宣誓書への署名を観光客全員に求める、とAP通信が報じた。島に滞在できる観光客は常時わずか1万9200人に制限される、と英紙ガーディアンは報じた。


新たな規制には、ビーチでのゴミ捨て、飲酒、喫煙、焚火、ビーチでのパーティーの禁止も含まれる。水泳以外のマリンスポーツも、当局が生態系への影響を評価するまで当面禁止される、とガーディアンが報じた。ドゥテルテの命令で島にある3つのカジノは今も閉鎖されており、娯楽業界が猛反発している。


島の雇用に打撃


閉鎖期間中に、下水処理設備が整備され、約1000件の違法な建物も撤去された。島に何百件とあったホテルや簡易宿泊所、レストラン、商店のうち、新しい規制をクリアして営業再開を許可されたのはわずか157件。これらの施設の下水は今では当局が認可した下水管につながり、海から少なくとも30メートル離れた場所に建つ。


だが観光業の規模はまだ閉鎖前には及びもつかず、失業した約2万人の労働者のごく一部しか復職していない、とAP通信は報じた。


当局による立ち入り検査で、海に違法に汚水を垂れ流す下水管の存在や、立ち入り制限されている湿地帯に2件のホテルが建設されていたことが明らかになった。


17人の島の関係者が、注意義務を怠って環境災害をもたらしたとして責任追及された。市長は停職処分、ほかの16人も職務怠慢を理由に処分された。


島の観光再開を記念する式典には、フィリピン政府関係者や著名人が参列した。ベルナ・ロムロ・プヤット観光相は、浄化作戦後の島を訪れるお人々に向けたメッセージでこう呼び掛けた。「この島を私たちの家と思って大切にしよう。きれいで手つかずのまま守ろう。ビーチでの飲酒や喫煙、ゴミ捨ては厳禁だ」


(翻訳:河原里香)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!


気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを


ウイークデーの朝にお届けします。


ご登録(無料)はこちらから=>>




デービッド・ブレナン


このニュースに関するつぶやき

  • そんで高級リゾートになっちゃったのかしら?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定