ホーム > mixiニュース > 社会 > しぶとい台風26号「今季最長に?」南シナ海から台湾海峡へ

しぶとい台風26号「今季最長に?」南シナ海から台湾海峡へ

1

2018年10月31日 10:11  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真なかなかしぶとい台風26号(気象衛星ひまわり/NICT)
なかなかしぶとい台風26号(気象衛星ひまわり/NICT)

 31日現在、台風26号はフィリピンを通過し、南シナ海を北上している。今月22日の発生からすでに9日目を迎え、来週にかけても台湾海峡付近に停滞する見通しで、2018年で最も長生きの台風になりそうだ。
 気象庁によると、31日午前9時現在の中心気圧は992ヘクトパスカルで、ルソン島を通過後、勢力はかなり弱体化したが、中心の北西側と南東側には風速15メートル以上の強風域を伴っている。
 台風はゆっくりした速度で南シナ海を北西に向かっていて、今週中は中国南部と台湾の間の海域で停滞を続ける見通し。海上保安庁によると、この海域の表面水温は25℃前後。台風は温かい海面から発生した水蒸気が凝結するときのエネルギーで発達することため、水温が低くなればエネルギーの供給量が少なくなって衰えるが、26号はなかなかしぶとく、気象庁によると来月3日までは長生きしそうだ。
 今年は寿命が10日を超える台風はまだないため、仮に来月3日に熱帯低気圧になるとすると、10月22日午前3時の発生から12日以上、長生きしたことになり、今シーズン最も長生きの台風になる見通し。
 ちなみに1951年の統計開始からこれまでに発生した台風のうち、最も長寿の台風は、1986年8月18日〜9月6日まで19.25日(うち1.5日は熱帯低気圧)存在した台風14号、2番目は昨年7月20日〜8月8日まで19日間の台風5号だった。

このニュースに関するつぶやき

  • 九州の人間から言わせてもらえば、970までが台風。
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定